フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY122 モザンビークを旅する①「モザンビークの首都 マプト」-マプト観光名所巡り-

2019年11月15日、天気晴れ。

これまで南部アフリカの3ヶ国を旅してきた今回のアフリカ第3章は今日からいよいよ折り返しになります。正直あっという間だなという感覚です。そしてこれから旅する3ヶ国は全て訪れるのが2度目の国になります。まさか、戻ってくるとは!青年海外協力隊時代の私は「これが人生で最後のアフリカだから!」と意気込んで、派遣期間中に任国外を旅をすることができた40日間で渡航が許可されていたアフリカ南部の6ヶ国を訪れました。そしてナミビアしか知らなかった私にとって、この6ヶ国を旅した経験は私のアフリカに対する意識を大きく広げました。国が違えば文化や宗教、環境も違い、ヒトモノコトにもその国独自のカラーがあるという今だったら当然わかっていることを初めて知ったアフリカ南部旅。今こうして54ヶ国全てを見てみたい!と思えるのもこの時の経験がかなり大きいです。54の魅力がある大陸。それが「アフリカ」です。

ただ、当時の私にとってナミビア以外の国を旅するというのは非常に勇気のいることでした。ちゃんと行けるかな?言葉は大丈夫かな?何かあったらどうしよう…。3年前の私は本当にこんな感じでした。それが3年後にこうなるとは!旅は人を成長させます。そして、このモザンビークという国は訪れた6ヶ国の中でも特にハードルの高い国でした。

モザンビーク

モザンビーク共和国、通称モザンビークは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制を取る国家で、首都はマプトである。南に南アフリカ共和国、南西にスワジランド(現エスワティニ)、西にジンバブエ、北西にザンビア、マラウイ、北にタンザニアと国境を接し、モザンビーク海峡を隔てて東にマダガスカルとコモロが存在する。旧ポルトガルの植民地であり、1964年からモザンビーク独立戦争を戦い抜いた後の1975年に独立を達成した。しかし独立後も政情は不安定で、1977年から1992年までモザンビーク内戦が続いた。内戦終結後は好調な経済成長を続ける反面、HIV感染とAIDS発症の蔓延が問題となっている。(後略)【Wikipediaより】

当時としては初めてナミビア以外の国を一人旅することになったモザンビーク。ポルトガル語圏(けん)だったことや治安があまりよろしくないと聞いていたことにかなり緊張(きんちょう)して3日間だけ滞在した3年前のモザンビーク旅。もちろん楽しい旅になりましたが、心ここにあらずだった気もします。あれから3年。今の私はいったいこのモザンビークをどう見てどう感じるのか!本日は首都「マプト」を歩き回ってきました!

①モザンビークの首都 マプト

マプトは、モザンビーク首都。同国の南端に位置し、単独で州を構成する。天然の良港で、モザンビーク最大の近代的な都市である。植民地時代のポルトガル風建物も多く残っている。人口は約1,000,000人(2007年)。【Wikipediaより】

2度目の旅の面白さというものを味わいながらの街歩き。この景色懐かしい(なつかしい)わぁ〜と一人でずっと興奮(こうふん)していました。3年前は怖くてずっと車の中から眺めていた街並みを、今は一人で歩いて見ているということになんだかとっても嬉しく(うれしく)なります。アフリカが本当に身近になったんだなと。

ですが、マプトがやはり少し気をつけなければならない街であるということは未だに変わりません。お世話になった宿が作成している周辺地図には「NO GO!!(立ち入り禁止)」のエリアが書かれています。こういう現地の方の情報はしっかり守るべし!ちなみに、ざっくりとした地図だと情報が曖昧(あいまい)なので、しっかりと質問をしてどこからどこまでが立ち入り禁止なのかを自分で理解することが大切です。

マプトはとにかく行き交う人がまぁたくさん!中心地では通り沿いがフリーマーケットのようになっていて、ものすごい活気に満ち溢れて(みちあふれて)います!!

そしてこれは3年前に私がこの首都を訪れたときに特に印象に残ったこと。建物が高い!!この感覚は今見ても変わりませんでした。

もちろん、セネガルの首都ダカール(ブログDAY27参照)や南アフリカの最大都市ヨハネスブルグ(ブログDAY106.5参照)などの高層ビルがたくさんそびえる街を知ってから見ると高さでは劣り(おとり)ますが、人が住む高いマンションが立ち並ぶというのはマプトならではの光景だなと思います。生活感のある首都、マプトです!

