フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY79 ジブチを旅する②「タジュラ湾に浮かぶ美しい海の島 ムシャ島」

2019年7月31日、天気晴れ。

ジブチのショッピングモールでの出会いを一つ。オシャレなアフリカ布を扱うお店を見かけるとまぁ気になってしまうので入るわけですが、そこで出会ったのが2人の店員さんでした。私が日本から来たと言うと嬉しそうに「日本、大好きだよ!」と話をする彼ら。「日本の映画をアラビア語の字幕で見てるよ!」と動画を見せてくれたり、「進撃の巨人は最高だ!」と日本のアニメのことを熱く語ってくれたりしました。まさかジブチの人たちからこんな話を聞くとは思っていなかったのでまぁ驚きました。私のことを見ての第一声も「中国の方ですか?」ではなく「フィリピンの方ですか?」だったのは、日本人の顔立ちを良く理解しているからだろうなぁと思います。この写真のポーズもきっと彼らのアジアのイメージなんだろうなぁと。ジブチをすんごく身近に感じた出会いでした。

そして、ジブチの街を歩いているとさらに驚かされるのは、「こんにちは」と声をかけられることが多いこと!これはモロッコの時も経験してビックリしたのを覚えています。モロッコは観光大国ということでたくさんの日本人が毎年訪れるので、日本語が話せる人が多いのも納得(なっとく)でした。が、ここジブチに来る日本人観光客はまずそんなに多くないはずです。なのになぜ??その理由の一つにはジブチにある日本の自衛隊唯一ゆいいつ)の海外拠点となる基地の存在があるかと思います。その他にも国際協力や支援の面で様々な関わりがあるようで、私が知らないだけで、ジブチと日本は非常に強く結びついているようです。

さぁ、そんなジブチは本日ももちろんとんでもなく暑いです!一日中部屋の中で…なんて考えもよぎってしまいますが、今日は朝から準備をして外へGO!真夏のジブチに来たのなら海に入るしかありません!!ということで今日はジブチ市の海に浮かぶ「ムシャ島(Moucha Island)」へ行くことにしました。ただ、やはりエリトリアに続き情報の少ないジブチ。一体どこからどうすればムシャ島に行けるのかが今朝の時点でまだわかってませんでした。現地の人に聞いても「ムシャアイランド?」とハテナが頭の上に浮かんでいるのがよくわかる反応ばかり。地元の人は行かないのかもなと思いながらも、何度もいろんな人に聞き、ようやくムシャ島行きの港の情報をゲットしました!英語じゃないので確信がもてない不安を抱えつつ、いざ港へ。

ただここが一番の問題で、ジブチ市はガッツリの港町のために、港が複数あるんです。どれだ!?と。で、とにかくタクシーの運転手に「ムシャムシャ」と言って、あとは信じるのみ!でやって来たのは、先ほども出てきたあのショッピングモールの近くにある港らしき場所でした。ここ??なんとも言えない小さな海沿いのエリアという感じで信じがたいわけですが、とりあえずそこにいたお兄さんに聞いてみると「ここだ!中に入れ!!」というので進んでみると

それらしきボートがズラッと並ぶに船着場がありやっと安心!ここでした。さぁ、ということで自分もムシャ島に行きたいと伝えると

「君は1人か?」

と。そう。こういう時に一人旅というのはなかなか厄介(やっかい)なんです。先日のエリトリアでのマッサワの町からグリーンアイランドへ向かう船も8名様以上という条件があったように、1人だけのためにボートなどを動かすということはまずしてくれません。もしくはとんでもないお金を要求されるかです。今回もダメか…といつもだったらなるわけです。が、なんと奇跡(きせき)的に間も無く出発するという観光客たちが乗っているボートが目の前に停まってるんです。なので表情で伝えます。乗せてほしいよ〜!

