フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY108 レソトを旅する①「レソトの首都 マセル」-バソトハットとマセル絶景ポイント-

2019年11月1日、天気晴れ。

今日から11月。日本とアフリカを行き来していると季節がコロコロと変わるので11月の実感は湧(わ)かないのが正直なところですが、今年があと2ヶ月で終わる!という事実はしっかりと認識しています。4月からアフリカ各国を旅してきてついに15ヶ国目!残り2ヶ月でまたどんなアフリカと出会えるのかがとても楽しみです。ということで今日からレソトの旅がスタートします。

まずは驚いたことを3つ!一つ目は言葉です。昨日国境を越えてレソトに入国した直後のことでした。国境はタクシー運転手たちにとっては客をつかまえる絶好のポイントということで、さっそく私にも声がかかります。が、そこで不思議な感覚になったのです。彼らが話す言葉は私がこれまで聞いてきたアフリカの言葉とは明らかに違ったんです!何が違うと言われても私は言語に詳しいわけではないので説明はできないのですが、感覚的に違う!と感じました。南部アフリカ特有の言語と似ていない彼らが話す言葉は「ソト語」と呼ばれるもので、なんと国名の「レソト」は「ソト語を話す人」という意味とのことでした。このソト語は南部アフリカをいろいろと旅した方はきっと違和感をもつ言語だと思います。面白いです!ちなみに、英語も公用語になっているので言語面の心配はそこまでないのですが、少し不思議な英語を使うなという印象です。

そして二つ目は気温です。南アフリカを旅した際はケープタウンやポートエリザベスなどのアフリカ最南部に位置する街が予想以上に寒かったので、ダウンジャケットが欠かせませんでした。そして今日から旅するのは標高が1500mほどあり、山がたくさんあることから別名「南アフリカのスイス」と呼ばれることもあるレソトです。これはきっとますます寒い国だろうなぁと思って今朝もダウンを着て外に出たんです。すると…暑い!!なんだこれは!?という予想に反する暑さなんです。朝は涼しい(すずしい)ものの、そこからどんどん気温が上がりお昼には30度近くに!これは山に囲まれた谷に広がる首都マセルだけかもしれませんが、とにかく予想外の暑さに驚きました。日差しもかなり強いので、街を歩くと日傘を触ってるの人の姿をたくさん見かけました。

そして最後の三つ目。治安の良さです!昨日の夜から今日丸一日かけて首都マセルを歩き回ってきたのですが、まぁとにかく平和すぎるんです!南アフリカの旅の後だからより際立つ(きわだつ)のかもしれませんが、歩いているだけで感じられる街の雰囲気の良さ。そしてとにかく人が気さくなんです。すれ違う私に明るく声をかけてくる人がたくさんいてビックリしました。中には「一緒にセルフィー撮ってくれる?」という人たちも!南アフリカに続いてこの国もアジア人の私を見ても「チャイナ」という言葉をかけてくる人はいません。純粋(じゅんすい)にアジア人である私に興味(きょうみ)があるんだろうなぁと思います。とにかくこんなに安心して街歩きができる首都は珍しい(めずらしい)です。

ということで今日はレソトの首都マセルの様子をお届けします。

①レソトの首都 マセル

マセルは、レソト首都マセル県の県都でカレドン川の河岸にある同国の最大都市同国西部、南アフリカ共和国との国境からわずか2kmで、標高1,600mの高原にある。同国の商業の中心地でありマセル市域での人口は約18万人で、マセル首都圏に於いては人口37万人(1999年)。【Wikipediaより】

一国の首都にもかかわらずこの情報の少なさと古さ!これは旅のしがいがあるぞというものです。ちなみに恒例(こうれい)の白地図ですが、レソトは内陸国ということでまわりは海の水色ではなく陸地を示すクリーム色で塗り(ぬり)つぶしてみました。このクリーム色の大地は全て南アフリカになります。本当に面白い位置にある国です。

マセルの街の中心地にやってくるとすぐに目に入ってくるのがこちらです。いかにもアフリカの家という感じのこの大きな建物はお土産屋さんがメインの観光案内所になっています。レソトの地図もここで手に入れることができます。この建物はレソトの人々の伝統家屋でその名を「バソトハット(Basotho Hat)」と言います。もちろんこれはそれを巨大化したものです。本来はこんなに大きくはありません。そして「ハット」ということで

こちらもあります。帽子(ぼうし)です。こちらも建物と同じくバソトハットという名前の帽子になります。(ちなみに手前左はただの帽子です。)そして実はこの伝統的な帽子の方がレソトのシンボルになっています!

