フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY89 ソマリランド(ソマリア)を旅する⑤「過去にタイムスリップする洞窟壁画 ラース・ゲール」

2019年8月10日、天気晴れ。

今回ハルゲイサでお世話になっているホテル「Oriental Hotel」。昨日も書きましたが1泊朝食込みで15USドルというとんでもなくリーズナブルなこちらのホテル。本当は他のホテルにも足を運んでみようかなぁなんて思ったのですが、まぁとにかく居心地が良すぎるので、ハルゲイサでの4日間は全てこちらのホテルに滞在することにしました。

1回のフロアはレストランになっているので夕飯もここで済ませることができます。しかも、美味しくてこちらも安い!5USドルほどでボリューミーな肉料理が食べられます。

そして何よりこのホテルの良いところは、ここでソマリランドを巡るツアーを手配してくれるところなんです!管理人さんに行きたい場所を伝えると、車の予約等を全てやってくれます。値段もちゃんと決まっているようで、わかりやすく説明してくれるので安心してお願いすることができます。

ということで、本日はツアーでソマリランドの数少ない観光名所「ラース・ゲール」という場所へ行くことにしました。こちらは入るための許可証の取得に25USドル。そして、車とドライバーの手配に加えて、今回はついに護衛(ごえい)さんが必要とのことで、そちらの手配も含めて130USドル。合計費用は155USドルとなりました。

8時に出発だよと言われていたのでゆっくり朝ごはんを食べていたら、もう準備はできてるぞ!とアフリカでは珍しい5分前行動パターン!管理人さんのすばらしい手配ぶりに感動しながら、いってきますを伝えて車に乗り込みます。

今日も向かうのは昨日と同じベルベラ方面になります。同じ道を走るのでもう慣れたものです!と言いたいところですが、今日はそこに護衛さんがいるというシチュエーション。なんとも違和感を感じます。

ちなみに、正式にはエリトリアと同様で事前に観光省的な所に行って許可証をもらわなくてはいけないそうですが、今回は直接現地に向かうことに。大丈夫なのか?と思いましたが、管理人さんが言うので問題ないのでしょう。そして、こういう良い意味でのルーズさに、ソマリランドの治安の良さがうかがえました。

ベルベラへ向かう道の途中を左折すると、道はオフロードに!国境からのハードなドライブを思い出す懐かしい景色に、自分がすっかりソマリランドにそまってきているなと感じるのでした。

そしてこの道中、景色以上に印象に残ったのが私が乗っている車を見つけるとかけ寄ってくる子どもたちの姿でした。食べ物を求めてくるわけですが、私は何もあげられるものは持ってないので後部座席でその姿を見てるだけでした。が、ここで動いたのは運転手の彼!ビスケットが入った袋を窓の外に放り投げてその子に渡すんです。時には、「あっちにいる弟にも渡すんだ!」といって2つポイっと投げることも。…心温まる光景でした。こんなステキなドライバーさんがいるんだと。街に出て食べ物を買うことが難しい環境下にある子どもたちのことをちゃんと考えて、事前にビスケットを大量に買いだめしているわけです!運転で稼いだお金の一部をこうして子どもたちのために使うという支え合いや思いやりの姿勢にただただ感動しました。

そんなこんなで荒野を進むこと30分。何もないということがこれほど絶景になるのも面白いなぁと思いながら進んでいると突如(とつじょ)現れたのは岩山でした。ここがラース・ゲールと呼ばれる場所です。

③過去にタイムスリップする洞窟壁画 ラース・ゲール

ラース・ゲール(ラス・ケール、ソマリ語: Laas Geel, Laas Gaal)はソマリランド首都ハルゲイサの近郊農村地帯にある洞窟。紀元前5千年頃のものと見られる洞窟壁画がある。2002年に発見された。ラース・ゲールの洞窟は花崗岩質であり、内部には新石器時代の壁画がある空間が約10ある。この洞窟壁画の保存状態の良さは、アフリカ全体でも有数のものであり、輪郭や着色もきれいに残っている。その絵は洞窟の天井に描かれており、当時の住民が手を伸ばして描いたものと思われる。もっとも多いのは、大きな角を持った牛の絵である。人が着飾られた牛を引いている絵もあり、牛の首には胸当てのようなものが付けられている。牛以外にも、飼い犬やキリンを表したと思われる絵もある。ラース・ゲールはソマリア語で「ラクダの水飲み場」を意味する。この壁画の存在はソマリ族の間では数世紀前から知られていたが、当時その情報が国際社会に伝わることはなかった。(後略)【Wikipediaより】

