アフリカ43ヶ国目「アルジェリア」入国!〜取得困難なビザの申請方法完全解説〜

2023年6月13日、天気晴れ。

アフリカ43ヶ国目「アルジェリア」へ

多少心配だったマリの出国は何の問題も無く全てがスムーズに進み。
深夜1時に出発した飛行機に乗って7時間ほどでやって来たのはトルコのイスタンブール。
アフリカ54ヶ国制覇の旅-第9章-の最初の3ヶ国の旅を終え、ちょっとココで小休憩という感じの大陸外での乗り継ぎです。
思えばシエラレオネから始まり、リベリアマリと駆け抜けるように旅をしてきました。
近場なのに全く違う世界が広がっていた西アフリカの3ヶ国。
やはりアフリカは旅ごたえのある大陸だよなぁ~としみじみと感じているところです。
ただ、ずっと旅しているとアフリカを楽しむ感覚がマヒしてくるのも事実。
キラキラした空港で気分をリフレッシュして、次の国へ向かいます。
アフリカ43ヶ国目はアフリカで最も大きい面積の国

「アルジェリア」

です!

アルジェリア

アルジェリア民主人民共和国、通称アルジェリアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制国家。
東にチュニジアとリビア、南東にニジェール、南西にマリとモーリタニア、西にモロッコとサハラ・アラブ民主共和国(西サハラ)と国境を接する。
北は地中海を隔ててスペインや旧宗主国のフランスと向かい合う。
首都はアルジェ。

Wikipediaより

アルジェリアビザ取得方法

飛行機が出発するまでは4時間ほどあるのですが、ずっとソワソワしていまして。
だって、あと数時間後には念願のアルジェリアなんです。

「ついにアルジェリアに行けるぞ~!!」

空港のフードコートで一人喜びに震えているわけですが・・・なぜそんなに興奮しているのか?
実はこのアルジェリアは

『ビザの取得が困難な国』

として有名なんです。
はい、結論から言うと本当に大変でした。
私がアルジェリア渡航に向けて動き出したのはなんと今から半年以上も前のこと。
アフリカの旅はビザを取得するところから始まるというのが持論なのですが、このアルジェリアビザ取得の道のりはまさに激動のドラマでした。


まず大前提としてアルジェリアはアライバルビザ(空港で取得できるビザ)を運用していないので事前に取得する必要があります。
そして在住している国のアルジェリア大使館でのみビザの申請が受け付けられます。
旅中に第三国でビザをゲットすることができません。
なので日本国籍をお持ちの方は東京都目黒区にある在日本アルジェリア大使館が唯一の窓口です。

ビザ申請に必要なもの

申請に必要なものはアルジェリア大使館のホームページに載っています。

  • ビザ申請書【2部】※写真を貼り付けて
  • パスポート(少なくとも6か月有効のもの)
  • パスポートのコピー【2部】
  • 往復航空券の予約確認書類【2部】
  • 旅程確認書類【2部】※英語またはフランス語で作成
  • ホテルの予約確認書類【2部】
  • 申請費用4800円

要は全部2部ずつ用意すればOK。
旅程の確認書類の作成がすこ~しだけ面倒そうですが・・・
ここまでの情報だけだと

「本当にアルジェリアのビザって取得が難しいの??」

という印象ですよね。
そう、ここまでは他の国のビザ申請と特段変わった点はありません。
問題はここからなんです!

アルジェリア大使館のホームページには観光ビザの申請に必要なものといっしょに次の文章が記載されています。

申請者は、アルジェリアの旅行代理店または日本の法定代理人に連絡する必要があります (いくつかの機関のリストについては、大使館に問合わせることができます)。

在日本アルジェリア大使館ホームページより

なんだか難しそうな響きですが、要は『個人でのビザの申請を受け付けていない』ということ。
ビザを取得したい場合は旅行代理店を通す、つまりツアーに参加する必要があるんです。
バックパッカー的な旅はできませんよと。
まぁツアーに参加することでビザがいただけるのであればそれで良しですがね。

ツアーに参加する

ということで私はネットで調べて出てきたFancyellow Travel Servicesというアルジェリアのツアー会社にお願いをすることにしました。
豊富なツアーが用意されているので、滞在日数に合わせて選ぶことができます。
今回私が選んだのは5泊6日のツアーです。
Fancyellowのホームページの問い合わせフォームにツアーに参加したいという内容を入力して送信すると数日後にメールが届きます。
(ホームページが最近リニューアルされて、日本語にも対応しているのがビックリ!)

ちなみに今回こちらのツアーに参加させていただき、全行程を終えた上での感想。

「とーーーーってもよかったです!!」

ツアーの内容は今後書いていきますが、とにかくスタッフさんたちが素晴らしくて。
アルジェリアへの渡航を予定されている方は是非Fancyellowを利用してみて下さい。

その後はメールでのやり取りで準備が進んでいきます。
こちらからパスポートや往復航空券のデータなどを送ると、ツアー会社が大使館宛ての旅程付きのインビテーションレター(英文)を作成してくれます。
ツアーにはホテルも含まれているので、こちらの予約票も送ってもらえばこれでビザの申請に必要なものは全て揃いました。
電車に乗ってアルジェリア大使館のある中目黒駅へ向かいます!

