フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY142 ガボンを旅する①「ガボンの首都 リーブルビル」-ガボンのアライバルビザとシムカード-

2020年2月3日、天気くもりのち晴れ。

深夜2時半。32時間の飛行機移動はずっと座りっぱなしなので、空港の部屋で横になれるというのは非常にありがたいことでした。ガボンのビザもおそらく取れるだろうと思うと安心して一気に眠りの世界へ。もちろんアフリカには「絶対」という言葉は存在しません。これは日本でも言えることではありますが、アフリカでは特に100%大丈夫ということはありません。が、きっとなんとかなる!そう、信じることから始まります。

朝6時。空港警察の方の宿直室も兼(か)ねていた部屋のようだったので、ドタバタと朝から忙しく準備をするみなさんといっしょに私も起きることに。「7時半に迎えに行くから!」といってくれた昨日のお兄さんの言葉を信じて待つことにしました。そして実は私以外の皆さんも同じくビザの取得待ちだったようで、名前が呼ばれるのを待っている状況(じょうきょう)でした。全てフランス語のやり取りだったので私にはどうして彼らがすぐにビザを取得できないのかはわかりませんでしたが、なかなか手続きが大変そうだということはその様子から判断できました。ビザ(入国許可)が取れて当たり前のものではないということを初めて知った今回の出来事。7時半を少し過ぎたところで私は呼び出されて部屋をあとにしました。

そして昨日と同じビザの申請(しんせい)カウンターに行くと約束通り彼がいました!時間通りに呼び出されたのも驚き(おどろき)でしたが、なによりちゃんと覚えていてくれていた!それだけで本当に嬉しく(うれしく)て一気に安心しました。ビザが取れる!フランス語で書かれた書類の記入方法も丁寧(ていねい)に教えてくれて、10分ほどでついにガボンビザが取得できました!やったーー!昨日は正直なんでそんなに質問するの?すぐに発行してくれればいいじゃん!なんて思っていた自分がいました。が、彼らは責任をもって仕事をしているんだなと。まだ誰もいない静かな空港で早朝からビザの発行の仕事を行なっているその姿を見て、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。メルシー!!

ここで一般的な観光者用のガボンアライバルビザ取得に必要なものを書いておきます。事前に日本にあるガボン大使館にメールで問い合わせた際の回答とバッチリ同じものが要求されましたので、メールの回答(英語)を日本語訳したものを引用させていただきます。

    有効期限が6ヶ月以上残っているパスポート
    ホテルの予約確認書
ホテルは初日分の予約だけで問題ありませんでした。が、ガボンは申請した滞在日数分の有効期限がビザに記載(きさい)されますので、必ず正しい滞在期間を申告(しんこく)してください。
    出国の飛行機予約確認書
このあと陸路で移動していくことを伝え、3月末の日本への帰国便のチケットを提出(ていしゅつ)したら受理されました。
    ビザ代 70€(ユーロ)
*米ドルが使えません!ユーロのご用意を。

またガボン入国の際はかならず「イエローカード(黄熱病予防接種証明書)」が必要になります。ビザ申請用紙はカウンターで直接渡されます。ということでこれにてついにアフリカ20ヶ国目「ガボン」入国です!!

ガボン

ガボン共和国(ガボンきょうわこく)、通称ガボンは、中部アフリカに位置する共和制国家。北西に赤道ギニア、北にカメルーン、南と東にコンゴ共和国と国境を接し、西は大西洋ギニア湾に面している。首都はリーブルヴィル【Wikipediaより】

7時間空港に待機していたためにもう外の空気が吸えてよっしゃ〜!!となるわけですが、このガボンの国際空港がなかなかイイ感じなんです。まず、Wi-Fiが無料で簡単(かんたん)にアクセスできて通信速度も良くて便利!寝させてもらった部屋に電波が届(とど)かなかったのが残念でした。そしてもう一つ!空港を出たあとのお決まりであるタクシーの客引きが無いんです。なんて静かでのどかな空港なんだろうと不思議になりました。

が、そんなムードに浸って(ひたって)いるのもあっという間です。すぐに感じる蒸し(むし)暑さ!雨季の真っ只中というのもあるかもしれませんが、このムシムシ感はなかなかだなぁと思って少し歩いていると

海だ〜!残念ながら今日は曇っていましたが、それでも海はやはりテンションが上がります!ここガボンは海に面した国です。そしてその海にガッツリ面したこの国の首都が「リーブルビル」です。

ガボンの首都 リーブルビル

リーブルヴィルは、アフリカにあるガボン共和国首都で、同国北西部に位置する。人口は73万人(2013)。ガボン川大河口に面し、ギニア湾にも近く、交易の中心地である。リーブルヴィル周辺の地域はかつては不毛の地であり、長い間ムポンゲ族が居住していたが、1839年フランスに支配され、1843年交易都市としてガボン(現在のリーブルヴィル)が建設された。解放奴隷が多く送られ、1848年、彼らにより名前がガボンからリーブルヴィル(フランス語自由都市」の意)へと変えられた。(後略)。【Wikipediaより】

