フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY102 南アフリカを旅する②「ケープタウンのシンボル テーブルマウンテン」-大自然を満喫する登山完全ガイド おじさんクッキーver.-

2019年10月26日、天気晴れ。

日頃の行いが良いからだとは全く思っていませんが、この快晴ぶりを見たらそれはそれはもう自分、持ってるなと思わざるをえません。昨日からiPhoneの天気予報も1日雲一つない晴れマークだったのですが、本当にその通り!最高の天気です!!ケープタウンに到着した日からずっと曇天(どんてん)続きだったので、ようやく日差しを浴びたケープタウンの街を眺めることができました。いやー、何とステキな朝なんでしょう!こんな日はもう早起きだって喜んでしちゃいます。

さぁ、そんな快晴の本日。実はやりたいことが2つありました。昨日の雨で足どめを食らってしまったので、できたら今日2つとも!と考えて昨日いろいろと作戦を練りました。がしかし。厳しかった。お金を払えば両方とも可能ではあるのですが、私の旅では贅沢(ぜいたく)はそこまでできません。まぁ私の匙加減(さじかげん)なんですがね。ということで、2つの内のどちらにするかと悩んだ結果!やはり天気の良い日はよりステキな景色が見えるであろうところに行きたいと思い、本日は山に登ることを決めました。あれに見えるはケープタウンの街にそびえる岩山「テーブルマウンテン」です。

ケープタウンのシンボル テーブルマウンテン

テーブルマウンテン、あるいはテーブル山は、南アフリカ共和国西ケープ州のケープ半島北部にある山。約3kmわたり山頂がほぼ平坦なことから名づけられた。垂直に切り立った崖が特徴の山で、テーブルマウンテン国立公園を形成している。頂上にはロープウェイやハイキングで上れる。【Wikipediaより】

飛行機の中からも、街を歩いていても、どこからでもその存在がはっきりとわかるテーブルマウンテン。今日はこの山に登ります。いやー、我ながら本当に山が好きなのか高い所に惹(ひ)かれているのかわかりません。これがいったいアフリカで何度目の登山になるのか。そして当然私は迷わずハイキング!ということでここからはケープタウンのテーブルマウンテン登山ガイドです!

準備をする

登山の基本です。まずは水!そして必要に応じて軽食も準備しましょう。私の足で1時間半で登り切ることができたのでそこまで長い登山ではありませんが、ちょっとしたお菓子があるとテンションがあがります。市内の中心地には大型のスーパーがあり、朝から営業しています。テーブルマウンテン近くになるとお店が少なくなるのでここで買っておきましょう。ちなみに!ここ南アフリカの軽食で一番オススメしたいのは水の後ろに写っているかわいいおじさんがマークのBAKERS、通称「おじさんクッキー」です!その中でも赤チェックのバタークッキーが絶品!!お値段は24ランド(約180円)とお高めですが、この味を一度知ってしまうともうアフリカで他のクッキーには手が出せません。そのとなりのチョコチップ入りも捨てがたいですが、未体験の方はまずはシンプルなバタークッキーを是非(ぜひ)!

Kloof Nekの分岐点(バス停)に行く

①がケープタウンのメインストリート(Long Street)の終点である本日1枚目の写真、南アフリカの国旗が描かれたビルのある場所になります(1階はマクドナルド)。ここから②のテーブルマウンテンへと向かう道に入る分岐点(ぶんきてん)Kloof Nekへと向かいます。方法は2つ。一つ目はバスです。ケープタウン市内はバスMy Cityでの移動が便利(べんり)です。距離によって値段は異なりますが1回13ランド(約100円)ほどで乗ることができます。わかりやすい路線図もあるので安心して乗れるかと思います。そして二つ目、徒歩です。①から②までは3kmほどなので歩くことも十分可能です。

が、この3kmはゆるやかな登りになります。分岐点に着く頃には少し息が上がります。私の足では40分ほどかかりました。ちなみに写真に写っている山はテーブルマウンテンの向かいにそびえるもう一つのシンボル「ライオンズヘッド(Lion’s Head)」です。こちらも登ることができます。テーブルマウンテンよりは低いので登りやすいかもしれません。

