フォロー

メールアドレスを登録してフォローお願いします。記事をメールで受信できます。

DAY202 ナミビアを旅する⑩ No.1観光都市スワコップムンドへ 〜首都から日帰りサファリ&奇岩の絶景スピツコップ〜

2021531日、天気晴れ。

今日で5月も最終日。そしてナミビアに来てから10日が経過したわけですが、正直もっと長い時間を過ごしているような感覚があります。ナミビア南部を1週間かけてぐるっと回ってスタート地点の首都ウィントフックに帰ってきた昨日。本当に濃い南部旅だったなとさっそく思い出に浸っているところです。

ちなみに昨夜お世話になったのは首都の中でもBooking.comで最安値の宿Kate’s Nest Guesthouse。なんと1165ナミビアドル(1300)ということでさぁどんなものかなぁと試しに泊まってみたんですが

これが非常にオシャレで良い感じのバックパッカー宿でした。セキュリティーもばっちりで治安が良いとは言えない首都でも安心してくつろげる感じです!場所が中心地から離れているのだけが難点ですが、それでもまた泊まってもいいかもと思える宿でした。

そんな宿を朝一さっそく出発しまして、今日からまた移動開始。南部を旅したあとはナミビア国内移動北部編のスタートです!この移動の最終的なゴールは私が青年海外協力隊として2年間を過ごした北部の村。観光地でもなんでもないただの村ですが、私にとっての大切なふるさとへの里帰りです。ゴールを目指して今日からナミビア北部を旅していきます。

まずやって来たのは首都のコンビ乗り場といえばのライノーパーク。昨日もここに着いたわけですが、今日はここから別方面へと向かうコンビに乗り込みます。目指すのは西!北部旅最初の目的地はナミビア随一の観光地です!!

しかし今日はここで意外と待ちました。比較的移動する人も多い区間のコンビなのですぐに集まるかと思いきや、2時間経ってもまだまだという感じで。まぁ私はもう待つことに関してはいつまでだって待てる自信があるんですが、他の乗客のみなさんがイライラし始め

「あと1人だって!」という声が聞こえてくるコンビの車内。さぁそろそろかと期待しているとついに車が動き出しました。時刻は1時過ぎ。今日は3時間半待ちで出発でした。首都でさえこんな日もあります。それがナミビアコンビの旅です。

首都ウィントフックの北に位置するオカハンジャという街まで続く道は片側2車線、しかも上りと下り車線が完全に分かれた快適な道路が続きます。ここは4年前はまだ工事中でした。道路コンディションが良すぎるために交通事故も多いナミビア。国としてこの問題に対処しているわけです。

①首都ウィントフックから本日の目的地⑦スワコップムンドまでの道のりは約380km。ナミビア南部とはまた違う景色が広がる北部のドライブです。

首都⇄スワコップムンド間の観光スポット

今日もその道中に懐かしい協力隊時代を思い出すスポットがありました。その内2つほどご紹介させていただきたいと思います。「A:オカプカランチ」「B:スピツコップ」どちらもこれまた驚きのスポットです!

オカプカランチ

首都から北上するとそこには南部とは違う緑豊かなエリアが広がります。

そこにあるのがオカプカランチと呼ばれる牧場(ranch)。首都からわずか30kmほどしか離れていない所に位置する牧場がいったいどうして驚きの場所なのか。

牧場と聞くとウシやヤギのイメージかもしれませんがそこにいるのは

こんな動物たち!いやいやこれだけではありませんよ。

オラニエムンドで見たオリックス。ちなみにこの写真だけは乾季に訪れた際に撮ったものになります。ナミビアは乾燥帯に位置する国ですが、首都より北は雨季と乾季がはっきり分かれたサバンナに似た気候の特徴が見られます。

キリンだっていますし、さらには

まさかのサイまでいるんです。牧場ということでもちろん柵があるのですが、広大なエリアの中を動物たちは自由に行き来しているので実質サファリと変わらないのがこのオカプカランチ。そしてもう一度言いますがここは首都からたった30kmしか離れていないんです!

首都から日帰りで本格サファリ気分を味わえるのがこのオカプカランチです。オシャレな宿泊施設もあるので朝や夜の敷地内のドライブも楽しめちゃいます!

