アフリカ6ヶ国目「ガンビア」入国!〜ガンビアを旅する① 首都「バンジュール」&最大都市「セレクンダ」〜

2019年5月23日、天気晴れ。

セネガル出国

国境で停まることとなった昨夜。目の前にはセネガルの出国審査を行う入国管理所(イミグレーション)があるわけですが、そこで寝るというすごい体験でした。正直心配が無かったわけではないのですが、さすがに昨夜も空港で夜を過ごし、移動の疲れ(つかれ)もあったのですぐに眠りに落ちました。そして目が覚めるとビックリ!私以外にもたくさんの方がマットレスを借りて寝ていたんです。それに気付かないくらい熟睡(じゅくすい)していたんだなと。荷物を取られることもなく、全く怖い思いはしませんでした。みんなで寝れば怖くない!理論ですね。では、朝の5時に起床したところですぐに出国審査です。

早朝にも関わらずたくさんの方がセネガルの出国審査ゲートに並んでいました。これは時間がかかるかも…と思いましたが、手続きは非常にスムーズに行われてあっという間に私の番に!同じセネガルのロッソからの入国を思い出すとその対応があまりに雲泥(うんでい)の差すぎて。ただの出国審査にもかかわらず感動してしまいました。審査官からは定番の「日本人か!」の声をかけられまして。「そうだよ!」と笑顔で応えると、なんとその方は以前日本のガンビア大使館で働いていたそうで、日本は良い国だよね〜と楽しく会話をしながらスタンプをドンと押してくれました。さぁこれでセネガルを出国です。

ガンビア入国

そしてここでコーヒーブレイク。ラマダン中でもまだ日が昇(のぼ)っていない5時過ぎは飲食オッケーなので、朝食的なものを食べる人の姿もチラホラ見かけました。一杯20円の甘いコーヒーで頭をスッキリさせたところで、歩いてすぐの建物に入り今度はガンビアの入国審査です!

入国審査 (ビザ取得)

ここで私の完全な勘違い(かんちがい)がありました。今までいたのがビザのいらない国セネガルだったので、当然ガンビアも”国の位置”的に(あとで書きます)ビザは必要無いだろうと思っていたのですが、管理官から「ビザが必要だ!」と言われたので…もしやこれは私をダマそうとしているのか?なんて思ってしまったんです。いやいや、必要ないでしょ!と自信満々に伝えると「必要だよ!!」と。まさか〜と思いながら事前に日本で調べたビザの必要な国についてのメモを見返すと…すみません、必要でした。ロッソの国境越えの経験によって出入国に関して非常に疑い深くなってしまったので、その後お金を払うときもこれは正しい金額なのだろうか?なんて無意識に思ってしまったのですが、ちゃんと領収証まで発行してくれる丁寧さ。なんかいろいろすみませんでしたという感じで、信じることも大切なんだということを教わりました。何はともあれビザをアライバルで取得。お値段は3000ダラシ(約6500円、「ダラシ」はガンビアの通貨。入国直後に札束を持ったお兄さんたちが換金してくれます)。アフリカ6ヶ国目「ガンビア」に入国することができました!

時刻はまだ朝の6時前!まず車に乗って向かうのはフェリー乗り場です。…なぜフェリー!?

ガンビア

ガンビア共和国、通称ガンビアは、西アフリカ西岸に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国であり、公用語は英語である。西は北大西洋に面し、ガンビア川の河口を除いた全土をセネガルに取り囲まれている。首都はバンジュール。【Wikipediaより】

ではここでガンビアの国の位置をお伝えしようと思います。ガンビアは…えっ、どこ!?という感じですよね。面積は11300㎢!実はアフリカ大陸で最も小さい国なんです(島国を除く)!!そして人口は約200万人。当然アフリカ大陸の地図で見るとまぁ見えづらくなるので拡大すると