ここがKloof Nekのバス停になります。ここを左に曲がるといよいよテーブルマウンテンへの道がスタートします。

ロープウェイ乗り場を通り過ぎて直進する

分岐点を曲がるとすぐのところにバス停があります。こちらのバス停からロープウェイ乗り場へは少し距離があるので無料バスが出ています。乗ってもいいですがかなり混んでます。そしてこれはもう言ってしまいますが、このテーブルマウンテンは朝8時頃から夕方6時頃までロープウェイが動いている営業時間となりますが、おそらく何時に行ってもたーーーくさんの観光客でにぎわっています。待ちは必至ですので歩いた方が早いかもしれません。

ロープウェイ乗り場までも登りが続きます。そしてこの時点でも振り返ると既(すで)にケープタウンの街があんなに小さく見えるんです!

それにしても晴れて本当によかった〜!快晴です!!

先ほどの地図で③がロープウェイ乗り場の位置になります。分岐点からここまでは15分ほどです。ということでここから登山がスタート!と思いきや、ここは登山口ではないのでこの乗り場を通り過ぎてこのまままっすぐ進んでいきます。ちなみに、実はこの乗り場の地点からの登山道もあるにはあるのですが、直訳(ちょくやく)すると「非常に危険なロッククライミングルート」だそうです。私のような短パンにスニーカーでは決して登れないレベルですのでご注意を!

そして先ほども書きましたが、このテーブルマウンテンは非常に人気の観光スポットになっています。いったい何人いるんだ!?というロープウェイ待ちの列にはビックリしました。1km近く並んでいたかもしれません。ここに来るほとんどの観光客はまずロープウェイを選ぶので、ロープウェイで登るという方は逆に待ち時間に耐(た)える必要があります。そしてこちらも先ほどのバス停と同じくいつ行っても混んでます。ちなみにロープウェイは往復360ランド(約2700円)になります。ハイキングの場合0円です!入山料もいりません。

登山道入り口に到着する(登山開始)

ロープウェイ待ちの列を通り過ぎてまっすぐ進むこと約20分。右手にこちらの茶色い小屋が見えます。ようやく登山道の入り口に到着です。ここまで1時間半。もうすでにかなり歩いて…いや、登ってきました。ですが、ここからはもう本格的な登山になります。

④が登山道入り口です。こう見るとロープウェイ乗り場からかなりの距離がありますね。そしてここから⑤のテッペンを目指します。クネクネした道を登っていきます。

ここで注意です。標高は1086mとそこまで高いわけでもなく、Wikipediaでは「ハイキング」と書いてあります。が、実際はそんなにやさしい感じではありませんでした。なので、ここまで来てやっぱりやめておこうと思った方はそのままUターンしてロープウェイを待つ列に並びましょう。

⑸頑張って登る

ここからはもう登るのみです。しっかりと階段状の岩の登山道があるので道に迷うことはありません。が、たまに水渡り(わたり)ゾーンがありますので、汚れてもいい靴(くつ)で登りましょう。

登り始めて15分ほどでこの標識が出てきます。左です!

その後も登っていきますがだんだんと傾斜がキツくなってきます。山ならではのクネクネと登っていく感じなので、常に目指すところと下の景色が見えます。下を見ればもうこんなところまで来たか!上を見るとまだあんなに遠いのか!この繰り返しです。

ひたすら登る

本当にこの一言につきます。山というのはひたすら登るんです。

登山開始から1時間ほどするとようやく目指していた岩壁(がんぺき)のあたりまで来ます。ここまで来るともうあと少し!と思うのですが、登ってみるとまだまだという感じです。

それでもそこからさらに登って登って登り続けることおよそ30分。合計1時間半ほど(案内板によると所要時間は2時間と書いてありました)でついにもうこの先にゴールがあると誰でもわかる天にでも続くかのような岩と岩の間の道があります。ここまで来たらラストスパートです。最後の力をふりしぼって上り切ってください。

一面に空が開ける

ここは…天界?というようなこれまでの厳しい傾斜がウソだったかのような平坦(へいたん)なエリアが突然(とつぜん)広がります。空をものすごく近くに感じます。

今日は快晴だったので太陽も眩しい(まぶしい)です。いわゆる一般的な山の頂上のイメージとは違う平らな空間に不思議な感覚を覚えるので、まずは少し歩いてみます。登り切ったら左の方(山頂ロープウェイ方面)に進みます。

