フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY101 南アフリカを旅する① 「南西の臨港発展都市ケープタウン」-観光名所と文化と旅の安全テクニック-

2019年10月24日、天気雨。

昨日ケープタウンの宿に着いてすぐでした。受付のおじさんが教えてくれました。

「残念ながら明日は雨だよ。」

えっ!?雨!!?現在は季節的にはアフリカの赤道以南の国は乾季(かんき)で雨は降らないものと思っていたのですが、調べてみると本当にまさかの雨予報でした。そして今朝、部屋で目を覚ましたら外からしっかりとした雨粒(あまつぶ)の音が聞こえてくるんです。マジかぁ。まぁでも降るのは一時的でしょう…!?iphoneの予報では一日中雨でしたが、私のアフリカの経験からすると雨はすぐ上がるはずでした。がしかし、結果的に今日は一日ずーっとしっかりとした雨がシトシト降り続けました。こんなことがあるのかと。まだまだ私の計り知れないアフリカがあることを教えてもらった気分です。

ということで今日はやりたかったこともできず、ケープタウンの街でのんびり過ごす1日となりました。傘(かさ)は持ってなかったのでパーカーのフードをかぶり雨に濡(ぬ)れながらケープタウンの街を歩きました。が、これが意外と気持ちがいい!ケープタウンの人たちも傘を持っているのは少数派で、多くの人は雨に濡れて街中を歩いていました。なので私も目立つこともなく、楽しい雨の散歩ができました。たまにはこんな一日もありかもしれません。

ということで、本日は昨日と今日歩いて回った南アフリカはケープタウンの街の様子をお届けしたいと思います。

南西の臨港発展都市 ケープタウン

ケープタウンは、南アフリカ共和国西ケープ州に位置する都市である。立法府所在地で、同州の州都アフリカ有数の世界都市である。テーブル湾に面する同市はその港が有名であるとともに、世界的に有名なテーブルマウンテンや喜望峰などを含んだケープ草原の中にある。(中略)。ヤン・ファン・リーベックが1652年4月6日に到着して南アフリカで初めてのヨーロッパ植民地を設立するのであるが、ケープタウンは急速に成長してヨーロッパ初の前哨基地という元々の目的を超えてしまった。ヨハネスブルグやダーバンが成長するまでは南アフリカ最大の都市であったのである。南アフリカに始めて白人が入植した土地であり、のちの内陸部へのすべての開拓の起点ともなった。そのため、南アフリカの白人からは「マザー・シティー」(母なる都市)との愛称で呼ばれる。【Wikipediaより】

そういえば空港にも「MOTHER CITY」の文字があったなと。こういう風に私自身もWikipediaで調べることによって様々な発見があるのが面白い学びです。「ケープタウン」という名も「岬の街」というそのままの意味なので、街の名前や愛称はシンプルなわけですが、昨日の写真でおわかりのように街自体は非常にオシャレな発展都市ケープタウン。オシャレスポットをいくつかご紹介します。

・カープ(Bo-Kaap)

ケープタウンの中心地からすぐのところにあるボカープ地区と呼ばれるエリアがあります。メインストリートであるロングストリートを歩いていると絶対に気になってしまうカラフルな建物群が遠くに見えます。

山のふもとに現れるこの色とりどりの住宅街は東南アジア出身の労働者たちによってつくられたそくです。

この地区はキリスト教が主流の南アフリカの中では珍しいイスラム教圏の街になります。通りではカラフルなモスクも発見!ケープ・マレー文化という独自の文化がこの街で育まれているそうです。

労働者への差別や迫害など、歴史的には決して明るくはないこのボカープの街ですが、だからこそ住宅をカラフルに塗る(ぬる)ことで気持ちを明るくしたのかもしれないなと感じました。もちろん勝手な私の想像です。今ではケープタウンの観光名所の一つになっています。歩くだけで楽しいボカープです。

ケープタウン市庁舎(City Hall)

今日はカフェで1日のんびりとも考えたわけですが、せっかくケープタウンにいるんだから!の気持ちの方が勝ち、雨の街散策がスタートしました。

ケープタウンの有名な公園カンパニーズガーデン(Company’s Garden)は雨のせいかほとんど人はいませんでした。ロングストリート沿いに縦長に広がるこの公園。

近くには様々な種類の博物館があるので、雨の日も十分に楽しめるわけです。が、もちろん入館料はかかりますので私は断念。この並木道を濡れながら歩くのも悪くありませんでした。

そして街の中心地へと向かって歩いていると突如(とつじょ)現れたのがだだっぴろーい広場でした。なんだろうここはと思いながらその広場に行き、振り返った瞬間に目の前にあったのはまぁなんとも立派な建物でした!

こちらがケープタウンの市庁舎になります。デカイ!写真一枚に収めてしまうと小さい印象がありますが、こちらはiphone11の超広角カメラで撮影したから入った一枚です。そして注目してほしいのは中央の玄関!よく見てください。誰かいませんか?