こうなります。なんだこれは!?というところにあるんです。セネガルから陸路で入国しましたが、そのセネガルにつつみこまれるような形で位置するのがガンビアです。面白いとしか言いようがないこの位置関係。なぜこんなことになったか。その背景には、このガンビアの国名にもなっている「ガンビア川」の存在があります。

国の中心を横に走るこの川。川というのは人々の歴史をつくる上で欠かせないものでした。生活のための水源であり、水があることで植物を育てることができます。動物の飲み水にもなれば食料として魚をとることもできる。さらには川があることで歩かずに船で長距離の移動ができる!世界史でも文明が生まれた場所にはナイル川やチグリス川ユーフラテス川、黄河に長江と必ず「川」の存在があるわけです。ここガンビアも同じく、川の存在があったために植民地時代に注目され、一つの国として形成されていったわけです。国の形や位置というのも考えてみると非常に面白いです。(★は現在地)

フェリー乗船

ということで、その川をフェリーで渡ります。辺りも明るくなった7時にようやく乗船したのですが、まぁものすごい人の数!久々に日本の電車を思い出すような人の波の流れに乗ってフェリーへと向かいます。

まるで鉄のかたまりのような重厚感のある3階建てのフェリーに乗りこみ、いざ出発!

乗っている人をよく見ると学生が多いんです。教科書を開いて読んでいる子の姿があり、たくさんの学生がこのフェリーで学校に通っていることがわかりました。たしかに乗船料は25ダラシ(日本円で約50円)なのでとても利用しやすいです。そしてもしかしたら学生は乗船の際に違うゲートを通っていた気がするので無料なのかもしれません。船の上からこの旅で初めてじっくりとながめる朝日。ガンビアの旅が始まるぞー!という幕開けです。

フェリーは30分で川の対岸に到着。またまた人の波に乗って降り立った街がガンビアの首都「バンジュール」になります。

バンジュール

バンジュールは、アフリカ大陸でも最も西に位置する国の一つガンビア共和国の首都。旧名バサースト。【Wikipediaより】

さぁ首都めぐりからスタート!ということで街を散策です。学生さんたちも学校に向かって歩いていきます。私は特にあてもなく街を歩くのですが…ココは首都?と思わせる静かな感じなんです。たしかにまだ朝は早かったのでこれから活気を見せ始めるのかもしれませんが、それにしても静か。建物の様子も落ち着いた感じです。のどかだなぁ〜と思いながらもう少し歩きます。

ガンビア川の入り口になっているため、貨物船に荷物を積み込むトラックが目立ちます。物流のための港という感じで、大きな船の姿も川の方に見えました。

が、街はというと特に目立つものもなく、いたってシンプルな印象です。そしてしばらく歩いていると、出勤途中の男の方に声をかけられました。いろいろ話してると首都の話に。

「ガンビアの首都はバッドなんだ」

と語るその彼。たしかに閑散(かんさん)としていて、人も多くはない首都バンジュール。これから私が向かう今日の宿を予約した街の方が大きいとのことだったので、男性といっしょにタクシーに乗って向かうことにしました。

バンジュールから車で15分ほどで到着したのが、ガンビア旅の最初の目的地「セレクンダ」です。

セレクンダ

セレクンダは、ガンビア共和国西部のバンジュール地方の都市。首都バンジュール市の南西に位置し、同国最大の都市である。人口は約33.7万人。セレクンダからファジャラへ向かうカイラバ通りは、ガンビア最大の商業地となっている。【Wikipediaより】

着いた瞬間に先ほどの首都バンジュールと明らかに違う人と車の多さに街のにぎわいを感じました。巨大な看板がたくさんあることも、この街を行き来する人の数が多いことを教えてくれます。

