フォロー

メールアドレスを登録してフォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY6 チュニジアを旅する④世界遺産『エルジェム』の円形闘技場〜中部の必見観光スポットへの行き方とグルメ〜

2019年4月20日、天気くもり。

エルジェム へ

スースで2日間お世話になった宿はなんと、この街をグルッと囲む高い壁(かべ)の中にあるホテルでした。ちなみに、この世界文化遺産に登録されているスースの中心地(旧市街)のことを「メディナ」と言い、タクシーに乗るときは「スースのメディナに行って!」と言えば連れてきてもらえます。1泊のお値段は45ディナール(約900円)ととても格安ですが自分には十分な部屋でした。さらになんとここのホテルはチェックインするときにトイレットペーパーを渡して(わたして)くれました!日本では当たり前のトイレットペーパーを設置するフォルダーは海外では逆に珍しい(めずらしい)ものになります。そしてトイレットペーパーがもしトイレにずっとあると誰(だれ)かが持っていってしまうこともあるのがアフリカです。そして実はもう一つトイレにトイレットペーパーを置けない決定的な理由があるのですが、それはまた後日。トイレ一つにしても世界によってさまざまです。

ということでホテルをチェックアウトをしようと思っていると、スタッフの方が

「これからどこ行くの?」

と声をかけてくれたので、行き先を伝えると

「なら鉄道だ!急げ急げ!」

と急(せ)かしてくるので、鍵だけカウンターに置いて小走りにホテルを出ました。そして無事に駅に到着。次の鉄道の出発時刻を聞くと8時5分とのことで、ギリギリバッチリ間に合いました。ありがとう、ホテルのおじさん!

ちなみにスース駅の中はコーヒーが売ってたり、キオスク的なお店があったりと、すごくなじみのある親近感が湧く(わく)感じでした。さらにWi-Fiもあってビックリ!

さぁ、今日は鉄道に乗ってさらにチュニジアを少しずつ南下していきます。まず最初に向かうのは古代の円形闘技場がある「エルジェム」という街です。スースからの料金は6ディナール(約230円)になります。

チュニジアに円形闘技場がある!と聞いたらこれは絶対に見たいということで駅を降りて、さぁ一体どこにあるのかなと街を歩いていると、本当にすぐでした。見えた!

もう見えた!!そして近づいて行くうちにどんどん大きく目の前にそびえます。円形闘技場というとイタリアはローマの「コロッセオ」が有名ですが、このチュニジアにも限りなく当時の状態のまま残っているものがあるのです。街の中心にドンと構えているのが不思議な気もします。そして入り口まで到着するともうものすごい迫力(はくりょく)です!!

世界遺産 エルジェムの円形闘技場

エル・ジェムは、間違ってコロセウムと呼ばれることのある観客席35,000人の円形闘技場(アンフィテアトルム)で有名である。この闘技場より大きいものはローマのコロセウム(約45,000人)およびカプアの荒廃した闘技場だけである。エル・ジェムの円形闘技場は238年頃Thysdrusで皇帝と歓呼して迎えられた総督ゴルディアヌス1世の下のローマ人によって構築された。闘技場は、恐らく剣闘士や「ベン・ハー」の中で描かれたような戦車レースのために使用された。円形闘技場は未完成であった可能性もある。17世紀まで、闘技場はほぼ原型を保っていた。17世紀から、闘技場の石材は、エル・ジェムの近くの村を構築するためやケルアンの大モスクのために使用され、オスマン帝国との戦闘において、トルコ人は、円形闘技場から敵を追い出すために大砲を使用した。円形闘技場の遺跡は1979年に世界遺産に登録された。【Wikipediaより】

映画などでは見たことがありましたが、本物はその想像を超える大きさでした。入場料12ディナール(約450円)を払い中に入るともうそこは石でできたスタジアム!立体迷路のような空間が広がります。

その建築のかっこよさと、3階席から眺める(ながめる)スケールの大きさに興奮(こうふん)を隠せ(かくせ)ませんでした!古代の剣闘士たちがここで戦いを見世物としていたというのも信じられませんが、それ以上にこの建物が全て石でできているというのが本当に驚き(おどろき)です。これを設計した人はどんな人なんだろうと。そしてこの建造物が今でも残っている!それが何よりすごいことです!!人のチカラの偉大(いだい)さを感じました。あと最後に、「円形」と聞くと円をイメージしてたのですが、正確にはだ円でした!今もどこのスタジアムだってだ円ですが、大昔から観客の見やすさを第一に考えていたことがなんとも面白いなと感じました。

スファックス へ

エルジェムの円形闘技場を後にして、今日はまたまたルアージュに乗って最終目的地⑦「タタウィン 」という町へ向かいます。が、南へ350kmほど進む長距離移動なので、途中(とちゅう)の街でルアージュの乗り換え(かえ)が必要とのことでした。なのでまずは⑥「スファックス」というチュニジア第2の都市に向かいます。エルジェムからスファックスまでは5ディナール(約190円)です。