まず、この壁画を見る前に、その発見された年にビックリしました。2002年です!つい最近なんです!!発見するまでに時間がかかったんでしょ!?と思われるかもしれませんが、この壁画が描かれたと考えられている時代は紀元前5000年ですよ。つまり!7000年のもの間世間に存在が隠されていたというものすごい遺跡(いせき)なんです。こんなことがあるんだと。ここにもソマリアという国の歴史的な体制を感じると共に、この遺跡の発見が今後のソマリランドやソマリアにとって大きな財産になることを期待したいところです。

ということで、長らく発見されなかったが故(ゆえ)のその壁画の状態の良さがまぁ一目瞭然(いちもくりょうぜん)なんです。私は考古学の「こ」の字も知らないド素人(しろうと)ですが、そんな私にだってわかるこの壁画の素晴らしさ!昨日描(か)いたんですか?なんて言ったら怒られますが、それくらいハッキリと残っているんです!

そしてそれが天井に一面ブワーっと広がっていて。予想以上の迫力に感動でした。

この壁画というのは別に当時の人は何千年後に歴史的な価値がある遺産(いさん)になるなんてことを考えながら描いたわけでもない、要はただのラクガキです。その時見えたモノやコトを自分たちの生活するエリアに描いたという非常にシンプルな動機で生まれた芸術です。

まさか7000年後に残ってるなんて想像もしなかっただろうなと思います。それがこうして発見されて、アフリカのソマリアとは無縁(むえん)だった私がこの壁画と出会えたこと。なんかすごく神秘的なものを感じます。

壁画が描かれた洞窟(どうくつ)からの眺めがこれまた絶景なんです!当時の人々が生活をした場所ということで、壁画が描かれる場所は山の上にあることが多いです。山の上の洞窟で生活することで日差しや風から自分たちの身を守ることができるのと同時に、下界に住む野生の動物や水資源である川がよく見えるために生きるためのライフラインが確保しやすかったわけです。

きっとこの眺めも7000年前とはさほど変わらないのでは?と思うと、タイムスリップしたような感覚になりました。

護衛さんといっしょに巡ったラース・ゲールでしたが、危険を感じることは一瞬たりともありませんでした。強いて言うなら、サンダルでいくと少し歩きづらいぐらいですかね。そして護衛さんはガイドとして活躍してくれました。英語が話せない方だったので指差しとジェスチャーでの説明でしたが、私に壁画を見せようと動き回ってくれて本当に嬉しかったです。シュクラン!!

ラース・ゲール自体はそこまで広くないので1時間もあれば十分壁画と景色を堪能(たんのう)できます。ハルゲイサ出発から往復4時間ほどのツアーでした。

ということで、午後は久しぶりにホテルでゆっくり過ごすことにしました。ふと考えると、もうすっかりソマリランドに安心しきっている私自身に我ながら驚かされます。国境で1日足止めをくらったあの日がもう遠い過去です。ソマリランドの首都。いったいどんな物騒なところなんだろうと身構えていた日本で旅の計画をしていた1ヶ月前ははるか昔です。百聞は一見にしかず!この言葉の意味をこれほど深く感じたことはこれまでなかったなと思います。外の世界からは見えなかったソマリランドという国の姿をこの目で見た!もちろんそれはほんの一部で、この国の本質には全く触(ふ)れてはいないことは十分わかっています。が、これからニュース等で「ソマリア」という言葉を聞く時、私はこのソマリランドでの経験を思い出すんだろうなぁと思います。来てよかった。今は本当にそう思います。もう一度、百聞は一見にしかずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。