この街もセネガルのダカールと同様に緑がたくさん。道路わきには植物園があり、道を歩けば木々の姿がどこでも目に入ります。

オレンジの砂の歩道は歩きにくいですが色が映えて街になじむのでいい感じです。

アフリカ大陸の移動としては北のモロッコから少しずつ南下しているので、そのせいか太陽はどんどんまぶしく感じられるような気がしています。

南国の雰囲気(ふんいき)を感じる景色を見ながらの散歩も楽しいものです。

コツビーチ

少し歩いてやってきたのは海!やはり天気が良くて暑い日には自然と海を見たくなるものです。コツ(Kotu)というガンビアの中でも有名なビーチに来ました!やはり大西洋は何度見てもキレイです。ここのビーチは弱い波が絶え間なく続く感じのおだやかな海でした。

時期的なものなのか観光客の世代的なものなのかはわかりませんが、あまり泳いでいる人の姿は見かけず。ビーチサイドのオシャレなホテルの敷地内でのんびり過ごしている人がほとんどでした。波打ち際の散歩はいいもんです。

コツビーチは完全に観光客向けのリゾートとなっています。なのでラマダンですがレストランは通常営業!ということで、今日はお昼をいただくことに。やはり最初はガンビアの料理を食べたいぞということで、店員さんに聞いて注文したのがコチラ。

伝統料理「ベナチン」

ベナチン(Benachin)という料理です。エビか牛で選べたのですが、肉を欲していたので牛をチョイス。お味はというと、非常に美味しいハヤシライスのような感じです。ライスの赤はケチャップではなく、野菜やだしでたきこんだうまみたっぷりのごはんでした。そこにデミグラスソースで柔らかく煮込まれた牛肉と野菜のルーをかけて食べるので、美味しくないわけがないやつ!ここがビーチレストランだったので、オシャレ感はローカルの伝統的なやつよりもかなり高めだと思います。ベナチン、これはハマりそうな一皿でした。

ちなみにガンビアに入国して大きく変わったことが一つ。英語が通じる〜!!この国を最後に植民地として支配していたのはイギリスです。そのため英語が公用語となっているガンビア。メニューの文字も、話す言葉もみーんな英語!わかる、伝えられるということがこんなにも楽しいことなんだという感覚を久しぶりに味わっています。このベナチンについても彼ブバさんが英語で教えてくれました。そのあとついでにガンビアのオススメの街についても教えてくれて、言葉が通じるしあわせを感じたのでした。

セレクンダマーケット

セレクンダの街の中心に戻ってきました。そしてそこに広がる市場がまぁすごかった!

いったいどれだけの広さがあるんだ!?というくらいのエリアの中にパラソルがブワーッと並び、縦横無尽に細い路地が通っているセレクンダマーケット。

いったい自分は今どこにいるのかなんてことは全く把握(はあく)できません。視界もパラソルでさえぎられるので、不思議な世界に足を踏み入れたような感覚になります。

パラソルの色も鮮やかですが、やはり店先に並ぶ食材もキラキラしていて見て回るだけで楽しいもの。ここでも会話は英語なので、現地の人とのコミュニケーションが取れるのも楽しさ倍増のポイントです。

ただ、奥の奥にはこんな暗い中を青いライトで照らすゾーンも。…ここセレクンダマーケットは店と店の間がかなり狭い(せまい)ので、圧迫感もあります。あとで宿のオーナーの方に話を聞くと、やはり100%安全な場所ではないとのことでした。お金や貴重品の管理をしっかりとすることはいつでもどこでも大切なことですが、ここではいつも以上に気をつける必要があるかもしれません。

街の活気を存分に味わうことのできるセレクンダマーケットでした。

今日は朝一の入国から一気にセレクンダの街をめぐったので、本当はもう少しイロイロと書きたいことがあるのですが、長くなってしまったので今日はここまでにしたいと思います。後日、少しずつ小出しにしていこうかと!ということで一昨夜の空港泊、昨夜の野宿と続き、ようやくベッドで寝れる本日。ゆっくりとカラダを休めようと思ったのですが…!!!!詳しくはまた明日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。