フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY17 モロッコ出国!アフリカ3ヶ国目「モーリタニア」へ

2019年5月1日、天気くもりのち晴れ。

さぁ、今日でモロッコともお別れ。今日は11時のフライトということで、朝も早めに準備開始。荷物のパッキングも改めてしないといけないんですが、まずはその前に歯をみがこうと思い洗面所に行って、なにも考えずに鏡を見た時でしたよ。

右のまぶたがはれてるー!

昨日は全然何ともなかったのに、明らかにまぶたがたれていて…マジかー!まるで打たれたボクサーのようだと思ったのは始めだけで、そこからは違和感しかない。いやー、早く治ってほしい。まぁこれも旅の思い出の一つということで。

今日お世話になったのは、場所が非常にわかりづらいけれど、カサブランカで泊まるならリーズナブルなホテル「Maria Appart Hotel」です。その名の通り、アパートの各部屋をホテルのように貸し出しているホテル。受付が6階の50番の部屋という難解な感じなんですが、このホテルの近くまで来るとおそらくだれもがまよって相談しているらしく、逆にそこらへんの人たちが「6の50だ!」と教えてくれました。キレイなお姉さんがオーナーのかいてきなこのホテル。モロッコ旅初めての一人部屋でした!

カサブランカの駅から空港へと電車で戻ります。モロッコ初日に乗った同じ電車です。あの日、初めて声をかけてくれたモロッコ人のお兄さん。何かあったら電話してこい!と、自分のスマホを取ると番号を入力してわたしてくれたあの出会いから一週間。結局一度も電話することなく終わりましたが、彼のおかげで最初から安心してモロッコを旅することができました。もう一度会えたらこのモロッコの旅のことを彼に話したいのですが、それもまた一期一会。彼が与えてくれたやさしさを、自分もいつかだれかに返せるように!そんなことを思いながら空港へと帰ってきました。

では、自分が感じたモロッコの国を言葉でまとめておきます。

  • 海の幸、山の緑、そしてサハラ砂漠 あふれる自然の美しさ
  • 人間味あふれる熱気に満ちたメディナ(旧市街)
  • 色、デザイン、オシャレにこだわる国づくりと各地域の特色あるまちづくり
  • モロッコブランドの人々のものづくりにかける情熱

新しいアフリカを感じたモロッコの旅でした。今回は西サハラは先生の旅のカウントには加えていませんでしたが、いずれ機会をつくっておとずれてみたいなとも思いました。アフリカ大陸2ヶ国目、モロッコの旅がこれで終わります。

さぁ、いよいよ3ヶ国目に向かいます。今回も飛行機での移動を選択しました。そして、明らかに感じる来た時との違い。モロッコの入国まで1時間以上もかかったのがすでになつかしい思い出ですが、今回の出国手続きはあまりにも早く終わりました。それもそのはず。カサブランカの空港「モハメド5世国際空港」には、出発のターミナル(出発口)が2つあるのですが、先生が通されたのは小さい方でした。まわりの旅行客の数も来た時に比べると明らかに少ない。つまり、これから先生が向かう国が観光客の少ない国であるということです!少しきんちょう感もありますが、情報の少ない国に行くということで、新しい発見がたくさんあるだろうことにワクワクしてきました!

なんと今回の飛行機では久々の機内食!2時間だと思ってたフライトですが、さらに西の国に行くということで、ここで日本との時差がさらに1時間プラスされて9時間に。3時間のフライトとなりました。久しぶりの米にもテンションが上がる!

そしてそして、窓の外の景色!こりゃすごいところに来たぞという見わたす限り地平線のかなたまでぜーんぶカラッカラのサハラ砂漠!!まもなく着陸しますがどんな国なのか今の段階では正直予想ができないです。

ということで、ついにアフリカ大陸3ヶ国目、場所はモロッコの南西に位置する国「モーリタニア」にとうちゃくしました!まずは空港の様子から。

出入国カードが机の上にトランプのカードのように広げて置いてあるのはざんしん!でも、なんと高級なカラー刷りで、なんかそのギャップが面白いです。

そして、なんとそこには「ようこそ」の文字が!日本語なんてどこにも無いだろうと思ってたのでこれはうれしかった!そして、モーリタニアはビザが必要な国になります(DAY10参照)。このビザのしんせいでは、入国審査以上にしっかりと質問をされます。相手もなかなか険しい表情ですが、それでもしっかりと答えていけば特に問題なく終わります。モーリタニアのビザは60USドル、日本円でおよそ7000円です。高いと思うかもしれませんが、こうして国に入れる人をコントロールしたり、そのお金を国の財源にしたりしているわけです。ちなみに、モーリタニアのビザは写真付きでした。なので顔写真をとったんですが…まぶたがはれてるー!

