フォロー

メールアドレスを登録してフォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY179 ルワンダを旅する③首都『キガリ』Part2 〜オススメ観光国ルワンダの感動ポイント〜

2020年3月11日、天気晴れ時々雨。

少し昨日の話から。フイエマウンテンコーヒーのツアーに参加したあと、またまた快適(かいてき)なバスに乗って首都キガリに戻(もど)ってきました。さすがに夜のバス乗り場は警戒(けいかい)が必要で、時刻は8時を回っていましたがかなりの人で混雑する様子が見られました。さすがにルワンダでもココは気をつける必要があるなと思いながらも、声をかけてくれたバイクのお兄さんの提示してきたお値段が妥当(だとう)だったので乗せてもらい、あっさりとバス乗り場脱出(だっしゅつ)!…本当に言葉が出ません。

本当にここはアフリカ初心者にオススメの国だなぁと思うわけですが、念のために書いておきます。ルワンダで旅をしたあとに他のアフリカの国にも行ってみよう!と思われる方がいた場合、まずはルワンダを一回リセットしてください。忘れろということではありませんからね!ルワンダは本当に治安の良いステキ国ですが、これが当たり前だと思って他の国を旅してはいけません。まずそもそも夜にバイクというのも他の国ではまず私はしません。…人に言っといて、自分が一番油断してるじゃないか!!と突っ込まれそうですが、まさに私は今完全にルワンダに心を許してしまっています。まぁそれがルワンダのいいところなのかもしれませんがね。『アフリカのオアシス』とでも言いましょうか。本当にここは不思議な国です。

さぁ、日付が変わって本日。キガリで迎(むか)える朝も3日目!そして今日はこのキガリで珍しく(めずらしく)人と会う約束があるので、あと1日この街に滞在することになります。ならここは気分転換!と思い宿を変えることにしました。こんなことができるのもキガリならではかもしれません。なぜならとにかく宿が安い!そして多い!!ということで一気に宿を2つご紹介です。まずは2日間お世話になった「Colours Club and Spa」から!

キガリの東のエリアの中でもトップレベルに安いコチラの宿は1泊なんと8USドル(約900円)!もう旅人にやさしすぎるお値段設定に感謝です。Wi-Fiはなんとかつながるレベルですが、個室でこの料金は驚き(おどろき)です。そしてこの宿に併設(へいせつ)されているレストランがこれまた安くて美味しい!久しぶりにガッツリと夕飯をいただいちゃいました。ただ、この宿の難点はお湯シャワーが出ないんです。バケツにお湯を沸(わ)かしてくれますが、やっぱりシャワーは3日に1回くらいは気持ちよく浴(あ)びたいものです。

なのでやって来たのがコチラ「Kigali Castle」!お湯シャワー、バッチリ出ました〜!!シャワーだけでこんなに感動できるのはもしかしたら旅人の一つの喜びかもしれません。

ココはザ・バックパッカー宿という感じのドミトリーで、宿泊客もたくさんいました。お値段は1泊8500ルワンダフラン(約1000円)!先ほどよりは高いですが、それでも十分お得な料金設定です。Wi-Fiもほどよく使え、お湯シャワーが浴びれる!もう言うことなし!!

そしてルワンダの宿に共通して言えることの一つが『朝食がついている』ということです。しっかりと食べて一日をスタートさせることのできるルワンダ。さらに昨日たくさん学ばせていただいた美味しいルワンダコーヒーが飲めてしまうというしあわせもついてきます。いやー、感動!

本日もすでにルワンダの感動ポイントが最初から溢れ(あふれ)出てしまっています。こればかりはもう抑え(おさえ)ようがないのでこの流れで一気に放出します!!

便利な移動手段は自転車も

千の丘の国ルワンダではバイクが非常に安心して乗れる移動手段であるということを先日伝えましたが、もう一つあるんです。それが自転車!コチラはバイクよりもさらに安く300ルワンダフラン(約40円)ほどで3km程度乗せてくれます。

まぁ上りも下りも多いキガリの道を走ってくれるという感謝しかないこちらの自転車タクシー。ゆっくりのんびりと景色を見ながら街を移動できるので、バイクとはまた違った楽しみがあります。そして自転車タクシーでさえも運転許可が必要なルワンダ。ちゃんと自動車教習所があったり、バイクはヘルメットが必須(ひっす)だったりと交通に関するルールの徹底(てってい)ぶりが目立つルワンダにはとても感心させられます。

正確に時を刻む街の時計

交通ルールの徹底に通じることがもう一つ。アフリカにも首都などの大きな街にはよくあるのが時計です。やはりサッと時刻を確認したい時に街中に時計があるのは便利なもの!しかし、大抵(たいてい)の国の時計は時刻が全く違うか動いていないかの二種類になります。立派な教会やショッピングモールの時計でさえもただのオブジェと化しているのがアフリカあるあるです。それがルワンダにはなんと正しい時刻を示す時計が!!

