フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY58 ギニアを旅する⑥「首都コナクリ巡り -西アフリカ最大の市場をぶらり散歩-」

2019年6月11日、天気くもり。

これまでずっと晴れが続いてきた4月から始まったアフリカをめぐる旅ですが、いよいよ帰国間近となった昨日あたりから天気がくもるようになりました。アフリカとの一時の別れを演出するようなくもり空は心が落ち着いていいものです。が、正直帰国に関しては心が落ち着きすぎているところがあり、本当に明日帰るのかなぁ?と、他人事のように不思議な感覚です。それでも明日帰国の途につくのは事実なので、今日はまず朝から頑張ってブログをどんどん更新(こうしん)していきました。Wi-Fiが使えない環境は現地にどっぷりつかるという意味ではいいのですが、ブログがどうしてもたまってしまうのが難点です。先生としての旅の目的は、アフリカを知ること。そしてアフリカを伝えること!さらに、より伝えるためにはリアルタイムが一番だと思っています。帰国までに追いつきたい!!と思ってきましたが、なかなか上手くいかず前日まで更新に追われてしまいました。ということで今日は昼から行動開始です。首都コナクリ最後の1日を満喫します!

首都コナクリ巡り -西アフリカ最大の市場をぶらり散歩-

まずはお腹が空いたので、ホテルを出て歩いてすぐのところで見かけたローカルレストランへ!よそっていただいたごはんに好きな具をかけてもらうスタイルのお店だったので、他のお客さんにかなり人気の高菜のような菜っ葉系の野菜をいためたものを選んでみました。

めずらしく肉も魚も入っていない具だったんですが、なんとなく海苔(のり)のような風味があり、魚の味もじゃっかん感じる面白い味でした。ただ、塩気があまりないので食べ続けてるとあきてくるなという感じです。ただ、これが明らかなお昼の一番人気!その理由はなんとこれでいっぱい60円ほどという安さです。かなりお腹にたまる一皿でした。

さぁ、最終日ということで今日は再び西アフリカ最大の市場である「マディナ市場」へ!前回はメイン通りを中心にその様子を見ましたが、今日はじっくり3時間ほど中を歩いてみました。

そしたらまぁーすごい!前回はここが西アフリカ最大とは言い切れないと書きましたが、たしかにその範囲(はんい)も広くて、さらには人もものすごい数いました。とにかく鳴り続けるバイクのクラクションの音と売り子さんの呼びかけの声!マディナ市場にいるとそれが当たり前になるのでうるさいとも感じなくなるのが面白いです。写真を撮るのはかなり気をつかわないといけない感じなので、サッと出してサッと撮る!これは市場で写真を撮る時の鉄則(てっそく)です。本当はもっと構図を考えて撮りたいのですがね。でも、素人でもできるのは、2階のベランダに上がれるところを見つけること!高い所からだと人目も少なくなるので写真が撮りやすいです。

さぁさぁ歩いているとやはり目にとまるのは美味しいもの!今日はちゃんこ鍋(なべ)のようなものを発見。ガンビアでも見かけた魚のつみれがここギニアにもありました!名前は「バンツィー 」というそうです。アツアツで、さらにかなりスープのトウガラシがきいていて辛めです。先ほどの昼ごはんといっしょに食べたら、味変ができてすごく合うはずです!

そしてこのマディナ市場でも目立つのですが、コナクリのいたるところで売られているものが2つあります。一つはギニアグッズ!国旗の赤黄緑をモチーフにしたシャツや帽子やリストバンド、ブレスレットにピアスなど、がっつりギニア推しの商品が店にも並び、売り子もそこら中にいるというのがコナクリです。これは観光客向けの商品!?かと思いきや、買うのは地元の人なんです!それがまた面白い!!ギニアの人々の国を愛する気持ちの大きさを見せつけられます。

もう一つがギニアのサッカーユニホーム!これは先日も書きましたが、先生が思っていた以上にやはりこのギニア国民のサッカーに対する熱はすごいです。サッカーユニホームを持って歩きまわる売り子さんもたーくさん!そしてそれを買うのもやはり地元の人たちです。愛ですね、愛。

先生もサッカーユニホームは買いたいということでお気に入りを探そうと歩き回ったのですが、ここで逆に困ることがあります。ギニアのサッカーユニホームは、ありすぎるんです!色だけでも赤黄緑白黒の5色の基本パターンがあり、さらにはそこに線が引いてあったりななめに色が差してあったりというバリエーションが加わるんです。いったいどんだけあるんだ?そして、どれが本物なんだ??まぁとらえようによっては全て本物なんですが、できるだけギニア代表のモデルに近いやつを買いたかったので探して決めるのに時間がかかりました。