そして無事に入国!やはり日本人はめずらしいようで、入国審査もいつもよりちょっとジロジロ見られましたが笑顔でクリア。さぁさぁ早く外に出たいですが、空港でいつもの3つを。①地図をもらう ②お金をおろす ③タクシーの値段を聞く。そして今回はここで一つこの国について知ることになりました。英語が通じない!これまでの2ヶ国は空港では完全に英語が通じました。なので、そこで不安を抱くことは一切なかったのですが、モーリタニアの空港では英語で話しかけても「??」という反応が返ってくるんです。この国の公用語はフランス語。空港のお金をおろすATMの言語の選択肢もフランス語かアラビア語となっていて、英語はありませんでした。ウォー!少しドキドキですが、こんな国初めてなので楽しみにもなりました。地図はもらえず、ATMではモーリタニアの通貨「ウギア」の価値がよくわからなかったものの、とりあえずお金をおろすことに成功し、タクシーは「8」がつく値段だということが判明。こうしてなんとか空港を出発する準備が整い、いざモーリタニアの首都「ヌアクショット」に向かいます!!

車窓からのながめ。カラッカラの大地がどこまでも続いています。もうモロッコで見納めかなと思っていたラクダも、ちらほらと見かけることができました。国土のほとんどがサハラ砂漠でしめられているモーリタニア。首都はいったいどんな様子なのか。この時もまだ想像できませんでした。

さぁ今日はここからが大変だった。タクシードライバーさんにGPSを頼りに場所を伝え、無事にホテルの近くで降ろしてもらったのですが…ホテルが無い。どう見ても地図アプリのGPSが示しているホテルの場所ははいきょのような建物になっていたんです。…もしや、ホテルにだまされた?マジかよーと思いながら、とりあえず近くの建物で仕事をしていた中国の方に助けを求めることに。どうやら彼もそんなホテルは知らないよ!とのこと。いろいろ調べてくれたもののやはり見つからず。めいわくかけても悪いので「シエシエ(中国語の「ありがとう」)」と伝えてそこからは自力でもう一度周辺を散策しました。が、無い。いやー、マジか。さぁこういう時に絶望をするか行動するか。これが大きな違いです。一人じゃできないことの方が世の中には多いこと。そして、わからない時や困った時に教えてもらったり助けてもらったりすることが恥ずかしいことではないこと。この2つを知ってれば道は開けます!ということで地図アプリを見て向かったのは近くのホテルです。泊まるわけじゃないので申し訳ない気持ちもありますが、受付があって人が確実にいる、そしてきっとこの街にくわしい、なんならWi-Fiも使えるかも!という期待がもてました。ここが最後の希望!!お姉さん、このホテル知ってますか??

「うーん。聞いたことないなぁ。」

終わったー。とはならなかった。まず、彼女は英語が通じました!もうそれだけで救われた気がして、自分の言いたいことがちゃんと伝わることでこんなに安心できるのかと感激しました。そこから彼女は警備のおじさんたちにもホテルの名前を伝えて聞いてくれたんです。でもわからず。うん、やっぱこのホテルは存在しないんだろうともう自分もさすがに覚悟を決めようと思った時に、ホテルのできる男!的な彼がスマホを取り出してホテルに電話をかけてくれたんです。

「あったよ!すぐにむかえに来るからそこで座って待ってな。」

正直、これまでのアフリカ旅ではチュニジアでもモロッコでも入国初日に何かしら心に重く残る出来事が起きてました。だまされるという言い方は良くないですが、お金関係で痛い目を見させられました。なのでモーリタニアでも…なんて思ってた自分が小さい。信じることをあきらめちゃいけないってことを改めて学んだ気がします。そして、初めて会った自分のことを助けようと動いてくれる人がこんなにもいることに心から感謝でした。メルシー(ちなみにこの助けてくれたホテルは1泊12000円ほどするキレイなホテルでした。お世話になったし泊まりたい気持ちもありますが、今の先生には高いので断念しました)。

その後むかえにきてくれた宿のオーナーもすごーくいい人でした。彼に非はありません。では、どうして宿が見つけられなかったのか。答えは「GPSの方が間違っていた」です。本当のホテルの場所はいつも使っている地図アプリやGoogleマップが示している位置ではなかったんです。そんなことあるの?となると思います。あるんです。ここでピン!ときました。このモーリタニアは観光客が少なく(今日だって入国審査では全くならびませんでした)、情報の量が少ないということが理由の一つとして考えられると思います。この宿、とてもいいところなんですが、今日の宿泊客は自分を入れておそらく2人かなと。情報が少ないからこそ起きた今回の出来事。逆に、今自分がモーリタニアにいるということをうれしく思うようになってきたのも事実です。情報が少ない国の情報が発信できる!一人でも多くの人にモーリタニアを伝えたいなと思うのでした。宿の場所はあとで正しい位置をGoogleさんに伝えようと思います。小さいけれど世界を変える一歩!

てことで、じゃあ今いるモーリタニアの首都はどんな街なのか!?を伝えたかったのですが、それはまた明日になります。が、1つだけ。今日少し散策したのですが、モーリタニアは先生にとってなつかしいと感じる国でした!これまでの2ヶ国とは明らかに異なる街の様子。もう今すぐ伝えたいのですが、1つだけ。

道ばたで地元の人が焼く肉。ぜつみょうな塩加減と火入れによってやわらかくてジューシーに焼かれたこのお肉!「50ウギア(150円)分お願い!」というと紙に包んでくれるこの感じ。なつかしい味にアフリカの記憶がよみがえるのでした!「モーリタニアを旅する」編。明日よりスタートです!!(まぶたのはれは夜には治ってました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。