フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY111 レソトを旅する④首都マセルから山奥の町セモンコンへ -天空の王国への山道ドライブ-

2019年11月4日、天気晴れ。

首都マセルで迎える(むかえる)最後の朝は相変わらずの快晴でした。本日は合計4泊した宿の紹介からスタートします。レソトに入国した4日前。ちょうど日が沈みあたりが暗くなってくるという頃だったので、早めに宿にチェックインしたいところだったのですが、実はこの時まだ泊まる場所を私は決めていませんでした。Booking.comで事前に調べていたのですが、マセル近辺の宿は最低でも1泊2500円ほどという南アフリカ旅の後だと少し高く感じるお値段設定!ということで宿を決めかねていたらあまりにスムーズに入国してしまったのでさぁどうする!?となり、とりあえずタクシーの運転手に頼ってみるかということで2つほど宿を巡ってもらい、最後にやってきたのがこちらの「Noble Hearts Bed & Breakfast」でした。

Booking.comだと評価9.1の「とてもすばらしい」に指定されているこちらの宿。いやいや、ここは高いだろうと思いながらもとりあえず値段を聞くと1泊650マルティ(約4800円)と想像通りの答えが返ってきました。いや、無理だなぁと思いながらも念のためにもっと安い部屋はない?と聞いてみると

「朝食抜きだったら1泊280マルティで泊まれるよ!」

えっ!?朝食抜き!!?宿の名前に「ベッド&ブレックファースト(1泊朝食付きの意味)」が入っているのに、その朝食を抜くことができるんですか!?しかも280マルティ!!約2100円!!これは決まりだ!!ということでこちらの宿にお世話になることに決めました。いったいどんな朝食が出るのか気になるところではありましたが、安く泊まれるならそれがベストです。

ベッドが4つあるドミトリータイプの部屋でしたが、4日間この部屋を一人で貸し切ってしまいました!ものすごい贅沢(ぜいたく)!!またまた登場のBooking.comではおそらくこの部屋は予約できないのでは…と想像します。レソトのマセル滞在にもってこいの宿を発見しちゃいました。Wi-Fiは受付の所でサクサク使えます!が、部屋の中でもかろうじて使用可能です。

さらにこちらの宿ではレストランの出前サービスが利用できます!到着直後にお腹をすかしていた私はありがたくこのサービスを使わせてもらいました。手数料ゼロ!時間も30分ほどで温かい食事が届きました。キヤレボーハ!

そしてとにかく受付のお姉さんがとーっても親切!私の旅のプランを聞いてアドバイスをくれ、質問にも丁寧にこたえてくれました。私にレソトのSIMカードをくれたのも彼女です。そう、くれたんです!レソトのシムは街中でもお店に行けば簡単(かんたん)に手に入るようですが、お金はいらないよという彼女のやさしさにもうキヤレボーハでした。

ということで本当にお世話になった宿をチェックアウトして、やってきたのは昨日と同じミニバス乗り場です。今日はいよいよ長距離移動!マセルの街ともこれでお別れです。

ちなみに今日は宿から歩いてここまできたのですが、まぁ暑い!ということで、美味しそうなものを発見してしまいすかさず購入(こうにゅう)しちゃいました。グアバ味のアイスです!お値段4はマルティ(約30円)。かための氷にうすいグアバの味がついたという当たり触り(さわり)のない感じですが、暑さ対策には最高でした。こういう氷を食べるとどうしてもセネガルやガンビアで食べたビサップ(ウォンジョ)を思い出してしまいます(ブログDAY43参照)。あれを経験してしまうともう他の氷じゃ満足できません。いやー、また食べたい!!

今日は朝はゆっくり動き出したので11時ごろにバス乗り場に到着したのですが、ラッキーなことに待つこと20分でバスは出発しました。こういうこともあるのでミニバスでの旅はやはり運任せです。良い時もあれば悪い時もある!その当たり前のことをわかってれば心持ちがだいぶ違います。

さぁ、今日はマセルから南東に向かって進んでいきます。いよいよレソトの中央部の方に移動するということで、また違う景色を楽しみにしながら今日も助手席で窓の外を眺めていると

車はどんどん山の世界に入っていきました。美しい山々が連なる景色に魅入(みい)られます。

山道を進んでいくということでかなり急な坂道をゆーっくりと進んでいくミニバス。標高もいつの間にか2000mを超え、さらに山の奥へと進んでいきます。

レソトが「南アフリカのスイス」と呼ばれていることは以前のブログで紹介したかと思います。山が多いということでその名がつけられたそうです。そしてこの国にはもう一つの異名があるんです。

「天空の王国」

こちらは今年9月に日本の横浜で開催されたアフリカ開発会議(TICAD7)の際に、レソトの国紹介ブースに行ってもらった在レソト日本大使館の発行しているパンフレットです。その表紙にも書かれたこの言葉。山々が織りなす美しい風景はまさに天空のごとし!というかなり強気なネーミングなわけですが、実際にこの国を訪れるとその意味がよくわかります。

