フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY86 ソマリランド(ソマリア)を旅する② 首都ハルゲイサへの14時間のオフロードドライブとソマリランドのリアル

2019年8月7日、天気晴れ。

国境での26時間待機を経て、ようやく首都ハルゲイサに向けて出発した昨夜8時半。もう辺りも真っ暗で景色を楽しむこともできないので、これはしっかりと寝(ね)て、明日に備えよう!と思っていたんです。が、しかし!ここからでした。私の想像をはるかに超える旅路の始まりは。

地図で見ると一本の線が続くハルゲイサまでの道のり。その距離およそ300km。思ってた以上に近いこの距離でしたが、昨日、町の人たちにハルゲイサまでどのくらいの時間がかかるの?と聞くと

「8時間ぐらいだよ!」

と言われたんです。えっ!?8時間も!?たった300kmしかなく、さらにはエチオピアのように道がクネクネしているわけでもないこの距離に8時間かかるのか!?…まぁきっとだいぶ多く見積もっての8時間なんだろう。…この時はそう思ってました。

ですが、すぐにわかりました。まずその道が道ではなかった!ただの道なき大地を、前の車が走った跡(あと)を頼りに進んでるんです。なんだこれはと。しかも夜ということで視界は真っ暗。何も見えない中を進んでいく車。そして、当然ですがとんでもなくゆれるんです!ひたすらガッタンガッタン車体をゆらしながら進む車の中で寝れるわけがなかった。ちなみに、この写真を見て不思議に思った方はいますか?この写真、助手席から撮っているんですが…!はい、なんとソマリランドの車、日本と同じ右ハンドルなんです!アフリカで見る初めての右ハンドルに感動したわけですが、まぁ車はゆれるゆれる。

これはスゲエ移動だぞと思いながら1時間半くらい走ったところで休憩(きゅうけい)をとったのですが、なんとこんだけ走って進んだ距離は50km。…えー、算数の時間です。50kmを1時間30分で進む車は、300km進むのにおよそどのくらいの時間がかかるでしょうか。

300は50の6倍なので、1時間30分(90分)の6倍…。計算しながら自分でも、マジかー!!とうなだれたわけですが、90×6=540。540分!つまり、540÷60=9!そう、答えは約9時間!!いきなりノックアウトされた感じです。9時間!?町の人たちは正しいことを言っていたんじゃないかと気付かされた瞬間でした。9時間!?…いや、ただの9時間なら全然問題無いんです。アフリカでの陸路移動の経験はそれなりに積んできているので、もう移動でどれだけ時間がかかっても平気で過ごせるくらいのレベルにはなりました。が、このとんでもないゆれが9時間続くと考えると、恐ろしくなりました。マジかよと。そして、もうお分かりかと思いますが、ここはバスが走れるような道ではありませんでした。そもそも道が無いんですからね。

「こいつはこの区間を10年間走ってくれてるんだ。日本車はさすがだよ!」

この休憩を最後に、とにかくひたすら前へ前へと進むランドクルーザー。横にゆれ、縦(たて)にゆれ、これまで経験した中でダントツにハードなドライブが永遠と続きます。ランドクルーザーのポテンシャルもさすがですが、ドライバーのジャメルさんがこれまたすごい!真っ暗な中をかなりのスピードを出して運転するんです。助手席はもうディズニーシーのインディージョーンズのアトラクション状態!それに夜通し乗り続けるんです。ジャメルさんはその後、6時間ノンストップで運転を続けたのでした。

朝6時、ハルゲイサまで残り80kmほどの地点で迎えた朝。明るくなってくると、本当に道無き道を進んでいたことがよくわかり、改めてこの国境からのルートの過酷(かこく)さを痛感したのでした。ただ、私はそんな車の中でなんとよく寝ていたらしいです!自分の意識としては全然眠れなかったなぁ〜と思ってたんですが、ジャメルさんから

「おまえ、よく寝てたぞ!」

とお褒(ほ)めの言葉をいただきまして。褒められてるよね?はい、そういうことにしておきます。

朝食はクレープとホットケーキの中間のような生地を4枚重ねたソマリランドの伝統的なパンをいただきました。フワフワとパリパリの食感がミックスされていて、味はほんの少し酸味を感じるこのパン。砂糖をまぶして美味しくいただきました!ちなみに、ソマリランドは紅茶文化!あま〜い紅茶で朝から気合いが入ります!そしてこれをジャメルさんがさらっとおごってくれたんです。シュクラン!!

