フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY85 ソマリランド(ソマリア)を旅する① 国境の町Lawyaddoで過ごした26時間 -ジブチからの陸路入国Part2-

2019年8月6日、天気くもり。

話は昨日の夜にさかのぼります。昨日夕方5時にソマリランドへの入国を完了し、さぁいよいよソマリランドの首都ハルゲイサに向けて出発!長いドライブになるから車の中でできるだけ寝て、明日はいよいよ観光だ!!と思ってました。が、一向に動く気配がない。車の上部に乗せた荷物にレインカバーをかけて出発していく車も少しずつ増えていく中で、私の車はその準備をする様子が全くありません。いつ出発するんだ?と。そして夜8時になる頃でした。

「車に乗るはずだった1人がビザの金が無くて入国できなかったから、客の数が足りない!君たちがその1人分を払ってくれるなら出発できるけど、どうする?」

もう1人の乗客予定の女性はまぁ怒ってました。なんで出発しないのよー!!お金なんて払うわけないでしょー!!こんな感じだったと思います。英語じゃなかったので想像です。私はというと、お金を追加で払う気はなかったので、今日は出発せずに明日客が来るのを待つということで納得しました。ムダにお金は使いたくなかったので!

ということで、なんとソマリランドの国境で一夜を明かすことが決まりました。ということでホテルに!なんていうここは大きな町でありません!ここは国境手前のちいさーな町!なので、もうおわかりですかね?はい、今夜は野宿です!まさかのソマリランド、レベル4での野宿!!こんな刺激的なことがあるのか!?という感じですが、マットレスにシーツ、そして枕まで用意してくれまして、寝心地はバツグン!アフリカの国境でのまさかの2度目の野宿です(1度目、ガンビア手前のセネガルの国境での野宿の様子はブログDAY38をご覧ください)。ソマリランドに入国したと言っても、まだジブチの目と鼻の先、というよりすぐ隣(となり)がジブチという場所なので、夜になってもまぁそれなりに暑いわけですが、少し吹く風でも気持ち良く感じられるからいいものです。夜空に星は見えませんでしたが、ソマリランド入国初日にこんな体験をすることになるとは思ってもいなかったので、これはまたこれで思い出深い夜になりました。

さぁ、まだここまでは昨日の話ですからね。今日はここからです。私はまだソマリランドを知らない!そのことをよーく知らされるソマリランド2日目の朝です。ちなみに、明るくなって自分が寝ていた場所がわかるとちょっとビックリしました。こんなところで寝ていたのかと。

まずは朝ごはんから!昨日の夕飯も同じ場所で食べたんですが、ここの男性陣(だんせいじん)がつくるローカルな感じの料理がまぁ美味しいんです。付け合わせのパンがすすむいい感じの味付けがバッチリ!豆で朝からチカラをつけ、さらにはあまーい紅茶で一気にカラダにエンジンがかかりました。

そしてようやく出発です!このソマリランドの国境の町「Lawyaddo」ともついにお別れです。一夜を過ごしたということでかなり思い入れの強い国境になりました。朝の8時になり国境も開きました。さぁ、客を集めて出発です!!…出発です!!…出発!!…するよね??…あれ??

国境は開いたはずなんですが、肝心(かんじん)のドライバーが見当たらないんです。ドライバーのジャメルさん。どこにいるのよ??一夜を過ごしたおかげで近隣(きんりん)の人たちとはすっかり顔なじみになっているので、近くにいた人たちにジャメルさんがどこにいるか聞いてみました。ちなみに、ソマリランドに入った瞬間から英語が通じる人が増えました。もし英語が通じない環境だったら昨夜はきつかっただろうなぁと思います。これは本当によかった。さぁ、ジャメルさんはどこなの?と。すると、

「寝てると思うよー」

いやいやいやいや!!出発!!出発するよ!!何をしてるんだジャメルさん!?と思いながら彼のところへと向かいます。そしたら本当に寝てました。もういい加減にしてくれと思いながら彼を起こして伝えます。

「ジャメルさん!国境開いたよ!!早く客引きしないと出発できないよ!!」

するとこの後でした。衝撃(しょうげき)の回答がこちらです。

「午前中はソマリランドを出国してジブチへ入国するための国境が開くんだ。ソマリランドに客が来るのは午後だよ!」

…絶望と共に点と点が線でつながった瞬間でした。昨日、おかしいと思ったんです。なんで国境に向かう車が夕方4時頃にしか出発しないのか。なぜ、こんな夜遅くに国境にわんさか人と車がいるのか。…つまりこういうことです。

【ジブチ-ソマリランドの陸路国境営業時間のお知らせ】

①8:00~12:00 ソマリランドからジブチへ入国

②15:30~19:00 ジブチからソマリランドへ入国

えー、結論から言いますと、私はまだ出発できないということでした。なぜならソマリランドに入国してくる旅行者は15:30以降にならないと現れないからです。…マジかーーーー!?朝早くから気合入れて、よし!いよいよ首都ハルゲイサだ!!なんて思ってたわけですが、全くの勘違い(かんちがい)でした。最速でも夕方3時半までこの国境に待機することがわかり、さらには今日もハルゲイサに着くことはないということがわかったわけです。…そういうことね。そりゃ昨日の女性は怒る(おこる)わけだ。昨日の夜の時点でこの事実を知っていたら…タラレバの話はやめましょう。今さら怒っても仕方がないので、今日はガッツリこの国境に腰を据(す)えて午後の国境が開くまで待つこととしました。

