フォロー

メールアドレスを登録して購読フォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY100 アフリカ14ヶ国目「南アフリカ」到着!空港からケープタウン市内へ

2019年10月24日、天気くもり。

ブログDAY100達成です!やったー!!4月からブログを書き始めてきて今日でついに100日目となりました。この区切りの良い100という数字のここまできたか感に今日だけは浸り(ひたり)たいと思います。やりました!もちろんここは通過点です。54ヶ国を全て訪れるとなると、これから続いていくブログのまだ四分の一ほどを書き終えたところです。まだまだ道の途中なんだということを感じます。が、同時に四分の一が終わったんだと思うと小さいですがものすごい達成感があります。そして書き続けてきたことで巡り巡ってこのブログにたどり着いてくれる人が増えたこと。これは本当に嬉しいことです。アフリカを届ける!という気持ちで毎日書いてますが、それがちゃんと届いていると感じられることが何よりも私の書く原動力になります。まだまだ旅を続けます!まだまだブログ書き続けます!きっとそこにステキな出会いがあると思うので。ということで記念すべき100日目がスタートです!

昨日の夜10時過ぎにドイツのフランクフルトを出発した飛行機は暗い中を南へと進んでいきました。さすがにその前の羽田〜フランクフルト間の飛行機11時間をずっと映画を見て寝ずに過ごしたので、今度は離陸直後から終始爆睡(ばくすい)!長いフライトも飛行機の中で寝続ければあっという間に時間が過ぎていきます。さぁ、ですが今回の飛行ルート!これを知ったときに私はテンションが上がりました!なぜなら、私が2年間過ごした第2の故郷(ふるさと)ナミビアの上空を通過するからです!!

見てください!!もう感動的なこの風景!!おそらくこの写真を見ても百人に一人も何も心が動かないかと思いますが、私の心は弾む弾む!!この下に広がる広ーい大地。ここがナミビアで最も有名なアフリカ最大級の動物保護区「エトーシャ国立公園」です!!日本の四国と同じくらいの大きさのこちらの国立公園をまさか上空から見ることができるなんて。感動です。

この道をまっすぐ進むとあの街に着くんだよなぁ〜。この先にはきっとあの山があるんだよなぁ〜。気分はナミビア上空縦断ツアー。新幹線で窓の車窓からの景色をじーっと見ている子どもと同じように、私も飛行機の小さな窓からの景色を眺め続けてしまいました。特に何かがしっかり見えるわけはないんですが、それでも今まさにナミビアの上空にいるということが嬉しくてたまりませんでした。ただ、こんなに言ってますが今回の第3章ではナミビアには行かない予定です。行きたいけどそこを我慢(がまん)!いや、でも行きたい。カァーーッ!自分のナミビア好きを我ながら思い知らされました。小さく見える首都ウィンドフックにサヨナラを告げて(つげて)飛行機はさらに南下します。

ナミビアの南に位置するのが、今回のアフリカ旅の最初の国となる「南アフリカ(南アフリカ共和国)」です。

南アフリカ共和国

南アフリカ共和国、通称「南アフリカ」は、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家イギリス連邦加盟国のひとつ。東にエスワティニ(旧スワジランド)、モザンビーク、北にジンバブエボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから国を代表する首都はプレトリアと認知されている。【Wikipediaより】

いつものように白地図の海の部分を水色に塗(ぬ)らせていただきましたが、そう、ここがアフリカ大陸で最も南に位置する国になります。そして面積は日本のおよそ3.2倍の122万㎢。ここもまた大きな国になります。その中で最初にやってきたのはこちらの海が見える南アフリカの中でも南に位置する都市「ケープタウン」です。南アフリカの3つの首都の内の1つ!さっそく機内からはこの街のシンボルである大きな山が見えました。

そしてこれはサービスではないと思うのですが、空港に着陸するために旋回(せんかい)する必要があるらしく、その時にチラッと見えたのが歴史的に非常に有名な場所です。ケープタウンから行けるわけですがあんな先端にあるのかと!ここは後日必ず行く場所なので今日はここまで。

そしていよいよ着陸です。いやいやまたまた違うアフリカを感じる景色が広がります。南アフリカはアフリカ大陸の中でもトップ3に入る非常に発展した国です。はたしてどんな国なのか!?期待に胸を膨らませてついにアフリカ上陸です!!

空港に着くととても安心できるのが英語で書かれた全ての案内です!これは2年前の私なら何にも思いませんでしたが、アフリカ西部や東部を旅したことで、これが当たり前ではないということを強く感じるようになりました。アフリカ南部は英語が公用語の国が多いので旅の不安が一つ減ります。そして入国審査。南アフリカは90日以内の滞在であればビザは必要ありません。なので特に必要なもは無く、パスポートを渡せばあっという間に終了!さぁ、ついに外に出るぞ〜!!

