フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY150 サントメ・プリンシペを旅する④「サントメ・プリンシペの首都 サントメ Part 2」-プリンシペ島への行き方とドブラとチョコレート- ※必読

2020年2月11日、天気晴れ。

うまくいかない時は何をやってもうまくいかないものです。諦める(あきらめる)のも一つ、粘る(ねばる)のも一つです。

サントメ島も今日で4日目になりました。1ヶ国1週間を基本としているので調度折り返し地点です。残り半分ということでいよいよ『サントメ・プリンシペ』の未知の領域である「プリンシペ」に足を踏(ふ)み入れる時がやってきました。

改めてサントメ・プリンシペを全体の地図で確認します。今いるのは南に浮かぶこの国最大の島「サントメ島」です。そしてそこからおよそ160km離れたところにあるのが「プリンシペ島」です。サントメ島とプリンシペ島の二つの主な島からなる国が「サントメ・プリンシペ」というわけです。

そんなプリンシペ島に向かうための飛行機を予約するためにやって来たのがこの2つの島間を運行する航空会社「STP AIRWAYS」のサントメ店です。もうすでに土曜日にもここにやって来たのですが、土日は定休日ということで本日改めて来たというわけです。中に入って早速プリンシペ島のチケットを買いたいと伝えます。英語が話せるスタッフさんなので安心!と思っていると

「明日はもう満席です。空いてるのは次の金曜日のフライトです。」

英語なので聞き返す必要もなく理解できたお姉さんの説明。…満席!?飛行機が!?アフリカで今までそんな飛行機を見たことがないので念には念をでもう一度確認します。が、満席とのこと…。しかも今日は火曜日で1日1便運行しているこのプリンシペ行きの飛行機がここから2日連続で満席だというんです。金曜日はもうサントメ・プリンシペを離れる日なので…えー、残念なお知らせです。プリンシペに行けません。ノーーー!!

ちなみにあとで宿のオーナーさんに聞いてわかったことですが、この飛行機は20人乗りほどの小さな飛行機なんだそうです。…なら満席も納得だなと。いやー、知らなかった。調べれば事前にわかったことかもしれないのでこれは本当に悔しい(くやしい)し反省しました。そしてこの経験をしっかり次の誰かにつなぐのが私の役目です。このSTP AIRWAYSはネットでもチケットが取れます!なのでサントメ・プリンシペをしっかり全部満喫(まんきつ)したい方は事前の予約を忘れずにしてください。予約状況を調べてみると2週間先でも既(すで)に満席の便があるので早め早めがベストです!

STP AIRWAYS:https://www.stpairways.st/en/

これが朝8時半ごろの出来事でした。へこむわーー。が、私は諦めの悪い人間なんです。なんとか方法はないかとSTP AIRWAYSのお姉さんに聞くと、船に乗せてもらえるかも!と教えてもらったので港へ行き、もしかしたらもしかして旅行代理店的な店が奇跡(きせき)的に席を確保しているかもと思って2店舗(てんぽ)ほど巡り(めぐり)…。えー、残念なお知らせです。プリンシペ行きへの望みは全て絶たれました。またまた宿のオーナー情報ですが、船は危険だから絶対にやめなさいとのことでした。必要な申請をするとどうやら行けなくはないそうですが、安全第一!ポルトガル語が話せない時点で私には無理でした。つまりもう一度言いますが、事前のネットで航空券予約!これです。

ずっとへこんでも仕方ないのでもう切り替えです!これが大事。行けないものは行けないので、だったらサントメ島をこれでもかというくらいに満喫するのみです!残り半分でオーナーさんに教えてもらったサントメ島の海や緑がキレイな場所に訪れるぞ〜!と。そしてここで飛行機の予約と一緒にもう一つ!こちらはサントメ・プリンシペに来る際に必ず忘れずにやらなくてはならないことを書いておきます。それがユーロ(€)の準備です。

この国はATMの機械はありますがサントメ・プリンシペの銀行カードのみに対応していて、クレジットカードは使えません!なので必ず現金の準備が必要です。USドルも使えなくはないですが、この国の主要外貨はユーロになります。高級ホテルに泊まったり、ツアーに参加したりすることを考えている場合は多めに用意しておくといいかと思います。ちなみに先ほどのSTP AIRWAYSの支払いもカード対応はしていません。現金のみです。

