フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY10 チュニジア出国!アフリカ2ヶ国目「モロッコ」へ -入国の流れ-

2019年4月24日、天気晴れ。

改めて学んだことが2つ。一つ目。宿泊費を浮かそうと思い空港で一夜を過ごしましたが、そこはけちけちせずにお金をはらってベッドでねたほうがいい。すみません、当たり前のことですが今日一夜を過ごしたベンチは全面金ぞくだったので固い&冷たいの二重苦で…きつかった。そして二つ目。空港での飲食は高い。そして大して美味しくない。物価の安いチュニジアですが、空港は関係なしでした。次からはちゃんと空港に来る前に地元の美味しい店でお腹いっぱいにしてから空港に行くことを固く決心したのでした。

今日で旅が始まって10日目!あっという間に感じるのは毎日が本当に充実しているからだと思います。そして、1つの国に一週間というきまりを先生は勝手に決めているのですが、チュニジアは今日で9日目。決して全てを見て理解したわけではありませんが、来る前の自分に比べたらだいぶチュニジアのことを知ることができたと感じています。チュニジアについて先生なりのまとめを書いておこうと思います。社会的なまとめとして「チュニジアの国づくり」という観点でいくつか挙げてみます。

  • 石造りの建築が今もその姿を残す歴史的なみりょく
  • イスラム教とフランスの文化がゆうごうしたオシャレな街なみ
  • 地中海でとれた魚や新鮮なフルーツ、オリーブなど豊かな食材の宝庫
  • 南北に走る鉄道や電車、かいてきなルアージュなどの交通手段

この他にも、出会った人たちの温かさや物価の安さ、北と南で分かれる環境や文化の違いなど様々なことが印象に残りました。今回は西の方にはあまり行くことができなかったので、東の地中海側を旅して感じた記録でした。ちなみに、町が発展する条件として、やはり水資源というのは欠かせないポイントになります。水がなければ生きていけないので当然です。なので、チュニジアの大きな街も東の地中海側に集まります。西の方に行く交通手段は少なく、行きづらい場所だったということもあり、今回は東側の旅となりました。同じ国でも場所によって特徴があるのは、どの国にも当てはまることです。

ということで、今日はついにアフリカ2ヶ国目に向かいます。とここで、大事なことを忘れていたことを思い出しました。まだ、チュニジアの場所を示す地図をのせていませんでした。

チュニジアはアフリカ大陸の北の真ん中ら辺に位置する人口1153万人(外務省2017年調べ)、面積16万3610㎢(日本の約5分の2)の小さな国です。今日はそこから飛行機で西に向かい2ヶ国目を目指します。

以前、出国の流れはご紹介しました(DAY1参照)。この流れはどの国でも同じです。チェックインカウンターの並び方や、出国審査の厳しさは国によって様々ですが基本はいっしょ。チュニジアの出国も特に何も言われず聞かれず、とてもゆるい感じですぐに終わったという印象です。ちなみに、海外での出国審査をスムーズに終わらせるポイントは、その国の言葉であいさつをすることと笑顔です。これを忘れなければ大抵は問題なく終わります。

今日は出国の逆、目的地の国に着いた時に行う入国の方法について書いておこうと思います。こちらの方がちょっときんちょうするかもしれませんね。では順に流れを説明していきます。