アルジェリア本国のビザ発給承認を得る

「さぁ、いざ大使館へ!」

とその前に電話を一本入れておこうかなと。
ビザはもらえて当たり前ではなく、有難くいただくものなので礼儀は大切です。
駅に着いたところでアルジェリア大使館に電話をかけ、このあと伺(うかが)わせていただきたい旨を伝えます。
これでもうバッチリだと思った次の瞬間でした。
受付の方から一言。

「本国からの承認は得ましたか?」

・・・はい?
あっ、旅行代理店を通しているかってことですね!
それならご安心を。
ちゃんと現地の旅行会社のツアーを申し込んでいます。
インビテーションレターもいただいていますので!

「いえ、本国からの承認が必要なんです」

・・・何のことですか??
受付の方の話していることの意味が理解できません。
ホームページに書かれている通りに準備をしてきたのに・・・
申請に必要なものは全て用意したことを再度伝えるも、返答は変わらず。
本国からの承認?
そんなの書いてなかったぞと思い問いただすと

「ホームページにその旨が記載されていますのでご確認下さい」

・・・え!?
急いで先ほどの文章をもう一度読み直しました。

この種のビザは、アルジェリア当局の承認を必要とします。

在日本アルジェリア大使館ホームページより

アルジェリア当局の承認・・・
って一体何〜!!?
もう目黒駅前で一人完全にパニック状態です。
が、そんな私の様子を電話口で察知してくれた受付の方。
そこから丁寧にこの一文の意味することを説明してくれたのですが、これこそがアルジェリアビザ取得の最大の関門だったんです。

『アルジェリア当局の承認』とは

・ビザを申請するためにはアルジェリア本国の外務省的な機関からの承認が必要です
・承認をもらうための手続きは現地の旅行代理店(ツアー会社)が行います
・ビザ発給の許可が下りると本国からアルジェリア大使館に連絡が入り、承認者リストに名前が載ります
・承認者リストに名前が載っていないとビザの申請を受け付けることはできません

これまでいろんな国のビザを取得してきましたが、こんなシステムは初めてでした。
まさかついで感覚でサラッと書かれた一文がこんなに重要なものだったなんて・・・
とりあえずこの時点で私の名前は承認者リストにはなく。
なので当然申請も受け付けてもらえません。
・・・マジかぁ。
張り切って早起きをしてやって来たわけですが、この日は大使館を目にすることもなくそのまま電車に乗って目黒駅をあとにしたのでした。

時間がかかる当局の承認

もちろんそのあとはすぐにツアー会社Fancyellowにメールです。
大使館に行ったら『アルジェリア当局の承認』が必要だって言われたんですけど~!
と軽くイライラした感じで問い合わせをしました。
すると既に手続きは済ませたという返事をもらいまして。
ホッと一安心です。
つまりあとは本国から大使館に連絡が入るのを待つだけ。
そこからは週に1回ほど大使館に電話をして、リストに名前が載ったかの確認をしました。

「まだ本国からの連絡は入っていませんね」

そんなに早くは承認されないよなと思いつつも、一週間、また一週間と時間が過ぎ・・・
気がつけば1ヶ月が経過。
大使館の受付の方にもすっかり名前を覚えられてしまいました。
が、返答は相変わらずで私の名前がリストに載る気配は一向にありません。
痺(しび)れを切らしてツアー会社に連絡しますが、1ヶ月前に手続きが完了していることがわかる書類まで送ってくれて、なんなら再度掛け合ってくれている様子で。
この件に関してツアー会社側に非がないことはハッキリと言及させていただきます。
Fancyellowはベストを尽くしてくれました。

そしてアルジェリア行きの一週間前。
最後の望みをかけて大使館に電話をするものの、私の名前を聞いた受付の方の反応ですぐにキセキが起きていないことはわかりました。
予定していたアルジェリア行きはここで断念。


それでもアフリカには行きたいということで行き先を変更して旅をしてきたのがエジプトでした。


ビザが取れずに行きたかった国に行けないというのはこれが初めての経験です。
予約していた航空券は返金不可だったのでただの紙切れとなり・・・
でも、この時に抱いたのは怒りや悔しさのような負の感情ではなく、むしろワクワクするもので。

「これほどビザの取得が困難なアルジェリアとは一体どんな国なんだ!?」

難しいからこそ行くのが楽しみで仕方ないアルジェリア。
結局一度目は2ヶ月待っても本国からの連絡は入りませんでした。
が、諦(あきら)めずに二度目のチャレンジ!
再びFancyellowのスタッフさんに連絡を入れ、手続きをお願いします。
またまた大使館に定期的に電話を入れる日々が続き、もう少しで3週間が経とうとしていた時でした。

