マダガスカルを旅する② バオバブの木を見に行こう!Part1 〜長距離バスCotisseと過酷な国内移動〈アンタナナリボ→モロンダバ〉〜

2022年8月6日、天気くもり。

マダガスカルを旅する

昨日は歩き疲れてしまい宿に着くとそのまま眠りにつき気づくと真夜中に。初日は抑え気味にと思っていたわけですが、全部アンタナナリボのせいです。見るもの全てに心がトキメキ、楽しすぎてつい歩きすぎました。

熟睡(じゅくすい)したおかげかスッキリと目が覚めまして、本日は早朝5時半に宿を出発です。まだ外は暗いので心配でしたが、宿の警備の方が「ついてきて!」とタクシー乗り場まで案内してくれたので助かりました。メルシー!

こんな早くにやって来たのはマダガスカルの長距離バス乗り場。今日はいよいよ国内移動です。が、このマダガスカルという国の移動はそう簡単にはいきません!

国土の特徴① 世界で4番目に大きい島

先にネタバレをしますと、これから向かうのはマダガスカルを代表する絶景スポットの一つであるバオバブの並木道の玄関口となる「モロンダバ」という街になります。位置は②で示した島の一番西の海沿い。まぁ横にグァーーッと行けばイイんです、グァーーっと行けば。が、しかし。忘れてはいけないのがこの島の大きさ。こう見えて面積は日本の約1.6倍。ちなみに島国ですがアフリカ54ヶ国の中でも21番目の国土の大きさを誇ります。アンタナナリボ⇆モロンダバ間の距離は約650km!

日本でいうと東京⇆ 岡山間のこの距離ですが、アフリカ旅に慣れていると650kmという数字を見てもあまりビビることはありません。時速100km越えのスピードを出す長距離バスが走る国もあるアフリカ。なので6時間もあれば着く距離です。もしそこが『山の国』でなければ!!

国土の特徴② 中央に山脈が貫く山の島

マダガスカルはただの島ではありません。島の中央に大きな山脈が走る『山の島』。道路はその山に沿ってクネクネと伸びる関係で、車は思うようにスピードを出せません。先日、飛行機の窓から見えたマダガスカルの景色に感動するのと同時に、移動への不安を覚えたのも事実。ネットで調べると本日移動するこの650kmになんと14時間かかるという情報が出てくるんです!しかもそれは良い方で、17時間や18時間なんていう話も。…これがマダガスカル!!

ローカルでは「タクシーブルース」と呼ばれる長距離バスが走っているマダガスカル。しかし、今回はアフリカ新婚旅行!行き当たりばったりでいつ出発&到着するかわからないバスに乗り込むようなことは控(ひか)えます。そして最低でも14時間はかかることを考慮(こうりょ)すると乗り心地も大切にしたいところ!ということで本日お世話になるのがCotisseというバス会社です。

長距離バス「Cotisse」

朝6時半にアンタナナリボを出発するモロンダバ行きの19人乗りのバスを運行するこちらの会社。出発時間と乗客の数がハッキリと決まっているのが嬉しい点です。料金は55000アリアリ(約1800円)。ちなみに移動手段としては飛行機もあります。わずか1時間で到着できるのは魅力的ですが、週に1便しかなくお値段もお高めです。

さぁ、チケットも手に入れてこれで無事にモロンダバに行けることに!なったのですが、ここで非常に残念なお知らせです。本日朝6時に乗り場にやって来ても驚いたこのバス会社の人気ぶり。地元の方もお値段が安いタクシーブルースではなくCotisseを選ぶことからも、これから始まるマダガスカルの移動のハードさがわかります。そしてこれだけの人が利用するということは…。念のために昨日の内にこのオフィスに来てチケット予約をしたのですが、なんと残りの座席はあと2つ!やった、ラッキー!!と言いたいところですが、その2つというのが

「違うバスの座席1つずつしか空いてない」

ということでした。今日は乗客がたくさんいるため同時刻に2台同時に出発するそうで。そこにそれぞれ別れて乗る…。ハネムーンですよ!?となりますが、それしか方法がなく。タクシーブルースにするか?とも考えましたが、移動の安心感と快適さを考えると結論は一つしかありませんでした。

ということでまさかの2人別々のバスに乗車!こんな展開もあるのがアフリカ新婚旅行です。ちなみにCotisseにはオンライン予約サイトがあります!本当に人気の移動手段なのでマダガスカル旅行を考えている場合は早めの予約を!!

アンタナナリボ出発

朝からかなりの人で混雑しているバス乗り場ですが、出発前には名前を呼んでくれるので安心です。時間通り6時半に出発したバスは少しずつ明るくなっていくアンタナナリボの街を進んでいきます!果たしてどんな道が待っているのか?そして何時にモロンダバに着くのか??予測不能すぎるマダガスカル国内移動スタートです!!

