フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY180 ルワンダを旅する④首都『キガリ』Part3 〜キセキの感動三部作ファイナル -そして『ムサンゼ』へ- 〜

※ブログは1週以上前の日付ですが、執筆をしている3月25日現在、私は既に日本に帰国をしています。コロナウイルスの蔓延によってアフリカも大変な状況になってくることが予想されたため、当初の予定を変更して1週間早めに帰国をしました。ご心配をおかけしました。ブログはしっかりとこの旅の最後まで届けますので、あと1週間ほどの旅をお楽しみいただければと思います。ここからさらなる冒険がスタートしますのでご期待ください!!


2020年3月12日、天気くもり時々雨。

首都キガリでお世話になっている3件目の宿「Kigali Castle」で朝を迎え(むかえ)たくもり空の本日。この宿も千の丘の上に建てられているので遠くの景色が一望できるわけですが、なんとテラスからキガリ国際空港が見えてしまうので驚き(おどろき)なんです!こんな空港が外から見えるというシチュエーションにはこれまでのアフリカ旅では出会ったことがありません。警備面で大丈夫なのかな?と思ってしまうわけですが、まぁこれだけ遠ければ問題ないのかもしれません。離陸する飛行機を朝から何機も見ることができる飛行機好きにもたまらない国、ルワンダです!

ルワンダの人の温かさPart3

今日は朝から雨が降ったりやんだりの不安定な天気です。傘(かさ)をささなくてもなんとかなるけど、さしたいなー!くらいの絶妙(ぜつみょう)な雨のキガリ。これが一番困るやつ!宿をチェックアウトして荷物も全ていっしょに移動するので濡(ぬ)れたくなかった私はしっかり雨が上がるのを待ってから行動を開始しました。が、またすぐ降り始めるんです。マジかぁ〜と思っているとバイクタクシーのお兄さんが声をかけてきました。

「乗りな!」

雨の中を歩いている旅行者を見つけるというのは運転手側からしたらお客をゲットするチャンスなわけです。なので当然声がかかるわけですが、この時の私の目的地はわずか1kmほど先にありました。そのためにバイクに乗るというのももったいないので断ることに。しかし、それでも「乗りな!」と言ってくるドライバーさん。いやいや、本当に大丈夫(だいじょうぶ)なので、ありがとう!と伝えると

「お金はいらないよ!乗りな!」

雨に濡れて歩く私を親切心のみで助けてくれたバイクタクシーのお兄さん。なんてステキな人なんだと。ルワンダの人の温かさに今日も胸を打たれました。ムラコゼ(ルワンダ語で「ありがとう」)!!

ルワンダサッカー代表ユニホーム

では、首都キガリを離れる前に恒例(こうれい)のサッカー代表ユニホームの情報を書いておきたいと思います。まず大前提(ぜんてい)としてこの国のユニホームはどこでも手に入ることをお伝えしておきます。昨日紹介したキミロンコマーケットに行けばユニホームがブワーッと並んでいます。なので即(そく)ゲット可能!ですが、より本物志向(しこう)の私です。こんなに簡単(かんたん)に手に入る国ということは、ルワンダではサッカーが人気だという証拠(しょうこ)です。つまり!もっとクオリティーの高いものが手に入るはずだ!!

やって来たのは街の中心にあるルワンダ代表のホームである「AMAHORO NATIONAL STADIUM」です。…我ながら、こんな旅の仕方をしているのはまずこの世に私だけだろうなぁと笑ってしまいますが、これが楽しくて仕方ないからいいんです。観光客がまず来ないであろう地元のスタジアム。ここで情報を収集します。治安の良いルワンダですが、街中にライフルを持った警備の方がたくさんいるので少し怖い(こわい)なぁと感じることがあります。そしてスタジアムの前にもいらっしゃいました。なので勇気を持って声をかけます。

「ユニホームを探しています!!」

見ようによっては不審者(ふしんしゃ)でしかない私でしたが、警備の方たちはとても丁寧(ていねい)に対応してくれました。マーケットに行けば買えるよと言われましたが、私の本物がほしい!という意図を理解してくれまして教えてくれたのはルワンダサッカー連盟の場所でした。ムラコゼ!!そしてスタジアムから歩いて10分。「Rwanda Football Federation」を発見です!ここなら手に入ること間違いなし!!