そしてなんとここでです。手に入れることができなかったギニアビサウのサッカーユニホームを見つけることができたんです!!やったー!!もう迷わず購入!!そしたらです。なんとお値段が40000ギニアフラン。500円しない!なんという安さだと。ちなみに街中で大量に売られているギニアのユニホームも同じ値段だそうです。先生は少しだけ良いのを買ったので高めでしたが。とにかくギニアビサウがゲットできてもうしあわせな気持ちになったわけです。が、なんとそこにです。お隣(となり)の国「マリ」のユニホームが!!本当はサッカーユニホームもVISAと同じように「その国で買う」ことに意味をもちたいなと思っていました。が、ギニアビサウでもあったように手に入らないこともあるということがわかった今。…買うなら今しかない!しかもこのマリという国は治安が不安定で正直アフリカ54ヶ国制覇をする上でかなりの鬼門となる行きにくい国なんです。そのマリが手に入る!値段は同じく40000ギニアフラン!!買います!!そしたら店員さんから

「あるよ」

エジプト!南アフリカ!カメルーン!ナイジェリア!コートジボワール!!!全てまだ行ったことのない国なので、方針転換。これらの国に入国する時は今日買ったユニホームを着ていきたいと思います。ユニホームの大人買いでした!でも全部40000ギニアフラン。

マディナ市場では是非見ておきたかったのが、アフリカ布です。西アフリカ最大というだけあってここにもたくさんの布をあつかうお店が並んでいます。これこそまさにサッカーユニホーム以上の「ありすぎる」ことによる選びきれない事態が発生。もう見ても見てもどれが良いかわからず。先日キンディアで一枚買いましたが、あれは全体の数が少なかったので気に入ったものが一枚際立ったために選べました。ただここではもうどれがお気に入りなのかまーったく判断がつきません。自分の感覚を信じろ!と思ってもゆらいでしまいます。ということで、結局買えず。まぁこれからもアフリカ布とはたくさん見ることになるので、本当に好きな布に出会った瞬間を大事にしたいと思います。

そんな中、ギニアならではの布を発見です!コナクリでお世話になっている宿の受付の方に事前に聞いていた「レッピ」という名前の布。マディナ市場で聞いてみるとすぐに教えてくれました。この写真の手前にある白地に紺(こん)のストライプと紺地に藍色(あいいろ)のストライプがレッピと呼ばれる布です。かなり厚手のしっかりとした布になります。そしてこれも、ギニアビサウの伝統布のパヌリピンディ(DAY46参照)と同様に、布の幅は短く、横に何枚かつなげて一枚の大きな布にするというタイプになります。ちなみに、奥に見えてる紫の布は先日訪れたキンディアの街、右に見える茶色の布はギニア北部の「ラベ」という街でそれぞれ作られているご当地布だそうです。やはりアフリカ布は知れば知るほど面白い!

レッピは男性が着る服を作るのに使われることが多いそうです。とてもシンプルなデザインですが、チラッと光る金のラメ的なやつが付いてるんです。はじめはゴミかな?なんて思ってしまったんですが、紺のレッピはこの金色がポイントのようです。日本の甚平(じんべい)に似ている気もしますね。

ということでマディナ市場をグルグルと歩き回りました。3時間歩いてもあっという間だったのは布を見たり写真を撮ったりするのが楽しくて仕方がないからだと思います。周辺を歩くだけでも一つのアクティビティーになるのが市場の楽しいところです。ちなみに、いたるところで定番の焼き鳥も売られてました。見つけるとすぐに食べたくなっちゃうので要注意です。

日も傾いてくると、そろそろアフリカで過ごす残り時間も少なくなってきたなぁと感じる…は感じるんですが、なんだか本当に近所を散歩しているかのような感じでアフリカにいる自分自身に驚きます。ある意味、少し特別感がほしくもあるところ!4月から今日まで2ヶ月間、ノンストップでアフリカ中を動いてきましたが、やはり感覚をリセットするというのも大事だなと。一つ一つの国をしっかり見て感じて知るためにも、適度な旅の休憩は必要です。これからの旅に向けての良い学びとなったアフリカ54ヶ国をめぐる最初の2ヶ月でした。

火曜日に来るからよろしくね!と伝えておいたギニアの仮面「ニンバ」。小さいサイズの特注品をちゃんと作って待っててくれました!かわいいしサイズ感もバッチリです。布は買いませんでしたが、ギニアを感じるステキなお土産が手に入りました!メルシー!!

そしてなんと今夜はアフリカで夜食を買うという初体験も!左上は焼き鳥、左下は先ほどのバンツィー 。そして右はドーナツ10個。これぜーんぶ一袋60円という信じられないコスパの夜食を食べながら、今夜はブログ更新に加えて、アフリカ最終日になんと動画を作成です!実はこの旅を始める前にGoProも買い、よしYouTubeに動画を上げるぞと意気込んでいたのですが、旅をしながら実現させることはついにできませんでした。というよりも、GoPro自体全然使ってません。iphoneが便利で。そして先生の得意で好きなことはやはり文章を書くことなんだなと再確認もできたので、ブログでアフリカを届けることに専念してきました。が、最後の最後に動画です!今年の3月まで勤めていた学校の朝会で流してもいいという機会をいただいたので、子どもたちにアフリカを届けるために今夜は眠らずに動画編集に専念するのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。