レソトの国旗の中心にはバソトハットが描かれています。街を歩いていても車のナンバープレートから会社のロゴなどいろんなところで見かけるこのバソトハットのマーク。レソトの人々の民族としての誇り(ほこり)がこのバソトハットに込められているようです。が、正直首都マセルではかぶっている人はたまーに見かけるくらいです。こらから旅をする中でバソトハットをかぶる人たちとたくさん出会うことを期待しています。

今日はとにかくマセルの街を歩きました。有名な観光スポットがあるわけでもない街なので、こういう時はあてもなく歩くのに限ります。まわりにはテーブルマウンテン!スイスのイメージとはかけ離れたカラカラした大地が広がります。

坂を見ると登りたくなる。これはもう私の性分ですこの坂の上から今いる場所はどう見えるんだろうかと思うともう自然と足がそちらへ向かってしまいます。遠くからも見えたこの登り坂は実際に目の前にするとけっこうな傾斜(けいしゃ)でした。

歩いていると遠くからハロー!という声が。私を見つけて手を振る少年でした。こういう何気ないハローはすごく嬉しいものです。

そして上の方まで登ってくるとこちらへどうぞ!という感じで山に向かう道が伸びてました。こういう秘密のルート的なものを発見するとテンションが一気に上がります。ですがこういう道に行く場合も注意は必要です。まわりをよく見たり、においで判断したりして安全な場所かを見極めます。危ないと思ったらすぐ退避!これが大切です。ここは問題無しということで道を進んでいくと

マセルの景色が一望できる場所にたどり着きました。手前には住宅街が広がり、奥には山の姿が。ちなみに左奥手にあるのはショッピングモールです。マセルモールというかなり大型のショッピングモール。今日実は用事があって行ってきたのですが、それはまた明日に書きたいと思います。とってものどかな街の風景をながめられるこの丘の上にはレソトの国会議事堂のような建物があり、Parliament hillと呼ばれていることがあとでわかりました。マセルの絶景ポイントです!

さぁ、丘の反対側へと下ってくると中心街へと続く賑やかな通りに出ました。人でごった返した通りを歩く時は警戒心(けいかいしん)が高まるものなのですが、このマセルはなんともおだやかな雰囲気(ふんいき)が漂っているんです。これは本当にビックリ!歩いていて本当に気持ちがいいんです。

そしてその通り沿いに屋台が集まるエリアを発見!キターーー!ついに待ちに待ったアフリカ飯を食べられる場所にやってきました!!南アフリカでは安全面を考えて地元の方が行くようなレストランには行かないようにしていたので、これがこの旅で初めてのザ・アフリカ飯。そしてもう見ただけで食欲が湧く(わく)一皿が

こちらです!ウォーーー!!ついにきました!南部アフリカと言えばのトウモロコシ粉を練った伝統食のパップです!!国によって呼び名が違ったり個性が出る南部アフリカの主食になります。マセルのパップは粒が粗め(あらめ)で食べ応えがあります。そしてその上に乗っかるのがなんとスパイスで味がしっかりついた薄切り(うすぎり)の豚肉!もう美味しくないわけがないやつです。ちなみにアフリカでも豚肉は手に入りますが、この薄切り文化は非常に珍しいです。さらにつけ合わせのキャベツがこれまた絶品!!

これでお値段は30マルティ(約220円)!パップは腹持ちもいいのでこの一皿でかなーりお腹いっぱいになります。大満足でした!ちなみに数ある屋台の中で私が選んだのはこちらのBIG MAMA。入り口一番近くにあり、お客さんもたくさん入る人気店のようでした。ごちそうさまでした!キヤレボーハ(ソト語で「ありがとう」)!【レソトの通貨「マルティ」は南アフリカのランドと同じレートになります。】

ということで歩いて、食べて、マセルの街を満喫した本日。もう今日1日だけでこれまで南アフリカ旅で張り詰めていた緊張感から一気に解き放たれた感じがしました。南アフリカの内陸にありながらもこのレソトという国は全く別の国だということがよーくわかった本日。だからといって南アフリカが嫌いなわけではないですよ!そこだけはお間違えなく。それぞれの国にそれぞれの魅力的なヒトモノコトがあるのがアフリカです。

そして本日の最後は帰り際にもう一度バソトハットの写真を撮っていたら「写真、撮ってやるぞ!」と親切に声をかけてくれた彼との1枚。こうやって私を特別視しながらも、それでいてごく自然に声をかけてくれるマセルの人たちの温かさで心がいっぱいになった1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。