日本にいると、何時までに!何日までに!!なんて感じで期限を意識して動きがちな気がします。期限があるから動こうとするわけだし、それが一つの指針になって自分自身を動かしているんだなと。だからこそ、今の私の旅のように期限というものが無いと、こういう時に焦りは感じません。与えられたゆっくりする時間だと認識して、いろいろと物思いにふける。こんな待ち時間はもしかしたらしあわせなのかもしれません。

そして昨日からずーっと同じ場所にいるということで、だいぶ顔なじみも増え、国境に居心地の良ささえ感じ始めました。事前の情報だと、石を投げつけられることがあるなんてことも書いてあったのですが、今回の私の場合は全くそのようなことはありません。みんな非常にやさしい人ばかりです。まだ慣れないソマリランドのお金(ソマリランドシリング)での買い物では親切にレートを教えてくれながら対応してくれたり、ずっと待ってる私に気をつかって声を何度もかけてくれたりと、非常に温かい歓迎(かんげい)を受けています。ここがソマリランドか。なんだか思ってた国境と違って不思議な気持ちです。

ただ、さすがに待ち時間が長い本日。そんな問題を解消してくれるあるものをソマリランドの国境でゲット!それはSIMカード!!なんと、ソマリランドに入国するとすぐに手に入れることができるんです。あのエリトリアの冒険を経験しているので、そのあまりのあっけなさ逆にビックリ!

ソマリランドの通信会社はその名も「Telesom」。「テレコム」じゃなくて、ソマリアにかけて「テレソム」です。お兄さんが設定を全てやってくれるので、インターネットもすぐに使えるようになりました。SIMカードと最初に400MB分のデータを買って25000ソマリアシリング(約300円)でした。ちなみにこの国境ではソマリアシリング、ジブチフラン、USドルと、どの通貨も使用可です。ダマして多く取ろうとする人はいませんでした。(ちなみに、1週間3USドルで5GB使えるプランを利用しました。非常に安い!さすが自国のための通信会社です!)

ちなみに、エチオピアやジブチでも見かけたチャート(カート)はここソマリランドでも大人気!この葉っぱを濡れた(ぬれた)タオルにくるんで大切そうに抱えながらパクパク食べる男性の姿がなんとも微笑ましく(ほほえましく)も思えてきます。たーくさん口の中に含んで、どっちかのホッペにためておくという楽しみ方が主流のようです。そしてチャートを食べてる人はみーんな口が緑色なんです。…面白い文化です。

24時間がすぎると、いよいよ大台に乗ったなという気がしました。が、やはり先ほどの国境の営業時間は本当にその通りで、夕方5時ごろから旅行客らしき人の姿が少しずつ増えてきました。未だに書いていて本当かなぁ?と疑ってしまう午前と午後に受け付ける入国を分けるというシステム。本当に面白い国境です。

なので、夕方から町が一気に活気づく国境の町ロウヤカッド。両替用の大量のソマリランドシリングを持って歩くおばあちゃんが姿を見せるのも日がだいぶ傾(かたむ)いてきてからです。レストランも人が一気に流れこんでくるので、夕方からが大忙し!

そして夜の7時。ついにドライバーから行くぞ!!と声がかかったんです。ついにキターー!ソマリランド入国から26時間後のことでした。これで、ついに本当に国境とのお別れです。

そう思うと一気にさみしくなるのは、別れを惜しんでくれる少年たちがいるから。非常に私に興味を示してきた彼ら。普段だったら軽くしゃべってバイバイをすることが多いわけですが、まるまる一日いたのでほとんど一緒にいたようなもんです。英語ではなく現地語しか話せない彼らなので思うようには会話はできませんでしたが、それでも一緒にいて楽しかったしいろいろ気も使ってもらっちゃいました。

朝から家の前の掃除(そうじ)をし、買い出しや車の洗車などの仕事を淡々(たんたん)とこなしていく彼ら。この国境で生活していくということをその姿からも学ばせてもらいました。

何度言っても「コジマ」という名前を忘れてしまう彼らに、最後はメモを渡してサヨナラをしました。楽しかったしお世話になりました!またね!!

さぁ、この時はもうついにハルゲイサだ!!という感じでテンションが最高潮(さいこうちょう)になったわけですが…。ここからでした。確かに出発前に気にはなっていたんです。なぜバスは出てないのか。たくさんの人がハルゲイサに向かうんだからバスがあってもおかしくないのに…。そしてもう一つ。やたらと多いランドクルーザー。知らない方のためにも書いておきますと、ランドクルーザーとは日本の自動車メーカーTOYOTAが生産している世界で最も有名であり最強とも言える4WDの車になります。トヨタの宣伝では『地球上のあらゆる道とあらゆる人々の生活を想定し、最も厳しい基準でクルマづくりを行ってきたランドクルーザー。』なんて風に書かれているわけです。そのランドクルーザーがハルゲイサまでの移動手段なのかぁ〜。カッコイイなぁ〜。なんてのんきに思ってたわけです。

が、出発してすぐでした、私はまだソマリランドを知らなかった!!!!

2 件のコメント

  • はじめまして。
    現在、ブルキナファソ在住のてんやわんやママと申します。

    AAAのサイトで記事を拝見して、ブログにお邪魔しました。(国境越え記事の、ザンビア→ボツワナのカズングラ、私もあのフェリー?に乗って国境越えしました!懐かしかったです!)

    国境に野宿、居心地よく感じるなんて、すごいっすね。

    ソマリアにも4Gがあることに、ちょっと驚きでした。笑

    これからも気をつけてください。ブルキナファソから応援しています!(ブルキナに来る際はぜひご一報くださいね。)

    • ありがとうございます!
      ブルキナファソ!すごく興味ある国の一つです。必ず行きますので、その際は是非お会いできればと思います。
      これからも様々な国のヒトモノコトを求めて旅してブログで発信するので楽しんでもらえると嬉しいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。