とその前に、ここでなんです。この南アフリカという国は私の中ではまだ「危険な国」という印象が強く、かなり緊張(きんちょう)しているのが正直なところです。えっ!?ソマリランドに行ったのに!?と言われそうですが、やはりソマリランドのように情報が少ない国に行く場合は「知らない」というのがある意味気をラクにしてくれます。逆に、ここ南アフリカは情報がたくさんあります。いやでも旅行者を狙った(ねらった)事件などについて「知る」ことが多く、そのため非常に緊張してしまうわけです。知らないってしあわせだなぁなんてことを思うわけですが、まぁ知ってしまったものはもうどうしようもありません。もちろん事前に旅行先の治安情報を調べることは大切なので、海外旅行をする際は必ず調べましょう!が、ビビリの私は本当にビビってます。空港でもらった無料のガイドブックにも1ページを使って旅する際の注意事項(じこう)が書かれていてさらにビビる!この気持ちが1週間後どうなってるのかが楽しみです。

さぁ、まずは空港からケープタウン市内へと向かいます。方法は3つ!定番のタクシーに加えて発展したこの国ではUber(配車サービス)も使えるようです。が、私はやっぱり安い方がいい!ということで選んだのはバスです!なんと空港からバスが走っている南アフリカ。これはアフリカで初めてのケースです。My Citiというバスで、ケープタウン市内を走るこのバス。空港からの乗り場は外へ出るとすぐのところにドドンと構えているのでいやでも見つかります。ちなみにこの写真。以前使ってたiPhone8で撮影しました。iPhone11だったら広角で撮れてもっとこのバス乗り場をわかりやすく写せたのに、新しいiPhoneを出したらもしかしたら…ビビってました。過去形にします。

乗り場に行くとカードを購入できます(35ランド:約260円)これがとってもしっかりしてて、さすが南アフリカクオリティー!このカードを手に入れたら、あとはチャージ式なので空港からケープタウン市内に行くために80ランド(約600円)を入金すれば完了です。

タクシーもUberもありですが、安くて非常に簡単に乗れるバスは正解だったなと!幸先の良いスタートを切れました。そしてバスの良いところはもう一つ。気分は窓からの景色を楽しめるバス観光!ケープタウンバスツアーです。

非常に整っている道路や街並みですが、家はトタン屋根の家もあればカラフルでキレイな住宅もあり、場所場所によって違いがありそうだなぁという印象です。

これまで見たことのない発展したアフリカの景色ですが、やはりそこに自然があるのが本当にいいなぁと感じるところです。

ということで、空港から20分ちょっとで到着したのがケープタウンのバスの起点となっているシビックセンター(Civic Center)です。空港からのバスはどこにも停まらず直通でここまで来るので安心です。が、なんだここはと!そびえ立つビルの存在感。これまでもエチオピアの首都アディスアベバなど高い建物が立ち並ぶ光景は見てきましたが、広々とした余裕の中に感じられる洗練(せんれん)されたオフィス街の雰囲気が漂います。

少し歩くとメインストリートにぶつかりますが、その都会っぷりに圧倒(あっとう)されます!!なんだここはー!?

田舎から都会に出てきた若者…若者です!の気分でキラキラした街並みに感動しっぱなしです。

ただ、忘れてはいけないこと。ここはケープタウン。ここは南アフリカ。心は街並みにトキメキますが正直ずーっと警戒(けいかい)モードです。が、ここなら歩いても問題ない!これまでのアフリカ旅の経験から直感的にそう感じました。今日の宿までおよそ2km。やはり歩きたい!ということで、楽しみながら、もちろん気をつけながらケープタウンを歩きました。

が、結論から言います!もちろん危ないエリアは立ち入らないというのは当然ですが、ケープタウンの街を歩いている分には特別な危険を感じることはありませんでした。今日はこのあと宿にチェックインをしてからまた外に出ましたが、楽しく街を散策することができました。あまりに怖い街を想像していたので、ちょっと安心!もちろん私の私による私がアフリカ旅で身につけた必要最低限の警戒をした上でですので、決して100%大丈夫!だなどとは思ってません。しっかり気をつけた上で、しっかり南アフリカを楽しみたい!と感じた南アフリカ初日でした。写真はケープタウンのメインとなる通り「ロングストリート(Long Street)」です。通りのいちばーん奥に南アフリカの国旗が描かれたビルがあります。

今日の午後歩いて回ったケープタウンの街の様子は明日のブログで書きたいと思います。なんだか少し緊張が解けてきた気がします!楽しむぞ南アフリカ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの32歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。