タタウィン へ

そして到着したこのスファックスがなかなかの盛り上がりを見せる街でした。ルアージュ乗り場には100台近くのルアージュが!ここがチュニジアで2番目に大きい都市であり、ここから移動する人がたくさんいるからこそです。そのため、入口に入るとすぐにドライバーさんたちによる客引き合戦(オレの車に乗れ!というやつ)が始まっていました。これは警戒(けいかい)しないと危ないぞ…と思ったのですが、中に入るとちゃんとしたチケット売り場があり、特に客引き同士の喧嘩(けんか)などが起こることもなくお目当てのルアージュに乗りこむことができました。どうしても南部アフリカでの経験(後日書きたいと思います)が頭をよぎり、比較(ひかく)してしまう自分がいますが、チュニジアの乗合バスは今のところとても快適(かいてき)です。スファックスから最終目的地タタウィンまでは16ディナール(約600円)!

チュニジアのファストグルメ

今日の昼食はこのスファックスのルアージュ乗り場ですぐに目に入った美味しそうなこちらのラップサンド。とにかくボリューミーで、しかも美味すぎて感動!

ちゃんと焼いて温かい状態(じょうたい)で出してくれるところがまたステキです。彼が「ハリハリ」と手であおぐジェスチャーを見せていたので、おそらく辛い(からい)んだろうなとは思っていましたが、たしかに想像以上にスパイシーでした。それを伝えてくれたというシェフのやさしさが嬉しく(うれしく)なるポイントです。シュクラン!

「君は日本人?」

旅していてこの一言目が来ると、なんでわかったの?とビックリします。アラビア語とフランス語、英語、スペイン語の4つを話せることを「オンリー」と言う、ルアージュで隣に座っていた彼が声をかけてきました。大学一年生の医大生だそうです。チュニジアを旅してるの?という話から、行ったことのある国の話になり、彼が唯一(ゆいいつ)行ったことのあるアルジェリアのことを教えてくれたのですが、中でもアラビア語の違いが印象に残ったそうでした。先日列車でいっしょになった彼女と同じことを言っていて思わずにやり。彼も現在勉強している応急手当のことや、将来は薬を作りたいなんてことを話してくれました。意識の高い若者の話には刺激(しげき)を受けます。

タタウィン 到着

そしてスファックスからルアージュに乗ることおよそ4時間!この旅で初の長距離移動でしたが私にとって4時間というのはそんなに長いとも感じないレベルになっています。青年海外協力隊時代の影響(えいきょう)で感覚がだいぶマヒしていますのでご了承(りょうしょう)下さい。長距離移動バスの過ごし方もまた今度いつか紹介できたらと思います。そしてやってきたタタウィンはこんな街です。うん、これです。まわりを見ても高い建物は無く、夜になればほぼ真っ暗になるこの感じ。あぁ、ついにアフリカに戻って(もどって)きた!そんな気持ちになりました。

チュニジアのローカルグルメ

2日ぶりにシャワーを浴びてサッパリしたあとは、今日お世話になるホテルの隣に美味しそうな雰囲気(ふんいき)のレストランがあったので入ることに。チュニジアに来てから魚を食べることが多いですが、たまにはお肉も!ということで、おじさんが焼いていた羊の肉。チュニジアではかなり人気のようで、これまでもいろいろなところで羊の肉を売っていました。

さぁいただきますということで出てきたのはじっくり中まで火を通したやわらかい羊の肉のかたまり!もう羊好きにはたまらない独特のくさみが最高です。付け合わせのパンもソースに付けて食べるとアクセントになってよし!ただこれはすごいボリュームだなと思いながら食べていると、となりの3人組のお兄さんたちからなんとコーラをいただきましたー!シュクラン!しっかり完食させていただきました。そして、この料理をサーブしてくれたのはなんと小学5年生くらいの男の子でした。もうその姿は立派な料理人。なんか飲み物買ってく?的な感じで見てくるので、じゃあ水を一本!と自分に言わせてしまうのだから商売もしっかりこなしてます。家のお手伝いをがんばってるんだなと嬉しくなり、思わずチップをいつもより多めに渡したのでした。

1 個のコメント

  •  Kユウタです。最近は先生のブログを見ることが1日1回の習慣になってます。
    特にDAY3の青い街シディブサイドがとても綺麗でアフリカにこんなところがあるんだ、と
    びっくりしました。また、最近テルマエロマエを観ましたが、チュニジアにも同じような
    円形劇場があるんですね。毎日先生と一緒に旅をしているようで楽しいです!以上!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1986年生まれの33歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。