①入国審査

これさえ終わればとりあえず入国できるという審査です。窓口の人にパスポートと出入国カード(入国を申請しんせいする紙)をわたします。この出入国カードは、乗ってきた飛行機の中でもらえる、もしくは空港に着いてからその場に置いてあるかの2パターンあります。この紙に必要事項を書くわけですが、これがなれるまでは時間がかかります。日本を出てるのでもうカードが日本語で書かれているわけはなく、その国の言語+英語で書かれているので、何を書けばいいの!?どう書けばいいの!?となります。ですが、そんなにあわてなくてもいいと今だから言えます。先生も以前はこれが一番こわかったです。なので経験からのアドバイスを1つ。こわいカードの記入を少しでも気楽にする方法があります。筆記用具を持っておくこと!ただこれだけです。これがとんでもない安心につながります。もしペンを持っていないと、あわて度合いが2倍になります。一応空港に行けば書くものが置いてある場合もあるのですが、その場合は取り合いになるし、そして空港にはそもそも置いてないケースの方が多いです。こうなったらもうパニック。着いたのに入国できないよーとなげきたくなります。なので、筆記用具は一本、手荷物に入れておきましょう。預け荷物ではダメです。預けちゃうので。で、パスポートと出入国カードをわたしたら特に何もなく入国できます!以前も言ったことをもう一度書きますが、日本のパスポートは世界で一番信用されています。なので、何できたの?目的は?どこに行くの?いつまでいるの?なんて質問ぜめにされることはあまりありません。安心してください。でも、最低限は答えられるようにしておいた方がいいですからね!

②ビザ

もう一つ大切なのが「ビザ」です。ビザとは日本語では「査証」という難しい言葉になります。要はその国に入るために必要な入国許可証のようなものだと思って下さい。つまりこれがないと許可されてないということでその国に入ることができないんです。ちなみに種類もいろいろあります。その国で長期間勉強したい時は「留学ビザ」、その国で仕事がしたい時は「就労ビザ」など、様々!今回先生は旅行が目的なので「観光ビザ」になります。そしてこのビザを取得するためには基本的にお金がかかります。高い国だとなんと8000円くらいする国もあります!入国の許可を取るというのはそれくらい貴重なことだということです。

ですが!もう一度書きます!日本のパスポートは世界で一番信用されているんです‼︎なので、日本のパスポートを持っているとビザ無しで行ける国や地域がなんと190も‼︎これ、日本人からしたら当たり前かもしれませんが、とんでもないことです。そして、とんでもないチャンスをすでに手にしているということなんです。世界には他の国に行きたくても行けないというパターンもあるんです。このチャンスはぜひ将来的に日本中の皆さんに生かしてもらいたいものです。で、チュニジアも観光目的でのビザは必要ありませんでした。何日間までならビザ無しに入国していいですよというきまりがそれぞれの国にあるので、そのはんい内であればビザは無くてオッケー。うれしいことです!ちなみにビザが必要な場合は、日本にあるその国の大使館という場所に行って取るか、その国に着いた時に空港で取るか(「アライバルビザ」と呼ばれます)のこちらも2パターンあります。国によってルールがあるので、事前に調べることが大切です。

③預け荷物の受け取り

こうして審査を無事に通過したらもう入国したようなものです。スーツケースなどの荷物を預けた場合、ここでようやく受け取ります。

④荷物検査

出国前にも行いましたが、入国する際にもう一度行うという国が多いです。今までこれで引っかかったことは一度もありませんが、中にはその国には持ちこんではいけないものというものがあり、ここで取り上げられてしまうというケースもあるそうです。

以上4つの流れを終えたらこれで晴れて入国‼︎ビザが切れるまでその国に滞在することができます。パスポートにはその証拠である入国スタンプが押されます。今回のチュニジアではまだ前の方に白紙のページがたくさんあるにも関わらず、50ページにドンと押されてました。どのページにどんな風に押してもらえるか、これもちょっとした入国&出国審査のお楽しみです(赤が入国、黒が出国のスタンプでした)。

入国手続きが終わり、飛行機の搭乗時間を待っていると、ゲートのところで大合唱スタート!何の歌かはわかりませんが、伴奏無しでもすぐに歌が始まるというのはアフリカあるあるだと思います。まさか空港でも歌うとは思ってなかったのでビックリでした。

ということで、お昼過ぎにチュニジアを発つ飛行機に乗りまして、これにてチュニジア旅が終了!いやー、本当にステキな国でした。そして飛行機は西へ大きく移動して約2時間半のフライトを終えてたどり着いたアフリカ2ヶ国目は、

モロッコです‼︎いやー、まだもちろんアフリカ大陸にいるわけですが、何だろうこのまた新しいことが始まりそうなワクワク感!ただ、この写真をとるまでの道のりは長かった。少し時間をもどします。