しかも首都だけでなく地方の街の時計までバッチリ合って動いているというのがスゴすぎるんです!!私が今まで訪れたアフリカの各国ではまずこんなことはありませんでした。もちろんキガリを歩いていて一つだけ時刻の違う時計がありましたが、あとはぜーんぶ合ってました。…もう一度言います。スゴすぎです!!ちなみに、首都キガリには待ち時間を示す信号もあるのですが、そのあまりに早すぎるカウント開始にもビックリ!いやー、同じ言葉を三回繰り(くり)返すのはやめておきますが…もう何度言ってもキリがないと思います。ルワンダ!

コロナウイルス対策も進んでいます

先ほど紹介した二つの宿の近くにあるのがキガリの中でもかなり賑(にぎ)わう大きな市場「キミロンコマーケット(Kimironko Market)」です。

広ーい敷地(しきち)の中に横にも縦(たて)にもブワーッとお店が広がるキミロンコマーケット。通りが細くて頭を下げてくぐらないといけないような場所もあり、まるで迷路(めいろ)のようなこのマーケットは治安の良いルワンダでもさすがに少し注意が必要だなと感じました。

ですがマーケットはその街の熱量を感じることのできる観光スポットの一つ!しっかり気をつければ楽しくウロウロできること間違いなしです。

そんなキミロンコマーケットの入り口でのことでした。さぁ、楽しいマーケット散策の始まりだ!!と思っていると警備員さんから声をかけられました。

「手を洗いなさい!」

なんと簡易(かんい)手洗い場が設置されていたんです。これにはビックリしました。

ルワンダでは今、ホテルやビルの入り口などにコチラの足踏み(ぶみ)式の手洗い装置(そうち)が普及(ふきゅう)していっています。国レベルでしっかりと対策が進んでいるなぁと感心していましたが、まさかマーケットにまであるとは!人が多く集まる場所なのでもちろんココには必要なわけです。それにしても、ついにここまできたかと。手洗いの徹底(てってい)が進んでいるルワンダです。

ということで、ただ旅をしているだけで感動できるポイントがたーくさん見つかる楽しい国ルワンダ。フイエの街では床屋(バーバー)の前を通ると陽気なお兄さんが

「そのヒゲ!オレみたいにカッコよくカットするよ!!」

と声をかけてくれるからまぁ嬉しくないわけがありません。アジア人旅行者をウェルカムしてくれるルワンダの人の温かさはこの国一番の感動ポイントです。ちなみに、日本人のヒゲはちょっと違うから難しいでしょ??と伝えましたが、彼の手にかかればバッチリカットしてもらえるそうです。いつかアフリカでヒゲカットにも挑戦(ちょうせん)してみようと思います。

そんな治安良し!絶景あり!人が温かい!の三拍子揃った(そろった)この国は、実は知る人ぞ知る日本人に人気のアフリカの国の一つになっています。『アフリカに行ったことがある』という人からよく聞く国名にルワンダがあるんです。これまでの私は

「なんでそんなにルワンダ??」

と思っていましたが、この国に来てよーくわかりました。うん、ルワンダだよね!と。旅行や留学、インターン(就業体験)とその渡航目的も様々だそうで、若い人に人気のルワンダ。今日は知り合いの方に声をかけていただき、日本から来た大学生の方たちとランチをご一緒させてもらいました。

オシャレなカフェレストランもたくさんあるキガリ!先ほど三拍子と言いましたが、コレも入れて四拍子です!!美味しいアイスコーヒーが飲める国というのはアフリカではとても珍しい(めずらしい)です。「Kigali Art Café」で過ごすとってもしあわせなルワンダランチタイムでした!

首都キガリでのんびりと過ごした本日。歩いているだけで千の丘の絶景にまた心が動かされまして。ルワンダ。今日もたくさんの感動をありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの33歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。