フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY5 チュニジアを旅する③「歴史と活気に満ちた街ケルアン」

2019年4月19日、天気くもり。

やはり海外一人旅というのは気が張るもので、知らず知らずの間につかれもたまっているようです。夜はホテルのベッドでぐっすりねむり、朝起きるのは5時。そこから前日のブログを書いて1日が始まります。今日はけっこう時間がかかってしまったので行動開始がおそくなりましたが、それでも9時には出発できました。日本にいた時の自分と比べたらなんと健康的なことか!旅は自身のライフスタイルも変えていきます。

乗合バス「ルアージュ」

電車、鉄道とチュニジアの交通機関を使って移動してきましたが、今日の最初の移動はルアージュという乗合バスを使います。8人ぐらいが乗れる小さなバスです。行く方面ごとに客が乗り、満員になると出発するというシステムです。つまり満員にならないといつまで経っても出発しないということです。これは南部アフリカでも非常に有名な移動手段で、各国ごとにその名前がちがいます。チュニジアの乗合バスはルアージュ。その名前のえいきょうもあるのか、とてもキレイで乗り心地はいたってかいてき。いずれ、南部アフリカで同じ乗合バスを紹介する時を楽しみにしてほしいと思います。

それにしても、今日は朝からチュニジアの人びとの助けられました。まず、最初に行った場所がタクシー乗り場だったので、そこのお兄さんたちが

「ここからルアージュは出てないぞ!ルアージュ乗り場はあっちだ!」

と教えてくれて、次にルアージュ乗り場でルアージュに乗りこんだら、となりにすわった若い学生さんにドライバーがアラビア語で自分を見ながら話しかけてるんです。話の内容はこうだったんだなと。

「その彼、ケルアンに行くそうだから、バス乗り場近くまで連れてくからそこから歩いて向かうように英語で伝えてくれ!」

その後親切ていねいに英語でそのことを伝えてくれた学生さん。そして彼はさらにこんなことまで伝えてくれたんです。

「次のバスは13時ごろかもしれない!ケルアン行きのルアージュ乗り場もあるからそこまでタクシーで行くといいかも!」

よし、そうなら!ということで、バス乗り場近くで降りた先生は今度はそこら辺のお兄さんに聞くわけです。

「ケルアン?」

そしたら、みんな

「あそこだ!あそこ!」

と指をさしながらゆうどうしてくれて、で結局着いたのはバス乗り場。マジか。13時まで待つのか…。と思いながら、強面のおじさんに英語で次のバスは何時か聞くと、アラビア語で何かを伝えてくるんです。こわいんです顔は。でも次は両手をパーにして示してくるんです。でも心配そうな顔をしてる自分に最後はケータイを出して

「10*30」

て文字を打ってくれたんです。

バスを待っている間はダンディーな彼がまたいろいろ教えてくれました。彼はジェルバ島という所まで行くそうです。そんな彼が言った言葉が本当に身にしみてわかる。

「チュニジア人はだれにだって親切なんだ。困ってる人がいたら助けるよ。」

彼は英語がしゃべれたので意思そつうができますが、強面のおじさんは完全にアラビア語のみ。それでもちゃんと思いが通じたこと、そしてそれを返してくれたこと。こんなに温かい気持ちにさせてもらって本当に感謝しかありませんでした。シュクラン!

それではケルアンに向かいます。バス代は2.5ディナール、92円でした。

歴史と活気に満ちた街ケルアン

スースから西にバスで1時間ほどのところにあるのがケルアンという街です。スースと同じくかべで囲まれた街はまるで迷路!数々の美しいモスク(イスラム教の方が礼拝をする建物)がげんそう的に建っていますが、大切なのはこれらのモスクは見世物ではなく昔から今もずっと人びとの信仰の場所であるということ。写真で様子をお伝えします。

