フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY137 ザンビアを旅する④「ザンビアの首都 ルサカ」-ショッピングモールとアフリカ布巡り-

2019年11月30日、天気晴れ。

昨日12時間の移動を経てやってきたのはザンビアの首都「ルサカ」。ここに来るのは2度目になります。前回は4年前の年末。私にとってナミビア以外で初めて見るアフリカの国の首都でした。

③ザンビアの首都 ルサカ

ルサカは、アフリカザンビア共和国の最大の都市であり、首都である。 標高1300mに位置する。2016年の人口は233200人口増加が著しく、2075年に1452万人、2100年の人口予測では3774万人を数える世界18位の超巨大都市となる予測が出ているルサカという名は1905年、村の首長Lusakaに因んで、ヨーロッパからの移住者によって名付けられた。国の中央に位置していたため、1935年、それまでの首都リヴィングストンに代わってイギリス植民地である北ローデシアの首都になった。1964年、独立したザンビアの首都になった。【Wikipediaより】

その印象はとにかく「広い」!いったいこの街はどこまで続いているんだ!?とそのあまりの巨大な都市にビックリしました。そして、「車が多い」!ナミビアでは見たことのなかった渋滞(じゅうたい)というものをアフリカで初めて見たのはここルサカでした。まぁそれもそのはずで、ルサカの人口200万人を超えるマンモスタウンなわけです。ナミビアの全人口(約260万人)がこの街だけに集結していると考えると渋滞も納得せざるを得ません。

そしてもう1つこの街の特徴の一つとしてあげられるのが、「巨大なショッピングモール」がたくさんあることです。4年前のまだアフリカをよく知らない私がこのルサカのショッピングモールを目(ま)の当たりにして強い衝撃(しょうげき)を受けたことを今でもハッキリと覚えています。ナミビアにもかなり立派なショッピングモールがいくつかあるのですが、それを超えてきた大きさとキレイ、そして盛り上がり!人口の多さも影響していることは間違いありませんが、ルサカのショッピングモールはスゴイ!とただただ感動した4年前でした。そして4年たった今、アフリカの国をいくつか巡って(めぐって)きた私の目に映るルサカの街は…

変わりません!4年前の印象は今なお健在です!!4年前もひたすら歩いたこの街を今日もとにかく歩き回ること7時間。ダイジェストでルサカの街を紹介していきたいと思います。まずはそのウワサのショッピングモールを続けて一気にどうぞ!

レビーモール

ルサカのバスターミナルからまっすぐ伸びた道の突き当たりにある、この街に来ると一番最初に出迎えてくれるのがこちらのショッピングモールです。トップバッターにしてこの洗練された感じにもうさすがの一言しか出ません。安定のレビーモールです。

カイロモール

ルサカのメインストリートであり、歩く人の数もかなり多い熱気溢(あふ)れる「カイロ通り」にあるのがこちらのカイロモールです。オシャレ感はそんなにありませんが、年季を感じるその佇まい(たたずまい)に貫禄(かんろく)を感じます。

マンダヒルモール

そしてこちらがおそらくルサカショッピングモール界のエース!写真1枚に収めることができないくらい横に、そして縦(たて)に広い、その名もマンダヒルモールです!!4年前に私がルサカで初めて目にしたのがこのショッピングモール。まず利用者が多い!今日も土曜日ということでたくさんのお客さんで溢れかえり、どのお店もすごい混み具合でした。そして駐車場に車がビッシリ!まぁ人が多いんだから当然ですが、これがアフリカだと異様な光景に見えるんです。映画館も併設(へいせつ)され、近くにはニトリ的な家具屋、アカチャンホンポ的なベビー服専門店、そして南部アフリカの定番レストラン「Spur」(ブログDAY103参照)ももちろんあるマンダヒルモール!ショッピングモールを様々な面から総合評価するともしかしたら南部アフリカNo.1に輝くかもしれません。

イーストパークモール

エースのあとだと非常に頼りなく見えてしまうかもしれませんが、ここだって非常に充実した店舗(てんぽ)がそろうイーストパークモール!マンダヒルモールはNo.1ゆえにとにかく混みます。もうちょっと落ち着いて静かに買い物をしたいという方向けの抑え的な役割がこちらになります。勝手な私見です。

アーケーズショッピングモール

そして最後はこちら。建物よりも駐車(ちゅうしゃ)場の広さが目立つ見た目のインパクトが弱いアーケーズショッピングモールですが、ここがチカラを入れているのはレストランやカフェなどの飲食店!奥に見える南部アフリカのアパホテル的なホテル「プロテアホテル」に併設された旅行者向けのショッピングモールになります。