本当に美しい山の姿が一面に広がるレソト。山のおかげで青い空が一段と映え、空の上を旅しているかのような感覚を覚えます。

「天空の王国」。この国の美しさを見事に表現したキャッチフレーズです。

そんなこんなでレソトの景色を目に焼き付けながらバスに乗ることおよそ3時間。やって来たのは標高2500mの所に位置する山の上の「セモンコン(Semonkong)」という町です。この町も昨日のタバボシウと同様にまぁ何もなさそうだなぁという印象を受けます。大きな観光都市があるわけではないレソトは旅の移動中の景色全てが見所なわけです。

このセモンコンですが到着するとすぐに目に入ってくるのが馬たちの姿!この国には羊がたくさんいるという話を昨日書きましたが、実は馬もチラホラと見かけることがありました。山の中にあるセモンコンの町では馬は特に大切な移動手段となっていて、老若男女(ろうにゃくなんにょ)問わず人々が馬に乗る姿を目にします。ちなみに足の長い馬は荷物の運搬(うんぱん)には適していないので、そこはロバの出番だそうです。エチオピアではラクダ(ブログDAY69参照)、レソトでは馬とその国の環境に適した動物が人々の生活に欠かせない存在となり、暮らしを支える役割を担って(になって)いるのが本当に面白いなぁと感じます。

突然(とつぜん)ですが、お腹が空いたのでトタン屋根でできたレストランで遅めのお昼ごはん!やはり南部アフリカのローカル飯といえばパップです。今日の付け合わせは王道のチキン!ちょっと多いかなぁと思う量でも少し辛め(からめ)の味付けがアクセントになって完食してしまいます。ごちそうさまでした!

さぁ、もちろんセモンコンに来たのはパップを食べるのが目的ではありません。この町の観光名所を訪れるためにやって来たわけですが、到着したのが夕方3時頃だったので、観光は明日にお預け!今日はこの町でゆっくりすることとしました。そしてこの町にあるおそらく唯一(ゆいいつ)の宿「Semongkong Lodge(セモンコンロッジ)」を目指して歩くことに。町は本当に山奥の田舎(いなか)という感じのセモンコン。いったいどんな宿なのかと思いながら歩いていると、後ろからやって来た車が停車しました。セモンコンロッジに行くなら乗っていきな!と親切に声をかけていただきました!キヤレボーハ!!

そして車だとあっという間に到着したのですが、突如(とつじょ)田舎の町に現れたオシャレ&アフリカ感が漂う(ただよう)エリアにビックリ!まさかこんな宿だとは思ってなかったのでそのギャップに衝撃(しょうげき)を受けました。

ですが、驚いてばかりはいられません。こんな宿は値段が高いに決まってます!いや、でももしかしてこの自然の中にある雰囲気(ふんいき)からしてアレが使えるかもしれない!!と思い聞いてみますと

はい、オッケーでした!南部アフリカではこの選択肢(せんたくし)があるんです!!部屋泊でもドミトリー泊でもない第3の宿泊方法、キャンプサイト泊!!通常多いのはキャンピングカーでやってきて泊まるというパターンですが、テント一つ持っていれば激安(げきやす)で敷地内(しきちない)に泊まらせてもらえるというスペシャルな手段になります。アフリカ旅第1章で西アフリカを旅した際もずっとテントを携帯(けいたい)していたのですが、このキャンプサイト文化は西にはあまり見られず結局荷物だったのでテントを宿のオーナーに譲った(ゆずった)ということがありました(ブログDAY45参照)が、やはり南部にはこの文化がありました。早速おニューのテントを組み立てて今夜の寝床を確保!安く、しかも自然を感じて泊まれるキャンプ泊はテンションが上がります!!

そのあとは辺りの散策をして過ごした本日。今回の宿はリゾートホテル感はあるものの、このセモンコンの人々の生活圏(けん)の中にガッツリ位置しているので地元の人々が終始行き交う不思議な空間です。この学校帰りの少年。後ろから私にとても礼儀(れいぎ)正しい感じであいさつをしてくると、次の一言がこれまた非常に丁寧(ていねい)な英語で「とてものどが渇いて(かわいて)いるんですが、水をいただけませんか?」と続いたんです。あまりに誠実(せいじつ)だったので思わずどうぞと水をあげちゃいました。

家から学校まで1時間、山道を歩いて通っているという彼はこのあと山を登って家に帰るとのことでした。世界の通学路はこんな山奥にも当然あるわけです。気持ちの良い少年でした。

夜は宿のレストランで絶品ラムチョップとパップをいただきました!宿泊費が安い分、美味しい食事にお金が使えるのがキャンプ泊の良いところです。ビールもたっぷり飲んで最高の気分で外に出ると夜空には満天の星が!なんともステキな大自然の夜を満喫(まんきつ)して、今日はテントで眠りにつくのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。