先生がイスラム教の国を訪ねるのはチュニジアが初めてですが、実は以前イスラム教の信仰が強いタンザニアのザンジバル島というところに行ったことがあります。迷路のような入り組んだ道や美しいドアのそうしょく、そして何よりネコが多い。いろんなところに共通点を感じることができ、また一つ自分の世界が広がったように感じました。そしてこのモスクですが、観光客でありイスラム教ではない先生も中に入ることはできましたが、入ってはいけない場所というのが建物の中には存在しました。特に今日は金曜日で、イスラム教の礼拝の日ということで、いつもより入れる場所が少なかったそうです。お昼過ぎからは街中に演説のような放送が流れていました。何かな?と不思議に思って人に聞いてみると、コーランというイスラム教のお経だとのことでした。ふだん宗教について考えることが少ない先生にとって、もうしばらく続くイスラム教の国でのいろんな経験は大きな学びになりそうです。

活気のある街でもあるケルアン。街を歩いていると地元のおばあちゃんたちや学校終わりの学生、観光客など様々な人たちでにぎわっていました。街を歩いているとスパイシーな焼き魚のいい匂いが!

そしてやっぱりパンはチュニジアの文化の一つのようで、いたるところでパンを売ってるお店や、パンの入ったふくろを持って歩いている人を見かけました。このパンがまた美味しいんです。

朝に続きケルアンでもたくさんのステキな人たちとの出会いがありました。まずはこちらの肉屋さん。もしかして羊の肉かなと思い話を聞いてみると、ようこそケルアンへ!という感じでむかえてくれたおじさんたち。ちなみに肉はやはり羊でした。

この右のおじさんには街中でぐうぜんもう一度会って、なんと向こうから声かけてくれて

「あれは見たか?そうかじゃあこの道を曲がってまっすぐ行くんだ!じゃあな!」

とかっこよく去って行きました。ちなみにその通りの道順で行っても着きませんでした。で、それでもおじさんのおすすめだから見ときたいよなぁと思い迷路のような道を進んでいくんですが、まぁなかなか見つけられず。そこに若者7人くらいの集団がたむろしてたんですね。向こうから「ハロー!」って言ってきて、まぁそんなに良い印象ではなかったんです。が、よし!と思い「ここに行きたいんだけど」と場所の名前をつげると

「いいよ、ついてきて!」

一人の男の子がすかさず前を歩いてくんです。うたがうとかそんな時間もなくとりあえずついてったんです。…これはもしや後でいろいろと…?なんてことも頭によぎったんですが、

「はい、ここだよ!どうする?写真とろっか?」

その後も何もなく、本当にただ自分を目的の場所まで案内してくれた左の彼。17才の高校生で、バスケットボールをしてるとのこと。たしかに、身長は確実に2mはありました。こんな好青年がいるのかと。よくよく考えたら、32のいわゆる彼らからしたらおじさんが道案内してくれと声をかけて、お前が行けよ~のくだりもなく、ただ案内してバイバイと帰っていく。…かっこよすぎるよ。シュクラン!

今日はまだまだいろいろあったのですが、後日のネタにしたいと思います。そして最後に。これはアフリカだけじゃなく世界中いろんな国に旅行してるとあることなのですが、アジア人の自分を見ると「ニーハオ!」と声をかけてくる人がいます。これ、昔はイヤだった。日本人ですけど!?ってイラっとしてました。だからいちいちこれに対しては「ノー、日本人です‼︎」って返してたのですが、最近少し考え方が変わってきました。もちろん、中には自分のことをバカにしている人もいるかもしれません。でも、少なからずきょうみをもってくれているしょうこです。で、これをむしするのが一番ダメな気がします。ちゃんと反応してあげる!反応がコミュニケーションでは一番大事だから。なのでこう言います。

「ニーハオ!でもね、自分日本人なんだ!だから…」

の最後まで言う前に

「こんにちわ!」

ってよく返ってくるんです。そう、アジア人の区別がつかないのでとりあえず一番世界で広まっている中国語であいさつしてくるだけなんです。今日も同じことがありました。さらに今日は変化球で

「がんばれ日本!」

なんて返しときました。さすがサッカーの国チュニジア。逆に、日本でチュニジアやイスラム教の国の人に会った時にあいさつができるように、ぜひアラビア語のこんにちはを覚えておいてください。

「アッサラームアレイクム!」

今日は来た道をまたルアージュで戻ってきました。車窓から見える景色は広大な大地。地平線がきれいに見える風景に、アフリカにもどってきたことを強く感じるのでした。(ちなみにルアージュだとバスより早く帰ってきました。その分値段は少し高めの5ディナール、185円でした。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。