2時間の仮眠を含めた朝食後、車はハルゲイサに向けて動き出しました。ここからの道はゆれは減り、山道ゾーンに入っていきます。これは真っ暗な中では進めないなとわかる険しいコースで、先ほどの町で明るくなるのを待っていたんだなということがすぐにわかりました。ようやく景色を楽しめるドライブがスタートです。

ソマリランドにもラクダの姿がたくさんあります。ここではラクダのミルクが人気のようで、ペットボトルに入ったミルクを売る人々の姿を道中よく目にしました。

そして車を走らせているとなんとカメが!!ジャメルさんもカメだぞ!!と少し興奮気味。移動中にお目にかかる動物としてはかなりレアなカメです。昨夜の苦しい悪路から、一気に楽しいドライブに!!

縄張り争いでケンカをするキツネとサルの群れを見たり、なんとあと少しでハルゲイサに着くというところで突然(とつぜん)現れた対向車とすれ違いざまにぶつかったりと、本当に最後までいろいろあった道中でした。

そして、国境出発から14時間!ソマリランド入国から41時間!!ついに、首都ハルゲイサに到着しました〜!!…もう、言葉にできない達成感でした。来た!ついに来たよ〜!!

そして、ジャメルさんに本当にありがとうでした。ドライバーとしてここまで私を連れてきてくれた彼には感謝しかありません。疑いから始まった彼との関係ですが、最後はガッチリ握手でお別れです。本当にお世話になりました!!

さぁ、ここまでの大変だった道のりの余韻(よいん)に浸(ひた)りたいのも山々でした。が、一気に気持ちを切り替えます。ここはソマリランドの首都ハルゲイサです。これまで踏み入れたことのない外務省が「退避(たいひ)してください」と指示をしている国の首都になります。そういう場所に私は今いるんだということを意識し始めると、警戒レベルが最大まで上がります。首都に到着したばかりのこのタイミングが一番気が緩み(ゆるみ)やすい時です。さらに、バックパックも背負っているので、街中の人に注目されます。そして、私は日本人。いやでも目立ってしまう状況の中、とにかくまずはホテルを目指して歩きます。人の数の多さがいつも以上に気になってしまいます。

しかし、そこからでした。まず、私に声をかけてきた靴屋(くつや)のおじさん。

「どこから来たの?おぉ、ジャパンか!!」

とってもにこやかな笑顔で話しかけてくるんです。ほぅ。そして、歩いているとやはりジロジロ見られます。これはどこの国だって同じなんです。が、いつも以上に自分がまわりを意識してるせいか視線を感じます。だから逆にこちらから声をかけます。アッサラームアレイクム(こんにちは)!

「ワーレイクムサラーム(こんにちは)!君は中国人?あっ、日本人か!ジブチから来たのか。ハルゲイサは涼しいだろ!」

英語も公用語になっているソマリランドなので、町の人とも簡単に会話ができるんだなと思いながらも、ほぅ。バスに乗っている子どもは手を振って来るし、もちろんチャイナ!と言ってくる人もいるし。…歩いててこんなに声をかけられる国って、今まであったかなと。少なくとも今回のアフリカ旅第2章で訪れてきた他の3ヶ国と比べると、明らかに声をかけられることが多いんです。なんとも不思議だなと思いながら歩いているとでした。

「君は日本人かな?やっぱり!ソマリランドをどこで知ったの??ここは平和な国だよ。君の国みたいにね!ソマリランドにようこそ。」

私の抱いていたソマリランド像。国境で過ごした1日でも少しずつその印象が変わっていったわけですが、ここハルゲイサの人々によって完全に壊(こわ)されたような気がしました。危険危険と呼ばれるのはこの国という大きな括り(くくり)であり、そこで暮らすのは他の国と変わらない、他の国よりも温かい心をもっているのかもしれない人々!私の目の赤いフィルターが徐々(じょじょ)に薄れていくような感覚でした。

