フォロー

メールアドレスを登録してフォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY190 日本出国【第5章】〜アフリカ54ヶ国制覇の旅を再開します〜

2021年5月19日、天気雨。

DAY189を書き終えてから12ヶ月ぶりに筆を取ります。ネットブログなので実際に筆を出して書くわけではありませんが、気分はそんな背筋が伸びている感じです。この12ヶ月の思い出を振り返ると共に、ようやくこのブログが再開できる喜びを噛み締めながら書き進めたいと思います。

「また戻ってくるから!」

そう決意してアフリカの地を離れた2019321日。各国がコロナウイルス感染拡大防止のために次々とロックダウン(国境封鎖)をしていく状況をネットで調べながら、もうこれ以上は自由に旅を続けることができないと判断して、日本への帰国を決めました。正直戻ってくるからとは言ったものの、一体「その日」は本当にやって来るのか?これまで経験したことのない感染症による世界の情勢の変化を見ていると、まるで映画でも見ているような感覚でした。

日本に帰国してすぐの20204月。首都圏では緊急事態宣言が発令。前の月まではアフリカの地を11万歩以上を歩いていたわけですが、それが一転して完全自粛生活。気が付けば1週間全く一歩も外に出ていないなんていうこともありました。だからといって何もしてなかったわけではありません。自粛期間中に始めたことの一つがYouTube。ずっとやりたかった動画でのアフリカの魅力発信についに乗り出すことができました。

↑コジマ先生のYouTube↑

「あなた、もしかしてYouTube!?」

懐かしいアフリカ1ヶ国目のチュニジア旅で電車の車窓からの景色を撮影していた自分に声をかけてくれたマリエムさん。今は胸を張って答えられます。はい、YouTuberです!

緊急事態宣言が解除され、ようやく感染拡大が収まったかと思いきや、またまた増え始めて外出自粛。連日テレビで報じられる数字に踊らされる日々が続きます。一体いつまで続くのか。いや、もうわかっている気もしました。この日々は当分終わらないなと。世界各国のコロナの状況も改善の兆しがない中、アフリカ旅の再開もまず無理なので家に引きこもってYouTubeの発信を続けるしかありませんでした。さらにオンラインでの授業をする機会もいただき、何気にイロイロとやることがあったので時間を持て余すことはありませんでした。が、そんな時に学校現場への復帰のお話をいただきました。「アフリカ54ヶ国制覇します!」と大見得を切って退職した自分にこんなチャンスをいただけること。そしてこのチャンスを作り出してくれた人との縁には感謝しかありません。ということで20207月、1年ぶりに大好きな学校現場に「小島先生」として復帰しました。

教科担当として子どもたちに外国語(英語)や書写を指導する毎日。久しぶりの学校はもう楽しくて仕方がありませんでした。最近は学校現場の悲惨な労働の現状の訴えが広く世間にも知れ渡るようになりましたが、やはり子どもの教育に携われる教師という仕事にはやりがいがあることも事実です。

1度退職したからこそ見えることやできることがあるなと感じた久々の教育現場。改めて私は「先生」という仕事が好きで、だからこそ日々子どもと向き合う自分自身がこれからも先を生きる人であり続ける努力をしないといけないなと感じた次第です。充実した濃い9ヶ月間を過ごさせていただき、20213月。自分の任期を全うして子どもたちと教職員の皆さんに別れを告げました。たくさんの出会いに感謝です。

さぁ!ということでなんだかんだでコロナ禍の中ではありますが日本でも忙しく楽しい毎日を過ごしてきました。しかし、帰国から1年が経った今でも一向にコロナは収束する兆しを見せず、現在も首都圏中心に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令されている状況下です。そしてこの1年間でわかったことは「コロナはなくならない」ということと「コロナ感染の可能性が0ではない状況の中で生活を工夫していかなければならない」ということです。

↑アフリカ54ヶ国制覇の旅、再開します!↑

アフリカから帰国する際に描いていた「その日」。コロナがなくなり何も気にせずこれまで通りの旅ができる「その日」が来ることを願っていましたが、どうやらそれはまだ遥か先のことのようです。そして願うだけでは何も変わりません。何かを変えたかったら行動あるのみです!「その日」は向こうから自然とやってくるものではなく、自分の手でつかむものなんだ!!という結論に至りました。

2021519日。本日、アフリカ旅を再開します。ワクチンの接種は世界各国で少しずつ進んでいますが、まだまだ予断を許さない状況です。自分にできる予防をしっかりと!これまでの旅では持参したことがなかった手洗い用のタオルや消毒スプレー。そしてマスク。今、バックパックを背負ってマスクをつけていますが不思議な気分です。さらに事前のPCR検査。アフリカ5度目の渡航ですが、おそらくこれまでで一番事前の下調べをした気がします。『旅はさせていただくもの』という初心を改めて思い出しました。

もちろん不安はあります。しかし、思い立ったが吉日!30代で抱いてしまった「アフリカ54ヵ国制覇」という大きな目標を私は叶えたい。だから、今できることに『一生懸命』に挑戦したいと思います。

ということで5度目にして初めて傘をさして家を出発した本日。さすがに5度目ということもあって空港に出国2時間半前に着く余裕ぶりです。が、今回の出発空港である成田空港に着くやその異様なほどの静かさにドキドキが止まりません。ほとんど人のいない巨大で不思議な空間。歩き回っていると一番すれ違うのは警備の人たち。わかってはいましたがやはりそのあまりの変わり様に驚きを隠せませんでした。なのでついつい写真や動画を撮ったり、そして忘れちゃいけないPCR検査の陰性証明書を印刷したりしていたらもうこんな時間!?

慌てて出国手続き。陰性証明を提示すればあっさりと!なんて思ってましたが、ここでしっかりと入国する国側のコロナ対応についてグランドスタッフさんが調べてくれました。必要な書類を用意してくれたり、入国時の注意点等を丁寧に教えてくれたりともうありがたすぎます。やり取りの間に「もしかして何か足りなくて行けない?」なんて多少不安にもなりましたが、約20分ほどで搭乗券を発行していただき、これでようやく一安心。海外渡航する人の数は減ったものの、グランドスタッフさんたちの仕事はこれまで以上に大変な様子でした。本当に感謝です。

まぁそんなこんなでもう出国手続きを完了した時点でもう出発40分前!もうゆっくりご飯を食べるなんて時間もなく急いで日本円を米ドルに換金して、出国審査を終えたらそのまま流れる様に搭乗ゲートへ。…5度目のアフリカ渡航でも相変わらずのドタバタぶりだなぁと飛行機の座席に座って我に返るのでした。

2110分、飛行機が離陸。そういえば1年ぶりの飛行機だよなぁと轟音を立てて飛び立つ飛行機の中でようやく旅の始まりを感じたところです。久しぶりアフリカへのワクワクとPCR検査の陰性証明書を携えて、いよいよアフリカ旅第5章、スタートです!向かうはアフリカ27ヶ国目!私が青年海外協力隊として2年間暮らした第2の故郷「ナミビア」に4年ぶりに帰ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの33歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。