Wikipediaでは「リーブルヴィル」と表記されていますが、わかりやすくこのブログでは「リーブルビル」とさせていただきます。熱帯モンスーン気候と呼ばれるエリアで、一年中ずっと25度前後の気温のリーブルビル。そりゃ暑いわけだと!これが一年中。まだ日本を出発してから2日も経っていませんが、もうすでに日本の冬が恋しくなっています。それくらいに暑いです。

さぁ、今日は空港でタクシーの客引きもなかったことだし、32時間も飛行機でずーっと座りっぱなしだったということで、まずは空港からリーブルビルの中心街の方へ歩くことに!その距離およそ8km。久しぶりのアフリカに順応(じゅんのう)していくためには自分の足で歩いて街を感じるのが一番!というのが持論です。荷物を背負ってたので大変ではありますがなんとかいけました。

ということで今日はガボン入国後にやっておきたいこと3つを紹介します!

①お金を下ろす

当然ですがまずはお金が必要です。がしかし!アフリカの空港あるあるの一つに『ATMが使えない』というのがあります。カードを入れて暗証番号を入力して、希望の金額をタッチしたのに…ピーピーピーという音とともにカードだけが虚しく(むなしく)返ってくる。これは何度やっても慣れない怖い体験です。もしかしてカードが壊れた!?えっ、本当にこのままずっと使えなかったらどうやって旅すればいいの!?とリアルに焦り(あせり)ます。が、大抵(たいてい)の場合はATMにお金が入ってないというパターンです。なので、ATMがありそうな大きめなスーパーや銀行を目指して歩きます。そしてやってきたショッピングモール。

見つけたBGFI銀行のATMにカードを入れていざ勝負!!…カシャカシャカシャカシャ。この音が聞こえた瞬間(しゅんかん)の世界が一気に明るくなる感じもアフリカあるあるかもしれません。キターーー!これでもう大丈夫だーーー!と思いながら、出てきた紙幣(しへい)を見てビックリ!なんだこれは?私の知ってる「セーファーフラン」という通貨のものではないぞ!?えっ、どういうこと!?と思いすかさず近くのカメラ屋さんのお姉さんに聞くと

「『セーファーフラン』は西部アフリカと中央部アフリカで違う(ちがう)んだよ!」

と教えてくれました。知らなかった〜!てっきり同じ名前なので、また同じ紙幣の国かぁ〜と思っていたのですが、カラフルでステキな紙幣の登場に感動でした。ちなみにレートは両方とも同価値で、デザインが異なるだけになります。10000セーファーフランがおよそ1800円です。さぁ、お金をゲットしたのでもう怖いものなしです!!

②シムカードをゲットする

今やネットが使えるというのは安心に旅をする上でかなり重要なことなのかなと思います。アフリカだとLINEが使えないと思われている方がいるかもしれませんが、バッチリ使えます!Wi-Fiもとんでます!アフリカも立派なネット社会です!!ということでお金を手に入れてやって来たのはそのガボンの通信会社「Gabon Telecom」。そのまんまの名前なのでわかりやすいです。店員さんにシムカードがほしいと伝えてパスポートを渡すとあっという間に手続きを完了させてくれます。シムカードは1000セーファーフラン(約180円)。そしてついでに4GB分のデータを10000セーファーフランで購入しました。すぐに使えてとっても便利!おかげでブログも更新(こうしん)できます!!

③バダムを食べる

そして最後3つ目はこちら。バダムを食べるんです。バダム!?なんだそれは!?空港から中心部に向かう道は海沿いの一本道です。ギニア湾の波の音を聞きながらの散歩は気持ちがいいもの!そしてこの海沿いに生えている木の緑がまたなんともイイ感じに映えるわけですが、この木に小さな実がついてそれがそこら中に落ちているんです。…気になる!

ということでさっそくその実を集めている方を発見。身振り手振りでこれは何ですか?と聞くと「バダムだよ!」と教えてくれました。バダム!そしてじっと様子を見ていると、バダムの実を砕(くだ)いて中から種子を出してくれました。

「食べな!」と言われていただくと…シャキシャキ食感のアーモンドのような甘いやつでした!これはなかなかクセになりそうだなぁと。

この彼はバダムを集めて商売をしているそうです。空港から歩けば必ず出会えるガボンの自然の味、ごちそうさまでした!

キレイな生け花を作っている方も発見!初めて見るアフリカの生け花に感動でした。ガボンにはまだまだ新しいアフリカとの出会いがたくさんありそうです。

ということで1日歩いてリーブルビルの雰囲気(ふんいき)を肌(はだ)で感じた本日。とにかくこの国はみなさんフランス語なのでなかなかコミュニケーションを取るのが難しいです。が、私がなんとか伝えたい!と思っていると、相手もそれを察してくれて近くにいる英語が話せる同僚や友人を呼んできてくれるんです。中にはおそらくこの彼はフランス語がわからないんだろうなぁと気遣(きづか)ってくれて英語で声をかけてくれる方も!本当に温かい方がたくさんいるリーブルビルです。

久しぶりのアフリカ、そして飛行機旅の疲れ(つかれ)もあったので今日は早めに寝て明日に備えることに。明日は今日以上に思いっきり歩き回りたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。