こんなアジア人ですが、皆さんにウェルカムしていただきました。ありがとうございます!!やったー!!というかこれは本当に偶然(ぐうぜん)で、もし自分があと5分遅くここにやって来てたらムシャ島には行くことができなかったと思います。こういうたまたま!ってやつが人生には起こるべくして起きるから本当に不思議です。中東の会社で働いている同僚(どうりょう)仲間で遊びに来たという仲の良い7人組の皆さんにお邪魔(じゃま)して、いざムシャ島へ!乗船料は往復10000ジブチフラン(約6100円)でした。

久しぶりのボートにテンションが上がるわけですが、進んでいくとどんどん変わる海の色にも興奮(こうふん)が止まりません!ウォー!スゲー!の連続。この世には透き通ったエメラルドグリーンの海もあるんだという自然の色の美しさに心奪(うば)われました。そして首都ジブチから50分ほどかけてゆっくり進んできてたどり着いたのが「ムシャ島」です。

タジュラ湾に浮かぶ美しい海の島 ムシャ島

Moucha Island is a small coral island off the coast of Djibouti. It is located at the center of the Gulf of Tadjoura. The island is part of the Djibouti Region; the island has a total population of about 20 inhabitants, which increases considerably during the summer.The island was occupied by Great Britain from 1840 to 1887.【Wikipediaより】

英語版しかなかったので、要点だけまとめると、ムシャ島はタジュラ湾と呼ばれるジブチの海に浮かぶサンゴの島になります。以前は大英帝国領だったということです。まぁ非常にシンプルな情報です。島ですからね。

そして情報サイトで調べるよりも目で見れば一目瞭然(いちもくりょうぜん)のその海のキレイさ!透き通ってる〜!!

見てるだけでは当然満足しないわけで、入ってみますとこれがまぁいい感じの水温!暑すぎるからこそ気持ちよすぎるジブチの海です。そして、先日買ったシュノーケルもデビュー!魚がいっぱ〜い!!…と言いたかったんですが、あまりいませんでした。魚たちはそりゃ静かなところで泳ぎたいよねと。それでもキレイな海なので海の中にいるだけでしあわせな気分になります。

泳ぐも良し、眺めるも良しのステキなムシャ島の海です。今日も暑いので本当に海日和!たっぷり太陽の日差しも浴びまして、暑くなったらまた海に入るという最高の日焼け日和でもございます。たまらん!

ただ、この島では飲食物を変えるようなお店が一切ありません。レストランも無いということで、持ってきたものでしのぐしかない…というのをムシャ島に着いてから知りました。情報は本当に大事です。そして私が持ってきたのは飲みかけの1.5Lのペットボトルの水一本のみ!…一人だったらこのピンチは乗り切れなかった。食べ物は全くもってなかったわけですが、一緒に来た皆さんはガッツリ買い出しをしていたので、たくさんシェアしてもらっちゃいました!さらに、バーベキューの準備までしてきてた彼ら。何を焼くのかなと思えば、すぐそこにいた漁師さんから買った新鮮な魚です!背開きにして捌く(さばく)のが日本と違って面白いなぁと。

塩とスパイスで味付けをして焼いたシンプルな焼き魚です。これがまぁ最高!海の命をありがたくいただきました。バーベキューも楽しめるムシャ島です。

場所によってはシュノーケリングで魚が見れたり、スギューバーダイビングができたりと、まだまだ楽しい要素がいっぱいあるというムシャ島。今回は行って帰ってのシンプルな日帰りツアーでしたが、宿泊もできるとか!まだまだ知らないことだらけのムシャ島ですが、最高の海を満喫できたので今日はもう大満足でした!

ちなみに、帰りも同じ港に着いたということで、ショッピングモールに寄ることにしました!もうノドがカラカラだったので、先日来た時に目をつけていたカフェへ。日本でも流行りそうなオシャレなカフェを見つけたのはこの旅ではジブチが初めて!ここはいつもの通りアイスコーヒーでとも考えたのですが、頼んだのは珍しくキャラメルマキアート!普段日本で生活している時は甘い飲み物は飲まないタイプなんですが、アフリカにいるとどうしても甘いものを欲(ほっ)するんです。砂糖はエネルギーですからね!いやー、キャラメルの甘さが沁みる〜。

そして甘いつながりで最後はこれまたジブチに来てからずっと気になってた赤いファンタ!アフリカでもファンタは非常に人気の飲み物で、どの国にもあるのは王道のオレンジ味になります。ジブチにももちろんオレンジはあるのですが、地元の人たちがよく飲んでるのがこの赤いファンタなんです。はじめはイチゴ味だと思っていたのですが、今日スーパーで手に取ったらなんとGRENADINEという味だということが判明!…いや、どんな味だよ!?となるので、これまた普段は買うことのないファンタを購入(こうにゅう)しました。そして飲んでみると…美味しい!「grenadine」というのはザクロのシロップで、イチゴとはまたちょーっと違う疲れたカラダにちょうどいいあま〜い味でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。