TICAD7 サントメ・プリンシペブースで撮影

そして街での買い物はユーロのままでも支払いが可能ですが、ローカルマーケットなとではサントメ・プリンシペの通貨である「ドブラ」が便利です。銀行で換金はマイナーなようで、主流は市場のおじさんにお願いするスタイルなのが面白いところ!街を歩いているとそれっぽいおじさんが「ユーロ?ドブラ??」的な感じで声をかけてくるのでお願いすると1ユーロ=25ドブラ、1USドル=22ドブラで換金をしてくれます(2020年2月時点)。全くダマされるようなこともなく行ってくれますが、一応その場で数は確認しましょう。そしてあまり目立つところでの換金もベストではないのでまわりに注意を!

ということで今日はもう首都サントメを歩いて散策することにしました。ずっと気になっていた道ばたで売られているアフリカ定番のドーナツ。シンプルな方が好きなので何か中に挟んで(はさんで)あるのが気になって手を出していなかったのですが、やっぱり気になったので買って一口かじってみると

うんま!なんと中にはチョコレートクリーム(ヌッテラ)がぬってありました!!これは美味い!!しかもかなり大きいサイズでお値段5ドブラ(約25円)はお得すぎます。これからサントメの朝はコレで決まりです!

オシャレなお土産屋さんも多いサントメ島。今日も街には観光客の姿があり、やはりこの国は知る人ぞ知る隠れ観光大国なんだなと感じました。そしてこのお土産屋さんが多い通りには近隣諸国(きんりんしょこく)の大使館もあるんです。さぁ、今朝は飛行機のチケットが手に入りませんでした。もうすっかり切り替えてますが、うまくいかなかったあとにはうまくいくことが待っている!!これが究極(きゅうきょく)の前向き人間の思考です。この通りにある「赤道ギニア」という国のお値段が8万円もするビザがもしかしたらここで安く取得できるかもしれない!!いや、取れるに違いない!!なんて思って笑顔で大使館にお邪魔(じゃま)してきました。

えー、またまた残念なお知らせです。在サントメ・プリンシペ赤道ギニア大使館では、ビザはサントメ・プリンシペに住んでいる方にしか発行ができないそうです。チーーン。非常にやさしそうでおだやかな人が対応してくれたので、これはいける!?と思いましたが無理でした。そして諦めの悪い私はすぐに隣にあるナイジェリア大使館にも足を運びましたが、コチラもビザの発行は在住者のみ!これまた英語の話せる親切な受付のお姉さんでしたが笑顔で断られてしまいました。

うまくいかない時は何をやってもうまくいかない。今日は実はもう一つうまくいかないことがあったんです。が、粘って粘ってコチラはなんと一縷(いちる)の望みをつなげました!その結果が出るのは明後日!信じて待ちたいと思います。何があったのかは後日結果とともにお伝えします。

そんな本日の最後はサントメ島で必ず来たかったコチラのお店にやってきました。主要道路沿いに突然(とつぜん)現れるオシャレな外観の建物。その中に入ると

そこはまるでチョコレートの宝石箱のようなお店でした。「DIOGO VAZ」というサントメ・プリンシペの特産物であるカカオを使ったチョコレートの専門店です。

中に入るとすぐにチョコレートのいい香りがします。そして丁寧(ていねい)な対応でDIOGO VAZについて紹介をしてくれるショコラティエのお兄さん。

主力商品の板チョコレート4種が試食できるのですが、これがまぁチョコ!アフリカでこれまで食べてきたチョコレートの中でダントツにチョコでした。これぞチョコ!!美味しい〜!!

普段は決して自分から甘いものを買って食べようとは思わないのですが、せっかくということでチョコレートケーキをいただくことに。とっても美しい見た目です!では、いただきます。うん、甘いです。…正直板チョコの感動は超えれないかなという感じでした。シンプルイズザベストというやつですね。

オシャレな店内でとっても居心地の良いチョコレート専門店でした。

結局サントメ・プリンシペ滞在中はずっとお世話になることになった今回の宿。私が帰るとスタッフさんが美味しいサントメのコーヒーを淹(い)れてくれました。そしてその彼にプリンシペ島に行けないことを伝えると

「プリンシペ島にはまるで違う世界が広がるんだ!同じ植物なのに全く違うように見えるんだよ。あの島の大自然はそれはもう素晴らしいとしか言いようがないね。」

あーーー!!行きたかったーーー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。