ちなみにこのテーブルマウンテンには今回紹介しているルート以外にも登山道があります。頂上も平らが故に複数ポイントがあるので攻めて(せめて)みるのもありかもしれません。山頂ロープウェイ方面に進むこと10分ほどでついに絶景ポイントに到着します。

⑻ケープタウンの街を眺める

この景色です。ケープタウンの街が一望できます。臨港都市ケープタウンが海に囲まれた街であることやその発展具合がよーくわかります。遠くにはロベン島というあのネルソンマンデラが収監(しゅうかん)された収容所がある島がはっきりと見えます。負の歴史があるこの島も今は世界遺産に指定され、博物館という形で歴史を構成に語り継(つ)いでいます。そして左下に見えるのがスタート地点でもあるロープウェイ乗り場です。

いやー、登ってきたなぁという感じです!!朝は山頂にかかっていた雲もキレイに晴れました。ライオンズヘッドもばっちり見えます!

テーブルマウンテン国立公園エリアにはこれまたたーーーくさんの観光客の方がいるので、写真を撮るときは安全な範囲(はんい)で少し断崖(だんがい)の近くまで行くといい感じに景色を独り占めにしてるぞ感が出るかと思います。

そしてお弁当を持ってくれば絶景を眺めながらのピクニックもできるテーブルマウンテン国立公園!さすがに大量の食料を持っての登山はハードなので、この場合はロープウェイの使用をオススメします。

さらになんとこの山頂のロープウェイ付近では無料Wi-Fiが使用できます!これには驚きました。しかも通信速度がかなりイイんです!!Twitterで動画も投稿(とうこう)できるくらいの優秀さでした。テーブルマウンテンを登り切った感想をリアルタイムで発信するのもいいかもしれません!

山頂にはお土産屋さんやカフェなどもあります。登山後にのんびりするのもいいかもしれませんが、カフェは混みます。それと快晴でも風が吹くので寒いです!防寒対策はしっかり準備しましょう。

⑼下山する

さぁ、登ったあとには下りがあります。ということで来た道を戻ろう!と考えました。が、それよりもロープウェイにも乗ってみたい!が勝ちました。とんでもない行列ができていたら潔く(いさぎよく)諦め(あきらめ)られたわけですが、下りのロープウェイは待ち時間15分ほどだったので何事も経験だと言い訳をつくってチケットを購入!片道(かたみち)の場合は200ランド(約1500円)になります。

そしていざ乗車。このロープウェイには特徴があります。それが360度回転する!というもので、まわりの景色を楽しめるシステムになっているんです。が、ここで発見がありました。やはり乗ってみないとわからないことがあるわけです。

こちらのロープウェイ。360度回転しません!回転したのはおよそ270度でした!!乗りながらグルグル回転するんだろうとワクワクしていたのですが…あれ!?もう…着くよ!??はい。なんとこちらのロープウェイの所要時間。3分です!1時間半汗をかき、息を切らしながら登った道のりをたったの3分で下ったんです。いやー、衝撃(しょうげき)でした。もちろん後悔(こうかい)はしてません!全く!強がりじゃありませんよ。でも、そのあまりの速さに呆然(ぼうぜん)としてしまいました。あっさりだなと。なので、待ち時間さえ無ければサッと上って頂上でご飯を食べてサッと下ってくるなんてこともできるんです。

が、今日の様子だけ見たところ、上りのロープウェイの待ち時間は相当だろうなと感じました。狙う(ねらう)なら本当に早朝ですが、そうなると今度は太陽の関係で今日見たような青い海は見ることができないと思います。

ということで、私の結論!負担(ふたん)にならない程度のお弁当を背負ってハイキングで山に登り、上で景色を楽しみながら美味しいご飯を食べ、ロープウェイで帰ってくる。これがイイかと思います。テーブルマウンテン、美しい自然と山登りの楽しさ、ケープタウンの絶景を心ゆくまで堪能(たんのう)させてもらいました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。