と張り切ったところで、今日はバスの車内で時間を過ごすのみ。移動中は景色を楽しみます。

日本と同じく主食がお米のマダガスカル。窓の外には美しい田園風景が!現在は冬のため稲作の最盛期は既に過ぎた様子ですが、青々とした緑の田んぼが広がる地域も所々に見られます。

山と田んぼの織りなす景色に終始心を奪われるマダガスカルの国内移動。ただ、まだ出発してから2時間ぐらいしか経過していません。今日は長い1日になりそうです。

2台のバスがちゃんと並走してくれたおかげで休憩(きゅうけい)のたびに妻と合流できたのはラッキー!美味しそうなものを食べてお腹を満たしてから次のポイントでの再会を約束して再度バスに乗り込みます。

ちなみに小休憩のポイントには基本トイレが無いので青空の下で用を足します。アフリカ新婚旅行の高いハードルの一つがトイレ問題。もちろん国や地域によって状況は異なりますが、マダガスカルでは覚悟が必要です。手荷物の中にトイレットペーパーを入れることをお忘れなく!

バスは山岳地帯を進んでいきます。首都からだいぶ離れた所にもヨーロッパ建築の建物が並ぶのが非常に面白いマダガスカル。こんな山奥にも立派な教会が。

建物に使っているレンガは田んぼの土を利用して作られたもの!田んぼを使わない今の時期は至る所でレンガ造りが行われています。あまりにキレイに並べられているのでここに家を建てるのか?と思っていましたが、日干ししているそうです。

さぁ、そろそろ景色にも多少の飽(あ)きというものを感じてきたお昼13時半。待ってましたのお昼休憩〜!ここがアンタナナリボ⇄モロンダバの中間地点になっていて、他にも休憩をするバスがたくさん。その分人も多いのでレストランはかなり混雑します。バスの出発時刻は全員が戻ってきたらという感じで、のんびりと食事ができる雰囲気ではないのが残念。ですが、束の間のバスの座席を離れて羽を伸ばせる時間!

しかし、ここで大事なことに気付きます。ここは中間地点のレストラン。先ほど本日の目的地であるモロンダバの町からアンタナナリボへと向かっていくバスとすれ違ったんです。そう、つまり丁度半分。ここまで7時間かけてやって来たということは、あと7時間。最低でも14時間かかるという情報が正解であることが証明されました。写真はラヌフラ(Rano vola)と呼ばれるマダガスカルのお茶です。お米を炊(た)き終わった鍋に水を入れて沸かした温かいおこげ茶が無料で出てきます。香ばしいお米の香りがしてゴクゴク飲めるラヌフラです。

まだまだ景色には感動できる心は持ち合わせているわけですが、さすがに疲れてきた移動後半戦。そしてまだ7時間はバスに乗ることが確定しているのが精神的にキツイものがありまして。これがマダガスカルの国内移動。

さらに後半になると道路コンディションが悪化!バスは穴ぼこを避けて進むのでスピードがゆっくりになりまして。早く到着したいのに~!!と焦(あせ)っても仕方ないのはわかってはいるのですが、どうしてもイライラしてしまいます。

出発から11時間。時刻は間も無く17時半を迎えようとしています。窓の外には一日の終わりを感じる夕方の風景。思えば遠くに来たもんだという感じです。が、本日の目的地モロンダバまでなんとあと260km!!間も無く日が沈みますが、マダガスカルの国内移動はまだまだ続きます。この国、本当にデカいです。

夕日が沈むとそこからは真っ暗な中をひたすら進み続けます。景色も楽しめないので目をつぶってただただ到着の瞬間を待ち望むばかり。たまにスマホの地図アプリで現在地をチェックするも、その度に現実を突きつけられます。暗くなると安全運転のために時速40kmほどで走るバス。最後の休憩を終えてあと少しだ!!と思ったところから結局3時間ほどかかりまして

モロンダバ到着

夜22時半!アンタナナリボを出発してから16時間!!ついに!!!ついに!!!!到着しました、モロンダバ〜!!!!!と叫びたい気持ちもあるわけですが、辿り着いた喜びよりもようやくバス移動が終わったという安堵(あんど)の気持ちの方が強く。事前情報で知ってはいましたが、実際に体験したことでマダガスカルの国内移動の大変さを痛感しました。そしてこの16時間の移動を離れ離れで頑張って耐(た)えてくれた妻に感謝。新婚旅行が始まってまだ4日しか経っていないというのが不思議な感じです。

ちなみにマダガスカルの一番快適な移動手段であるCotisse。一人一席シートが確保されていて、座り心地も◎なバスでこの感想です。同じ距離をもしローカルのギュウギュウに詰め込まれたバス(タクシーブルース)で移動していたらと思うと恐怖を感じます。マダガスカルの移動はCotisseで決まり!そしてこの瞬間またまた確定していることが一つあります。

後日来た道を戻る。また16時間の移動が待っているんです。もう今それを想像すると苦しくなるのでキレイな夜空を見上げて気分を誤魔化(ごまか)します。やって来た西の海沿いの町モロンダバ。当然辺りは真っ暗で何も見えないのでトゥクトゥクに乗って宿へ直行。とりあえず明日はゆっくりすることに決めました。疲れた〜!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。