フォロー

メールアドレスを登録してフォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY8 チュニジアを旅する⑥第二の都市『スファックス』〜美味しいグルメ食べ歩き観光〜

2019年4月22日、天気くもり。

昨日(きのう)からとにかく風が強いチュニジア。夜寝て(ねて)いるときも外で風がビュンビュンと音を立てて吹いています。今日は朝になっても風が強かったので、長ズボンにパーカーでホテルを出たのですが…失敗でした。暑い!風は強くても暑い。まぁ暑いのは嫌いではないのでいいのですが、今後の朝の服装(ふくそう)選びは慎重(しんちょう)にいこうと思います。

HOTEL Echourouk

1泊お世話になったのは「HOTEL Echourouk」です。スファックスの中心地からは少し離れますが、とても親切なフランス語を話すオーナーのいるホテルです。お値段は20USドル(約2200円)と少し高い(個人的に)ですが、大きな都市になるとこのくらいは相場のようです。

ちなみに、昨夜チェックインをする際、Wi-Fiのパスワードを教えてほしいと伝えると渋い顔をしたオーナー。ん?使えないかな??と思ったらどうやら私に割り当てる予定だった部屋は電波が弱く使えないとのこと。そしたら、なんと同じ値段ですごい豪華(ごうか)な部屋に変えてくれちゃいました!久々のダブルベッド!!まぁその部屋も結局電波が弱かったのですが、粋(いき)な計らいにメルシーでした。

〈警戒術〉パスポート携帯の仕方

さぁ、自分が明らかに少しずつアフリカでの一人旅に順応してきていることを感じる日本を出発してから8日目。もちろん警戒(けいかい)は常に怠り(おこたり)ません。青年海外協力隊時代に鍛えた(きたえた)危険回避(かいひ)能力を駆使(くし)しています。例えばパスポート!これは先日も書きましたが、海外にいる自分にとって命の次に大切なものです(ブログDAY1参照)。以前は首からぶら下げるポーチに入れ、見えないように携帯(けいたい)していましたが、今回はこちら!ランニングをする際にいろいろと小物を入れて腰に巻くことができるベルトを使っています。まぁ汗で多少湿る(しめる)という難点はありますが、「見えない」!これが個人的にありだなと思い採用しました。それ以外にも警戒術はありますが、とりあえず一つだけご紹介でした。

アフリカに慣れてきたということで、昨夜は暗くなってからどうしてもお腹が空いたので、以前食べたラップサンド(アラビア語で「ミレウイ」と言うそうです。ブログDAY6参照。今度のは激辛でした…。)のお店まで夜の散歩をしたり、タクシーをつかまえて中心街まで!なんて伝えて移動したりすることもできるようになってきました。あと、アラビア語の値段もなんとなくわかるように!もちろん相手も親切に指やジェスチャーで伝えてくれることもあるのですが、たぶんこの値段だろうと思ってお金をはらい、相手がうなずいてくれる瞬間(しゅんかん)に「やったぜ!」という気持ちになります。ミレウイの後ろに写るのは旅では欠かすことのできない水です。1.5Lで30円しません!ちなみに、果物ジュース類も1L80円ほどで売っています。物価の違いを調べるのも旅の楽し身の一つです。

今日はまず、昨日到着した「スファックス」の街をゆっくり散歩をすることにしました。

チュニジア第2の都市 スファックス

スファックスは、チュニジアの首都チュニスの南約240kmに位置する港町であり、スファックス県の県都である。ガベス湾地中海に面する商業都市で、人口はおよそ34万人(2005年)であり、チュニジア第二の都市である。【Wikipediaより】

首都チュニスほどではありませんが、ここも人が多いです。この街はそこまで観光客が多くなく、地元の人たちで賑わって(にぎわって)いる様子でした。

野菜やパンは生活必需品のようで、たくさんの人が買いにきていました。そしてここにもメディナ(旧市街地)!今日が月曜だからか、朝早くの時間だったからかはわかりませんが、人通りが少なく、私にとっては歩きやすかったです。

ちょっと小腹が空いたので、パン屋でマフィンを一つ買うことに。甘すぎずふんわりとしたマフィン。これがなんと0.5ディナール(約20円)!街歩きも楽しくなります。

ではここで、これまで1週間チュニジアを旅して気付いたことをいくつか紹介します。

チュニジアヒトモノコト

  • 街中にたくさんカフェがある。
  • カフェでコーヒーを飲んでくつろぐのは男性が多い。
  • お昼前10時とかからコーヒーを飲んでる彼らは普段(ふだん)何をしている人なのかが気になる。
  • オレンジを売っている果物屋さんが多い。
  • カフェでもカプチーノといっしょにオレンジジュースを飲む人がいる。
  • いたるところにチュニジアの国旗。
  • 個人的に暑いのにみんな厚手の長そでの服を着ている。短パンはまず見かけない。
  • そして鉄道に乗れば車窓から見えるのはオリーブの木!