常時時速120kmで走り続けるコンビは中間地点のウサコスで休憩をします。あたりにはカラカラとした大地が広がるこの町。このガソリンスタンドでタクシーを1日借りて向かうことができるのがナミビアの有名な景勝地です。

スピツコップ

ナミビア西部にある岩峰群。スワコップムンドの北東、ナミブ砂漠に位置する。数億年前の花崗岩が風化してできたもので、最も高い岩峰の標高は1728メートル。「ナミビアのマッターホルン」と称される。また、サン族の岩絵が点在する。

【コトバンクより】

スワコップムンドへの道を車で走っていると突如前方に現れる不思議な形状の山が目に入ってきす。主要道路から舗装されていない道に入り、ウサコスから約40kmほど進んだところにあるのがスピツコップと呼ばれる岩山です。

4億年前に誕生したというスピツコップ。いきなり目の前にそびえる火山岩が固まって形成された山々が織り成す景色に驚かされます。見たことのない岩山の不思議な世界。入り口からもうテンションはMAXです。

入園料は50ナミビアドル。ここではキャンプ泊を楽しむこともでき、水も電気もなしのリアルキャンプが楽しめるそうです。

この岩でできたスピツコップの山々。基本的にこの岩山はどこを登っても下ってもオッケー!中には手をついてはいつくばらないと登れないような急斜面もあります。もちろんケガは自己責任ですが、これがまぁ楽しい!

大自然を感じながらの楽しいアトラクションです。そして上から見る景色は正に壮観。太陽は終始照りつけますが、吹く風がとても心地よく気分は爽快です。

が、下るのが一苦労。調子に乗って上まで登ったあとに腰を引かせながら恐る恐る急勾配を下ります。が、それにも懲りずまた面白そうな場所を見つけてはついつい登ってしまう。そんなスリルも含めて大自然を満喫できるスピツコップ。帰りは足がガタガタでした。

そんなスピツコップの中でも特に有名な場所がこちら。岩でできた奇妙なアーチは先日のクイバーツリーフォレスト同様に、パソコンのデスクトップ画面などに採用されることのある景色の一つです。こちらも見かけた際には是非ナミビアを思い出してください。

スピツコップ周辺では鉱物や水晶が採れることも有名です。スピツコップに向かう道の途中にあるUiba oas crystals marketではキレイな石やアクセサリーを安く買うことができます。見てるだけでも楽しいお店です。店員さんはこの地域に住むダマラのみなさんで、クリックサウンドという舌打ちの表現が入った独特の現地語の会話が聞こえてくるのも新鮮でした。

ということでナミビア中央部の見所を紹介してきました。実はこの道沿いにも温泉に入れる場所があったり、美味しいビルトンが食べれる場所があったりとまだまだ紹介したい場所はあるのですがそれはまたいつか機会があったらとしたいと思います。気付けばあたりは一面砂漠の景色に様変わり。広がるのはナミブ砂漠です。

首都を出発してからピッタリ3時間。コンビは目的地のスワコップムンドに到着しました。380kmを休憩含めて3時間ですからね。ちなみにこの首都ウィントフック⇄スワコップムンドがナミビアの中でも特に交通事故が多い区間になります。コンビが事故を起こすということはまずら聞いたことはありませんが、ナミビアでレンタカー移動をする場合は特に注意が必要なエリアになるので覚えておいてください。コンビの運賃は170ナミビアドルです。

やって来たのはナミビアの西の海沿いの街。ウサコスまでは暑かった気温がこの街に来ると一気に冷えます。道行く人の服装を見ると厚手の上着を着ていたり、ニット帽をかぶっていたりします。スワコップムンドに来る際は防寒着を忘れてはいけません。

早く街の中心を見たい気もしますが、それは明日の楽しみにとっておこうということで今日は宿に直行します。が、その道中の景色がもう既にこの街を物語っています。これがスワコップムンド。ちなみにこの建物は刑務所です。

そして地図を頼りに今日の宿に到着。そしたらこの宿がまぁ~想像を超えて来たのですが、それはまた明日にしたいと思います。それよりも何よりももう宿から見える景色に大興奮!急いで荷物を置いてまた外へ。

キターー!大西洋だぁ~!!そして何と見事に夕日がちょうど沈むタイミング!!!なんてラッキーなんでしょう。

大西洋に沈んでいく夕日を波の音を聞きながらただただ眺めるのはおそらくセネガルぶりかと思います。アフリカ大陸の西側でしか見ることのできないこの絶景。特にこの街の夕日は同じ太陽なのにまた一段美しく見えるから不思議です。

たどり着いたというよりも懐かしい場所に帰ってきた感が強いスワコップムンド。当初は次の街に向けて明日にでもまた移動だ!と考えていましたが、ちょっと予定を変更してこの街で少しのんびりしようかなと思います。明日からはこのスワコップムンドの街の魅力をお届けします。この街は皆さんの『アフリカ』を遥かに超えます。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれの33歳。神奈川県横浜市出身。 2009年小学校の先生としての生活がスタート。 2015年から約2年間、青年海外協力隊としてナミビアへ。 2019年3月、先生として成長するために先生を辞める。 2019年4月からアフリカ54ヶ国訪問の旅をスタート。