だからといって完全に油断をしているわけではありません。もちろん最低限の警戒は常に怠り(おこたり)ません。中心地はかなりガヤガヤとした印象のハルゲイサです。ホテルの場所もなかなか見つけられなかったのですが、人に聞けばすごく親切に教えてくれました。そう、わからないことがあったら聞く!そんな当たり前のこともできないかも…なんて思ってた自分がいたんですよね。反省です。信じることから始める!この大切さを今日ほど感じたことはありませんでした。

ということで、ホテルにチェックインして、2日ぶりのシャワーで完全復活をして、さすがにここまでの移動で疲れたカラダを休めて、とハルゲイサ到着後は少しのんびりして過ごしました。さぁ、それでも実はもうすでにソマリランドの旅が3日目ということで、休んでばかりもいられない!見たい知りたい感じたい!ということで、ハルゲイサの街を少し散策してみました。

やはり、外に出るということに対しての緊張感はまだぬぐえません。ジブチでは暑くて外に出るのが苦しかったですが、ハルゲイサは丁度いい気温!といっても30度ほどはありますが、今の私にとって30度はもう快適で、散歩にピッタリくらいの気持ち良さなのです。が、気が張ってしまいます。写真を撮ることがあまり良しとされないという事前情報を得ていたので、写真一枚撮るにしても、iphoneをサッと出してサッと撮る。…悪いことをしているわけではないのですが、何だろうこの複雑な心境は…。

ですが、もう一度書きますが、人は良い人ばかり!平日夕方だというのにものすごい賑わい(にぎわい)を見せる通りでは、あちこちから声がかかります。私の方から声をかけたり質問したりしても、とても親切に対応してくれるハルゲイサの人々です。

ハルゲイサの街のいろいろは明日書くことにしたいと思うので、最後に一つ!ハルゲイサの街を歩くととにかくたくさん目にするのがスイカ!!あちこちのお店に大量のスイカが並んでるんです。いや、積まれている…転がっている??どんな表現がいいかわかりませんが、その数がすごい!!

そして、スイカ大好きな私としてはやはりいただきたいということで、スイカジュースをいただきました。スイカの味がギュッと詰(つ)まったフレッシュジュース!氷を入れて冷やしたらもっと美味しくなるだろうなぁと思うのですが、今の私の心には、ソマリランドの首都ハルゲイサのマーケットで飲む一杯のスイカジュースの味が沁みるんです。常温だからこその、人の心の温もりが沁みるんです。やっとたどり着いた首都ハルゲイサ。明日は思いっきり歩き回りたいと思います!

3 件のコメント

    • ありがとうございます!
      健康で安全に旅をすることはこれからも最優先にして、自分の足で動いて見て感じる旅を続けていきたいと思います。

  • こんにちは、昨夜ジブチからの国境を超えてきて、今ハルゲイサに行く手前ボルマという町から書いています。この記事は到着後に読んで、みなそうだそうだ、とうなづいています。 本当にドラマでした。「!!」と書くか「、、、、」と書くか、。
    まずジブチが1時間に集中的に降った雨で、道路が至る所で洪水。国境手前で道が寸断。急遽大型トラックに乗り換えて水をかき分け運んでもらい、えーと、国境でのドラマははしょり、ソマリランド入国を果たし、4WDであの悪路を真っ暗な中を走行。はい、洪水です。ヘッドライトに照らされて、道がくぼんだところに不気味に赤い大量の水が幅広い川となって溜まっています。どれだけ深いのか、数台に増えてきた中の、最初の勇気あるランクルがみんなが固唾を飲んでの見守る中、アクセルふかして突入。あ、あーーーと静まり返る中、窓ガラスのところまで来た水の中、右に揺られ左に揺られしぶきをあげながら突き進み、ついに渡りきりました。これが少なくとも3箇所。一つは水が音を立てて流れていて、皆唸って考えてましたが、さすが世界のトヨタ。すごいです。
    そして、灯りひとつない途中で見た、360度の地平線まで見える星、星、星。
    このブログに助けれ国境をスムーズに超えられました。そして新たな旅の感動のページが開けました。ありがとう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。