「本国から連絡が入り、小島様の名前がリストに載りました!」

ようやく聞きたかった返答が聞けて嬉しいのはもちろんでしたが、肩の荷が下りた安心感の方が大きかった気がします。

「やっとビザが申請できる」

そう、喜ぶのはまだ早いんです。
まだビザを手に入れたわけではありません。
後日半年ぶりに目黒駅にやって来まして、そこから15分ぐらい歩いた住宅街の中に在日アルジェリア大使館を発見!
ここに来るまで本当に長い道のりでした。
中へ入るといよいよ受付でビザの申請手続きを。
対応してくれるのはこれまでずっと電話でやり取りをしてくれたスタッフさんです。
全ての書類の確認が終わると申請費用の支払いを済ませてこの日は終了。
ビザが発給されたという電話をいただいたのは5日後でした(土日含む)。

これまで手にしてきたビザとは桁違いに取得までの日数がかかったアルジェリアビザ。
『アルジェリア当局の承認』が下りるまでにどのくらいの日数を用するかは時と場合によるようで。
2ヶ月経っても下りない時もあれば、3週間ほどでサクッと下りることもある。
全ては運次第です。
まぁ念のため取得まで3ヶ月はかかるかもしれないくらいの気持ちでいるといいかもしれません。
とにかくアルジェリアへ渡航する場合は、行くと決めたらいの一番に現地の旅行代理店に連絡して手続きをしてもらう!
これがポイントです。
以上、アルジェリアビザ取得の軌跡でした。


アルジェリア入国

Google Mapsより

飛行機が着陸態勢に入るともう感情の昂(たか)ぶりは抑えられず!
イスタンブールを出発してから約4時間。
ついにアルジェリアに到着です!!

「来たぞ来たぞ来たぞ~!!」

喜びが今にも爆発しそうなわけですが、何が起こるかわからないのがアフリカの入国。
まだ油断は禁物です。
深呼吸を一つしていざ入国審査。
キラキラと光るビザのページを開いて渡すと・・・
何を聞かれることもなくスタンプが押されて無事に入国完了!

「よっしゃーーーーーーーー!!」

来たぞアルジェリア~!
と意気揚々(ようよう)で空港の到着ロビーに出るとそこにものすごい数の出待ちの方がいてビックリ。
みなさんその手には紙を持っていて、ホテルやツアー会社の方たちが客待ちをしていたのでした。
そう、今回お世話になるFancyellowの方もココで私の到着を待ってくれているんです。
が、あまりに人が多すぎて見つけられず。
しばらくその場をウロウロ歩き回りまして・・・

「いたーーーー!!」

ちゃんと目立つ場所で待っていてくれたお迎えのドライバーさん。
出会えてホッと一安心したところで車に乗り込みます。
まずFancyellowの事務所に行き、スタッフさんたちにビザ手続きの感謝を伝え、ツアー内容の確認をしたら今日はホテルに直行。

移動中の窓の外に広がるアルジェリアの景色に終始興奮しっぱなしで。
明日から本格的にスタートするアルジェリアツアー。
見たことのない『アフリカ』が待ち受けている予感です!!

DAY355へ続く

1 個のコメント

  • 神情報!大変なチャレンジをシェアしていただきありがとうございます!

    この場で長文で恐縮ですが、私が得た情報で裏ワザ的な取得方法もこの場でシェアします。
    旅行代理店ナシでビザ取得したカナダ人女性と、アライバルビザで行けたフランス人女性と、自転車で海沿いを旅したイタリア人男性です。全て2023年の話。

    カナダ人は彼氏がアルジェリア人で、そこからの招待状が強かったと言ってました。その彼氏の親父が在ジョージアのアルジェリア大使館職員ということで、招待状の信用度は高く、その親父からの連絡もあって当局の承認もスムーズにいったそうです。結果、おりたビザは90日間の許可。
    次にフランス人女性は、アルジェリア砂漠ツアー7日間に申し込み、そのツアー会社がアライバルビザ手続きを完了させたそうです。ビザ持ってないと飛行機に乗れないですから、そこをクリアするために搭乗許可書を発行して、アルジェリアに着いたら空港でスタンプ押印されたと。ただしこの場合、滞在許可は15日間のようです。参考→https://www.emiaroundtheworld.com/awesome-adventure-in-the-desert-of-tassili-najjer-algeria/?lang=en

    最後のイタリア人男性はサイクリスト。
    航空券はフェイクチケットサイトから取得→
    https://onwardfly.com/de/
    旅行代理店は在イタリアのアルジェリア大使館では不要だったそう。その代わり銀行残高証明と雇用証明書。おりたビザは30日許可だったそうです。

    以上。長々と書きましたが結論日本人なら砂漠ツアーのアライバルビザと、フェイクチケットサイトならまだ使える情報かなと思います。

    それにしてもコジマ先生、アルジェリアビザ取得おめでとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です