ということで、一人で盛り上がってルサカショッピングモール巡りをしてきました。ルサカには観光名所があるわけではないのですが、この「ショッピングモール」は街の観光スポットにもなりうる魅力(みりょく)がある気がしています。ものは捉え(とらえ)方次第ということ!街の様子も楽しめるグルッと回って15kmほどのコースでした。

さぁ、ショッピングモール巡りをしながらここルサカでやりたかったことを2つ!まず一つ目は恒例(こうれい)のサッカー代表ユニホーム探しです。ここザンビアはアフリカのサッカー大国の一つで、代表ユニフォームを着た地元の方をよく目にします。なので非常に簡単に手に入るのですが、ならば!やはり狙う(ねらう)は2019年の最新モデル!!さぁ、どこに行けば手に入るかなぁと思いながら地元の人に聞き込み調査(ちょうさ)をすると、

じゃん!おじさんが案内してくれましてアッサリとゲットすることができました〜!!早い!!さすがザンビアです。

ちなみに、ザンビア代表のユニホームですが、ホームは先ほどの写真で私が着用している銅(どう)色のものになります。英語では「コパ」と言います。このコパカラーはザンビアの誇り(ほこり)!ザンビアサッカー代表の愛称(あいしょう)「チポロポロ(Chipolopolo)」は現地の言葉で「銅の弾丸(だんがん)」を意味します。世界有数の銅産出国としてのプライドをもって戦うザンビア代表です。カッコイイコパカラーのユニホームにテンションが上がります!ただ、実は国民に一番人気のユニホームはアウェイ用の緑のものになります。こちらはザンビアの国旗カラー!ホームもアウェイもとっても魅力的なザンビアのユニホームでした。

そして今日はもう1つ、このルサカで必ず手に入れたいものがありました。それを求めてやって来たのはショッピングモールではなく地元の市場「カムワラマーケット(Kamwala)」です。明確にココ!という感じではなく、この一帯がぜーんぶ市場になっているようで、メインストリート沿いは静かな感じですが、

少し中に入っていくともうものすごい人で盛り上がっていました。歩いているだけでとっても楽しいカラフルな市場ですが、しっかりと警戒(けいかい)レベルは上げていきましょう。

そしてこのカムワラマーケットを少し奥に進んだところにあるこちらの通りに入ると次々と出てくるのが

アフリカ布屋さんです!!ワァーーー!!もうテンションが一気にMAXになる夢のような空間でございます。

ザンビアでは「チテンゲ(Chitenge)」と呼ばれるアフリカ布。種類豊富なたくさんの布たちを取り扱う(あつかう)お店がカムワラマーケットにはたーくさんあります。なので一度この通りに足を踏み(ふみ)入れるとなかなか抜け出せなくなるので注意が必要です。チテンゲの魔法(まほう)に魅(み)せられること間違い(まちがい)なしです。

壁(かべ)に並んだサンプルを眺め(ながめ)て、気に入ったものの番号を伝えて買うスタイルです。布の長さは基本的に2mか6m!値段は布の種類、そしてお店によってもだいぶ異なるので、安く布を手に入れたい場合はいろいろとお店を見て回った方がいいかもしれません。が、一目惚れ(ぼれ)をしたら最後。値段がいくらであろうがもう後には引けなくなるのでこちらもご注意を。大体ですが2mだと200円ほどになります。

そして当たり前ですが最後にもう一つだけ注意を。布は重いです。買いすぎると当然その分荷物が重くなりますのでしっかり後先考えて購入(こうにゅう)してください。いやいやいや、そんな初歩的な注意は必要ないだろ!?と思われるかもしれませんが、侮る(あなどる)なかれ。私は見事にチテンゲの魔力に操(あやつ)られまして、このあと重い布をもって3時間歩くことになりました。

ですが、ステキなチテンゲをゲットできたしあわせでココロは軽く弾み(はずみ)ました。これもまたチテンゲの魔力!楽しいショッピングモール巡りと買い物で非常に大満足した本日でした。ただ、さすがに歩き疲れた(つかれた)ぞということで、最後はカフェへ。

ルサカにはオシャレな雰囲気のカフェがいくつかあります。やって来た「The Corner」は寿司(すし)や丼(どん)などの日本料理も出す和洋折衷(せっちゅう)なカフェです。歩き疲れたのでビールを!とも考えましたが、ここはオシャレにレモネードを選択。これがまぁ疲れたカラダに最高に沁みる(しみる)一杯でした。

街にはミニバスもたくさん走っているので歩かなくてもルサカを巡ることはできます。ちなみに料金は7クワチャ(約50円)ほど!が、そこをあえて歩く!これが楽しくてたまらないのです。1日で思いっきりルサカを満喫(まんきつ)したところで、いよいよ明日はこの旅最後の移動をします。今年のアフリカ旅も残すところあと3日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。