と思ったのですが、こちらでは取り扱い(あつかい)をしていませんでした。すごく立派な建物なので期待してしまったんですがね。しかーし!もうここのスタッフさんたちもすごくやさしい人たちで、私の要求を理解するとなんといろいろ動いてくれたんです。電話でいろいろ確認をしてくれた明らかにエライ感じのスーツの男性。

「ここに行けば手に入る!」

ものすごい有力な情報を手にしてやって来たのはキガリの西の方にある「Okapi Hotel」!そして教えてもらったお店の名前を探していると

BARIMEX Rwanda

ありました〜!!オカピホテルの隣(となり)のビルに「BARIMEX Rwanda」という文字が書かれた看板(かんばん)を発見!!…えっ!?こんな所に??と思いながら中に入ると

あったーーー!!!!マーケットで売られているものとは明らかに異なる本物クオリティー!!ルワンダの国旗の青・黄・緑の3色が映える超カッコいいやつ〜!!ということでこれにてルワンダ代表ユニホームゲット〜!!といきたかったんですが…サイズがデカすぎました。残っていたのはXLとXXLのみ…。「errea」というイタリアのブランドで、この店がルワンダ代表ユニホームの取り扱いを一手に引き受けているそうです。そのお店をついに発見したわけですが、次の入荷は未定とのこと。何度も確認しました。…もしかして一枚だけMサイズがあるなんてことは…!?

「残念だけど、ないわ!」

ノーーーーーー!!

しかし実はこの本物クオリティーのユニホームと非常によく似たデザインのものを事前に見つけていた私。これも自分の足で情報を探し回ったからこその出会いでした。なんの変哲(へんてつ)もないビルの中に入っている小さなお店で見つけた一枚がこちら。

これもLサイズなので私には少し大きいのですが、このお母さんが頑張(がんば)って見つけ出してくれた1枚なのでコチラを買うことにしました!思いのこもったユニホーム。また一つ大切な1枚が増えました!!

KISEKI Ausentic Japanese Restaurant

ということでこれでキガリでやり残したことはもうありません!とは言えず、最後の最後にどうしても来てみたかった場所が。それが「KISEKI」というレストランです。ルワンダ在住の日本人の方が経営するこちらのレストラン。ルワンダへ渡航している方のTwitterを見るとまずこの「KISEKI」の文字を見ないことがありません。いったいどんな場所なんだと思いやって来てみると

ドン!

ドン!!

ドン(DON)!!!スゴすぎて「ドン!」としか言えません。まぁ〜スゴすぎました。久しぶりの日本食の感動!!ブュッフェスタイルで品数がたくさんあり、そのどれもがまぁジャパン!!なんじゃこりゃー!?と驚(おどろ)かされました。そしてなんとこのブュッフェのお値段が5000ルワンダフラン(約600円)!!これもルワンダが魅せる新しいアフリカです。今日はこのレストランでこれまた知り合いの方とランチをごいっしょさせていただきました。すごく気さくで楽しいオーナーさんともお会いすることができ、とても楽しい日本食ランチタイムを堪能(たんのう)!いやー、お腹いっぱいです!!ごちそうさまでした!!

https://www.kisekirwandatravel.com

首都キガリから『ムサンゼ』へ

これで本当に思い残すことはありません。4日間滞在した首都キガリとの別れの時です。やって来たのは先日フイエに向かう際にも利用したニャブゴゴのバス乗り場。今日はここから北の「ムサンゼ(Musanze)」という街へと向かいます。もちろん利用するのは「Ritco」!ミニバスもあるようでしたが、このバスの快適(かいてき)さを一度知ってしまうともう他の移動手段は選べません。キガリ⇄ムサンゼは1930ルワンダフラン(約220円)です。

やはり定時で出発するRitcoに感動しつつ、キガリの街を目に焼き付けながらバスは北へと進んでいきます。こうやって遠くから見ると改めてこの首都キガリが丘の上のそれもすごいところにあることがよくわかります。さよならキガリ!お世話になりました。

さぁ!バスの移動時間は私にとってブログを執筆するための大切な時間です。乗り物酔(よ)いを全くしないカラダは本当にありがたいなぁと思いながら今日もスマホでさっそく作業を始めるわけですが…ウソでしょ。

もういい加減見飽(あ)きてくるだろうと思ったはずのルワンダの景色。のはずでしたが、北部に進むとまた違う表情を見せてきて、それがまたまぁ絶景の連続なんです。あー、また絶景が!あ、また!今日も写真を撮(と)る手が止まりません!!

私の心を掴(つか)んで離さない『千の丘』。2時間のバス移動さえあっという間に感じてしまうからまぁすごいです。で、結局ブログも書き終わらず…。それほどルワンダの景色がすごい!!ということを感じ取ってもらえたら幸いです。

ということで到着したムサンゼの街。バスを降りるとすぐに観光ツアーの勧誘(かんゆう)があり、またキガリとは違う雰囲気(ふんいき)が漂(ただよ)います。ルワンダの旅もいよいよ後編です。感動はまだ終わりません!!

1 個のコメント

  • おかえりなさい!!アジアから始まったコロナウイルス感染が、あっと言う間にヨーロッパ、アメリカに広がって、アフリカでも増えてきていたので、ちょっと心配になってきていました。素晴らしい旅の最後がルワンダで、いいタイミングで帰国できて良かったですね。アフリカは、色々政治的な問題などもあり、行ってみたいと思ってもひいてしまう感があるのですが、小島先生の旅日記で色々教えていただきました。どうもありがとうございました。次の旅日記を読むのをまた楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。