なんとそこには雨の日でも外で皆に手をふるあのネルソンマンデラさんの姿が!!言わずと知れた南アフリカの英雄です!!南アフリカの全ての紙幣にもその顔が印刷されています。私の言葉で紹介するにはあまりに偉大(いだい)な方なので、詳しくはWikipediaでご確認下さい。

ネルソンマンデラ:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ネルソン・マンデラ

ウォーターフロント(Waterfront)

港町ケープタウンを感じられる一番のスポットがこちらのウォーターフロントです。もうその名の通りガッツリの港に隣接されたこのエリア!とにかくオシャレ感がハンパないです。

お土産屋さんにレストラン、ショッピングモールとなんでもそろうウォーターフロントは観光客でにぎわいます。さすが南アフリカ!と言わんばかりのこの発展具合。他のアフリカ各国では見たことのないヨーロッパな雰囲気に驚かされます。

そしてこのウォーターフロントからも、そしてこのケープタウンの街を歩いていてもどこからも見えるのがドドンとそびえる巨大な岩山です。ケープタウンのシンボルになっている「テーブルマウンテン」と呼ばれるこの山の存在感がまぁすごい!まるで壁のような感じでそこに常にあるという印象ですが、だからといって威圧感(いあつかん)はなく、この街を静かに見下ろしているテーブルマウンテンです。

ということでケープタウンの街を散策してきました。これまでもモロッコやエチオピアなどのアフリカの中でも有名な観光地という場所には行ってきましたが、南アフリカのケープタウンはその中でも群を抜いた観光地だなという印象です。いわゆる「アフリカ」のイメージとは大きくかけ離れた街だなと思いますが、これもアフリカ!本当にアフリカは多種多様で面白いなと再確認したところです。なのでケープタウンではなかなか伝統的な食や文化に触れることはできませんでした。が、その中でも少し感じられた南アフリカ!まずはやっぱりアフリカ布です。街にはたくさんのアフリカ布を使ったお土産屋さんがあるわけですが、その中でも南アフリカならではの布というのがこちらだそうです。「シュカシュカ」という名前で、アフリカ版の小紋柄のような布になります。シンプルな中にもアフリカを感じられるかわいいデザインがステキです!ちなみにケニアやタンザニアで有名なあのマサイ族の身につける布は「マサイシュカ」と言います。「シュカ」というのが布を指しているのかもしれません。

お次は食文化!こちらはスーパーのお惣菜屋さん的なコーナーで売られているものなんですが、これは南アフリカやその北のナミビアのソウルフード!その名も「ビルトン」と言います。いわゆる干し肉、ビーフジャーキーなんですが、まぁこれが最高に美味しいんです!スパイスで味付けされた肉厚の干した牛肉は非常にジューシーで噛むたびに肉の旨み(うまみ)を感じます。そして種類も豊富で、牛肉以外のジビエ肉のビルトンもあれば、味付けも辛いのや甘いのなど様々!これがビールと合わないわけがありません!!

レジ横にも並んでいるくらいの庶民(しょみん)フードです。私は昨日ビルトンを発見したらたまらず即買いしてしまいました。私にとってはナミビア協力隊時代の思い出の味です。いやー、たまりませんでした!スナック感覚で食べれてしまうのでこの旅中にあと何回かは買うこと間違いなしです。

さぁ、本日の最後は旅の安全テクニック(私の)を書いておきたいと思います。ケープタウンの街では車用も歩行者用もたくさんの信号を見かけます。しっかりとしたまちづくりを感じるわけですが、さぁこの赤信号。当然ですが止まれ!のマークです。これは世界共通かもしれません。そしてもしここが日本だったら私は渡りません。先生は子どもの鏡ですからね!交通ルールはしっかり守ります。がしかし!今日一日ケープタウンを歩いていてわかったこと。この街ではこの赤信号、渡れると思ったら渡った方がいい…かもです!もちろん止まれ!であることには変わりませんが、ケープタウンの人々は車が来てないことを確認すると片側2車線だろうが3車線だろうが渡るんです。あまりに渡るのでビックリするレベルでした!それが習慣になっているんだろうなぁと。そして、ここで真面目な私がしっかりルールを守って信号待ちをしていると…あれはよそ者だな…こういう風に見られる場合があるわけです(コジマ調べ)!海外で安全に旅をする上で私が一番心がけているのは、目立たないこと。ですが当然アジア人の私は目立ちます。そこで!習慣を彼らに合わせることでできるだけ現地に馴染む(なじむ)ようにしています。まぁこれがどんだけ意味のあることかはわかりませんが、こういう小さな意識が大切かなと思います。

1日雨が降り続いた本日。iPhone予想では明日はどうやら晴れるそうです!今日が雨でつぶれた分、明日どう動くかの作戦を宿のおじさんと一緒に考えているところです。あれも見たい!これも見たい!!さぁどうする!?とにかくまずは明日天気になーれ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。