さぁ、もらった地図をもとにいろいろマプトの観光名所を回ってきたので少しずつ紹介します。

独立広場とマプト市庁舎

マプトの中心にある大きな環状交差点はこの国の独立を記念する広場になっています。近隣諸国(きんりんしょこく)の中で唯一(ゆいいつ)ポルトガル植民地だったモザンビーク。約10年に渡る戦争を経て1975年6月25日に独立を果たしました。中心に立つ大きな銅像は独立を率いた英雄(えいゆう)サモラ・マシェル。非常に存在感のある銅像です!その奥に見えるのがマプト市庁舎になります。

Cathedral of Our Lady of the Immaculate Conception (無原罪聖母の大聖堂)

その独立広場のすぐ隣(となり)に真っ白で美しい教会があります。南部アフリカでは珍しく(めずらしく)ポルトガル植民地時代に建てられたヨーロッパ建築が今もたくさん残っているマプト。こちらの教会もその一つです。

中央市場

久しぶりのガッツリな市場を発見!こちらも外観がなんともオシャレな建築になっています。選挙のポスターがやたら目立つのが少々気にはなりますが、ここが地元の人の行きつけの場所だということです。

中もとってもスッキリしていて歩きやすい市場でした。朝早くに行ったからか人はとっても少なかったです。色とりどりの野菜、そして海沿いならではの新鮮(しんせん)な魚が並ぶ市場はやはり見ているだけで楽しいです!

マプト中央駅

マプト市内の観光地の中でも特に人気なのがこちらの駅!なぜ駅が?となるのですが、こちらもその建築が美しいと評価されていて、なんとパリのエッフェル塔やニューヨークの自由の女神などを手がけたその世界では有名な方がデザインしたというすごい駅なんです!!

たしかにその高級ホテルのような佇まい(たたずまい)は一見すると駅に見えません。

ちなみに今でも現役の駅として活躍しているこちらのマプト中央駅。モザンビーク南部を中心に走り、国内だけでなく南アフリカやエスワティニへも線路は続いているそうです。

フェイマクラフトマーケット(FEIMA)

ここまで紹介してきた観光名所4つとは少し離れた所にあるのがフェイマクラフトマーケット!木彫りの人形や針金細工、アフリカの色彩豊かなアートやアフリカ布を使った小物などいわゆるザ・アフリカといった感じの民芸品が手に入るのがクラフトマーケットです。

買わなくても見るだけでアフリカを感じられる楽しい場所!ここは敷地(しきち)がかなり広く、そこにたーくさんのお店が出店しています。みなさん商売のためにガンガン声をかけてきますが、それもまたクラフトマーケットの雰囲気(ふんいき)だと思って楽しむのがベスト。値段は交渉次第(こうしょうしだい)です!

フェイマクラフトマーケットは緑豊かな自然とのコラボがそのまま絵になるようなステキなエリアです。この木に吊(つ)るされたバスケット!

この間を歩くともうハッピーな気分で心が一気にアフリカになること間違いなしです!

ちなみに敷地内にはレストランもあります。今日もたくさんの観光客で賑わって(にぎわって)いました。ローカルフードが食べれるお店も!ポルトガル語なのでよくわからないのですが、ココナッツミルクとカニをベースにした辛くないカレーのような料理をいただきました。エキゾチックな不思議な味わいが面白い一品でした。

さぁ、いろいろ回ってきたのですが、私が今日マプトの街を歩いている中で一番感動したのはこちらでした。

マプト・カテンベ橋

2018年11月10日に開通したこちらの橋。首都マプトと湾を挟んだ(はさんだ)反対側にあるカテンベ地区を結んだその橋はその長さは全長4km!なんとアフリカ最長のつり橋なんです!!…というところが感動ポイントなわけではないんです。昨夜、この橋には明かりがつき、それはそれは美しくて。マプトに来たんだな〜と到着を実感したわけですが…待てよ?こんな橋あったか??どうにも記憶があやふやなのか、この橋がある街の風景というのにイマイチピンとこない自分があるんです。でも、この橋を知っている気がする…!!

今日この街を歩きながら必死に記憶を遡って(さかのぼって)いたら急に思い出したんです。ここに橋がかかるんだ!3年前、私にマプトの街を案内してくれたタクシードライバーさんがそう教えてくれたことを。記憶が一気によみがえってきて鳥肌(とりはだ)が立ちました。そうだよ。あのドライバーさんだ…。彼とはほろ苦い思い出もあるので、それを含めて(ふくめて)いろいろと懐かしい気持ちでいっぱいになったマプト・カテンベ橋。3年経ってこんな立派な橋がかかったことに時間の経過を実感するのでした。

ということでマプトの街を歩く中で3年という月日をじっくりと振り返った本日。同じ街なのに全く違う風に感じたのは、私の成長なのかも!と少し自惚れ(うぬぼれ)させてもいただきました。治安の心配はもちろんあり、今日もその実態がうかがえる場面を何度か見ましたが、それよりも人々で賑わうキラキラした街のパワーが勝る(まさる)マプト!とっても楽しい街歩きで今日はたくさん元気をもらいました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。