再び スース へ

オリーブ好きの私にとってはたまらない光景が広がります。ということで午前中のスファックス散歩を終えて、さぁ次はどこに行こうかなと考えながら駅にやってくると、なんと次の列車の出発3分前!こんなキセキがあるのでしょうか!?と喜ぶ間も無く、もうチュニジア鉄道のシステムにすっかり慣れた感じで切符を買い、あれだ!乗れ乗れ!と急かされながら列車に飛び乗ること1分後には汽笛が。これをラッキーと言います。今日は先日滞在した③スースへと戻り(もどり)たいと思います。運賃は7ディナール(約270円)でした。

鉄道の旅は本当にゆったり優雅(ゆうが)な時間が流れます。座り心地もいいし、暑くも寒くもなく、静かに列車が進む音だけが流れ、車窓には雄大(ゆうだい)な大地の景色が広がります。いつもの警戒心も少し緩み(ゆるみ)、リラックスができる時間です。…おっ、停車したね。今はどこの駅かな??…スースが近いけど…あれ?なんか方向が違う気もするけど…。まぁそのうち切り返してスースに行くのだろう…。と思いながらそのまま列車は出発したんです。そして少ししたら車掌(しょしょう)さんが来て「目的地はどこですか?」とたずねてきているようだったのでスースと答えると、あちゃー的な顔をしてるんです。で、そこにいた英語を話せるお母さんを介(かい)して伝えてくれたことは「さっきの駅で降りないといけなかった。次の駅で降りてもどるんだ。」ということでした。マジかー!

ナブール へ

で、ここで絶望するのが一般的かと思うのですが、私は全くしません。むしろ、初めて降りる全く知らない町に行けるというワクワクしかありませんでした!そして案の定、降りた駅は静かな感じの田舎町。もうこの時『スースにもどる』という選択肢(せんたくし)はすっかり消えています。さぁさぁ、まずは今日泊まる宿を探そう!ということで、いつも使っているホテル予約サイト「Booking.com」で着いた駅周辺の一番安いホテルを探します。ちなみに、私は基本的に宿はその日に決めます。以前は予約さえもせずその町をフラフラしながら見つけていたのですが、チュニジア初日の出来事を機に、とりあえず予約はしておくことにしました。なので、今回のように目的地が変わっても全く問題ないのです!要は自分が行く所が常に目的地になるということ!で、調べて出てきたのが「ナブール」という町でした。しかし、その予約サイトのページの写真を見ると、何もない田舎町からは想像ができない海沿いのリゾートのような雰囲気(ふんいき)があったんです。これで1000円もしない?少しだけ不安はありましたが、とりあえずナブールに向かうことに。この駅はWi-Fiが使えたので非常に助かりました!

といっても本当に田舎の町なので果たしてここからどうやって行けばいいのか?と思いながらとりあえずルアージュ乗り場があったので聞いてみることに。人の全くいないルアージュ乗り場だったので、これは待つぞ…。と思っていたら、

「それだったらまずタクシーでとなりの駅まで行って、そこからルアージュかタクシーで行きな!それが君にとってベターでしょ!」

なんとも親切な案内にシュクラン!そしてその通りに次の駅まで行くと、あれ?ここさっきの田舎町のとなりだよね!?と疑う(うたがう)レベルのオシャレな地中海に面したプチリゾートの雰囲気が。まさかのメディナの一部がレストラン化してますからね。しかも一気に観光客らしい方が増えて…。これはもしかしてすごいところに来たか?と思ってたこの時の自分がはずかしい。

車はさらに進んでナブールに到着したのですが、この街が想像をはるかに超えてきたー!!ということでその様子はまた明日…にしたいところですがあまりに興奮(こうふん)していて早く言いたいので、一つだけ!今夜泊まるホテル。もう一度確認します。1泊30ディナール(約1100円)です。それがこちら!

なんかの間違いでしょ!?と何度もつっこみたくなりますが、確かにチェックインしちゃいました。今夜はバーでピアノの生演奏(えんそう)を聞きながら久しぶりにビールを飲んでくつろぎたいと思います。

これをラッキーと言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの33歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。