とうちゃくしたらまずは入国審査!先ほど紹介しましたね。モロッコもビザは不要な国なのでそこは問題なく、やはり出入国カード用のペンは置いてなかったのでこれも持ってたペンで書いたのでバッチリ!さぁ入国だ‼︎と思ってからが長かった。この長蛇の列です。アフリカの中でもモロッコの観光客の人気の高さをいきなり見せつけられたわけです。がまさか、26ヶ所も入国審査の窓口があるのにも関わらず、ここで1時間半もならぶことになるとは。そりゃ審査をする空港警察の方も非常につかれた顔をしているはずです。おつかれさまです。で、いつも通り何事もなく無事入国!

そしてこうれいの地図をもらいにインフォメーションに行ったのですが、今回は都合によりもらえず。帰りにもらいたいと思います。で、換金をしたんですが、まぁなんて親切で明るいお姉さんなのという感じで、終始笑顔で対応してくれました。営業スマイルかもしれませんが気分はハッピーになります。そしてこうれいのタクシーの客引きが声をかけて来るのですが、ノーセンキューと伝えると、なんと「ウェルカム」と返ってくる‼︎まだ空港しか見てないのですが、それだけでも「違い」というのに気付かされました。面白い。

その後、今回はタクシーではなく空港からの電車が出ているのでそれに乗って中心地まで行くことにしました。電車は一時間に一本だけだったのでここでも待つことに。まぁ日本が一時間に何本も電車が走るというのが逆に特別な気もしてきました。切符の発券機があることやお値段が少し高めなこと(43ディルハム、日本円で約500円 ディルハムの紹介はまた後日に)、車掌(しゃしょう)さんが制服を着ていることなどここでもいろいろと発見がありました。車窓からのながめもまた少し変わり、2ヶ国目モロッコに来たんだ!ということをじわじわと実感するのでした。

そしてようやく今日のホテルのある街「カサブランカ」の中心までやってきたわけです。で、さぁ落ち着いてゆっくりしよう…なんて感じにならないんです‼︎電車降りた駅も、街中もとにかく「スゴイ」のオンパレードで、何から伝えていいかわからない感じです。明日はこの街を巡ろうと思うので街の紹介も明日まで待つことにします。もう今から明日の散歩が楽しみすぎて仕方ありません。写真を一枚だけ。これ、駅です。

街の紹介はしませんが最後に今日の夕食をのせておしまいにします。モロッコに来たからにはやっぱりこれは食べたい‼︎ということでやってきたカサブランカのモロッコ料理が食べられるレストラン。実は本日朝からコーヒー一杯と水しか飲んでなかったという状態なので、もう待ちきれません。こちらが注文したタジンという料理で、タジン鍋という独特な形の鍋で熱を加えていきます。有名なのは野菜だと思うのですが、今日はどうしても肉が食べたかった。なので店員さんに「肉のタジンが食べたい!」と伝えてオススメを教えてもらうことに。で、こういう場合よくあるのが自分が思っていたのと違う感じの料理が到着すること。今日もそうなるかもなーと思ってましたが、サーブされたタジン鍋のフタが開くと

完ぺき‼︎もうこれを待ってましたという牛肉のいろいろな部位をやわらかく煮込んだタジン!スパイスがいい感じに効いててたまらなく美味しかった〜。オリーブやパンにもチュニジアとの違いを発見です。

さぁ、アフリカ2ヶ国目モロッコの旅が始まります!

2 件のコメント

  • モロッコ初日の紹介!楽しく読みました。小島さんが、あの声で、ノリノリな感じでワクワクして喋りかけてきてくれているように感じます。4ヶ国目目の紹介を待ってます!

    • しゃべるのも大好きなんですが、遠く離れてても自分の感じたことを熱を持って伝えたいと思うので、ついつい長い文章になってしまってます(^_^;)
      でもこれからもノリノリでブログ書いていくので、ぜひ読んでください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。